1. お金借りるトリセツ
  2. お金を借りる方法
  3. 郵便局でお金を借りる方法とは?ゆうちょの自動貸付やJP BANKカードを解説

郵便局でお金を借りる方法とは?ゆうちょの自動貸付やJP BANKカードを解説

 2017/12/24 お金を借りる方法   2,859 Views

お金を借りる方法は消費者金融や銀行カードローンだけではありません。ゆうちょのカードで借りた、という話を聞いたことがありませんか?

実はゆうちょではカードローンも、定期預金を一時的に借りる方法があり

ます。フリーローンやクレジットカードの取り扱いも行っていますが、金利が安いことや郵便局という安心感もある割には知名度は低く、隠れた実力者と言えるでしょう。

「JP BANKカード」で郵便局からお金を借りる

カード業界で密かに実力のあるカードとして知られるのが、ゆうちょ銀行が発行するクレジットカードの「JP BANKカード」です。キャッシング機能を付帯させると、ゆうちょからお金を借りることが可能です。

JP BANKカードの基本スペック

多くの銀行がクレジットカードを発行しているのと同様、ゆうちょ銀行でもクレジットカードを発行しています。あまり知名度は高くありませんが、使い勝手の良いカードで高く評価されています。

名称は「JP BANKカード」と言います。これにキャッシング機能を付帯させることで郵便局からお金を借りられます。しかも満18歳以上から申し込みが可能です。

通常のカードローンやフリーローンの申し込みは満20歳以上ですので、未成年でもキャッシング機能でお金を借りられます。ただし、未成年ではクレジットカードの申し込みに親権者の同意書が必要なので注意しましょう。

JP BANKカードの基本的なスペック
金利 年利15.0%
限度額 30万円~50万円
返済方式 毎月元利定額リボルビング方式・元利一括返済
遅延損害金 年率20.0%
JP BANKカードの申し込み条件
  • 満18歳以上であること
  • ゆうちょ銀行への届け出住所が日本国内であること
  • 一定の審査基準を満たしていること
  • 三井住友カード株式会社の保証が受けられること

どのくらいのキャッシング枠か?

JP BANKカードでキャッシングをするには事前の登録と、ゆうちょカードの取得が必要です。その後の申し込みで審査を受けます。限度額は10万円、20万円、30万円、50万円の4種類です。

大手の消費者金融業者では100万円程度の限度額の申し込みも可能ですので、それに比較すると控えめですが、ゆうちょ銀行という安心感と引き換えと考えましょう。

審査では、申込者の所得や勤続年数などによって利用限度額が設定されます。最初は10万円程度の限度額から始まることも多いですが、その後の利用状況によって増額が可能になります。いったんは借りておいて、その後返済日までにきっちりと返済していれば増額の申請をすることが可能です。

限度額の増枠も可能

限度額の増枠では、しっかりと実績を積む必要があります。申し込みだけして放置していても増枠はされません。増枠される条件は、毎月しっかりと支払いをしていることです。ゆうちょ銀行の口座を利用していると有利です。たとえば給与の振込口座の指定や、公共料金の支払い口座にしておくと有利でしょう。

ゆうちょ銀行は巨額の資金を有している優良企業です。そのため、増枠にも寛容という報告があります。借入して返済という流れをしっかり作ることで増枠申請が通りやすくなります。まったく使ってもいない状態で増枠を申し込むのではなく、ある程度使ってからにしましょう。

おおよその目安として3ヶ月以上です。借入して2回返済している状態が望ましいと言えます。できれば6ヶ月程度は返済している、もしくは完済していると良いでしょう。

返済方法

ゆうちょ銀行が発行するJP BANKカードには「元利定額返済」と「元利一括返済」の2種類の返済方式があります。

元利定額返済方式

いわゆる「リボ払い」と呼ばれる方式です。これは毎月の返済額を一定にして、返済額に利息と元金を含むというやり方です。

たとえば10万円を借入したときに年率15%で計算すると、1年間に支払うべき利息は1万5000円となります。これを365日で割って30日を掛けると1232円となります。これが翌月に支払うべき利息の額です。

毎月の返済額を5000円に設定すると、差し引き3768円が元金に充当されて、残った9万6232円が利用額となります。この額に年率を掛けて365日で割り、30日または31日を掛けた額が翌月の利息となります。

元利一括返済方式

元利一括返済は、文字通り翌月の1回払いで返済する方式です。この場合には、たとえば5万円を借入したときに翌月にかかってくる利息の616円を加えた5万616円を一括して返済するものです。

多彩な種類がある

JP BANKカードには大きく「VISA/Master」カードと「JCBカード」の2種類があります。それぞれにゴールドカードがあり、VISA/Masterでは満25歳以上、JCBでは満20歳以上が申し込み条件ですが、それ以外は満18歳以上なら申し込み可能です。

すべてにゆうちょのキャッシュカードとの一体型があります。キャッシュカード一体型は周囲にキャッシングしていることが発覚しないというメリットがあります。

【カードの種類・キャッシング利用限度額・特徴】

VISA/Masterカード
種類 限度額 特徴
アレンテ 30万円 ポイント3倍キャンペーンがある
一般カード 30万円 年会費が安い
ゴールドカード 50万円 ショッピング枠が200万円

ある程度収入のある人向き

JCBカード

JCB
種類 限度額 特徴
EXTAGE 50万円 学生にはキャッシング枠が付帯不可
一般カード 50万円 年会費無料サービスがある
ゴールドカード 50万円 優待サービスがある

ゴールドカードはそれぞれ年会費が1万800円かかりますが、利用額に応じた年会費無料などのサービスがあります。

フリーローン「夢航路」で郵便局からお金を借りる

7種類の目的別プラン

ゆうちょ銀行はスルガ銀行と提携しており、スルガが提供しているフリーローン「夢航路」の申し込み窓口にもなっています。これはフリーローンで、目的に沿ったお金を借りるもものです。カードローンは資金使途が自由ですが、フリーローンには資金使途を限るという特徴があります。使途が限られているだけに、金利が低いという特徴があります。

種類 金利 資金使途
自己投資プラン 5.5% 資格の取得やスクールの通学費用
教育プラン 5.5% 子供の教育費用や授業料
オートプラン 6.0% 新車や中古車などの購入費用
ハッピープラン 7.0% 結婚や出産の費用
エコプラン 8.0% ソーラーシステムやオール電化の導入費用
リフォームプラン 8.0% 自宅の増築や改築の費用
フリープラン 8.0%~

14.9%

事業制資金ではない様々な使途

申込年齢は20歳以上70歳以下です。500万円以上の融資では勤続年数は3年以上とされていますが、年収などの条件は提示されていません。銀行にもこういったフリーローンはありますが、それよりも幅広い層をターゲットにしています。

フリープランは資金使途自由

「夢航路」で注目されるのは、通常のフリーローンでは使途が限定されるのに、「資金使途自由」のプランがあるという点です。フリープランなので、事業性のある資金以外の様々な用途に使えます。生活費に使ってもいいですし、レジャーや趣味の費用としても利用可能です。

通常のローンや消費者金融業者のカードローンに比較しても、金利は低めに設定されており、使い勝手は良いと言えるでしょう。

ただし、カードローンではカードを使って借りては返して、また足りなくなったら借りるということが可能ですが、フリーローンの場合には契約時に一括で借入して、後は返済する一方になります。フリーローンで追加の借入を希望する場合には、フリーローンでの借入を全額返済してから、改めて審査を受ける必要があります。この点では自由度は低いと言えるでしょう。

融資限度額は10万円から500万円までとなっており、大型の融資にも対応しています。返済期間は6ヶ月から10年(119回)と長めの設定なので、返済しやすいローンです。

他のフリーローンとの比較

フリーローンのメリットは金利の低さです。他の銀行などの金融機関でも金融商品として提供されており、多くの消費者に利用されています。最も身近なのはマイカーローンでしょう。地方銀行を中心に利用者は多くいます。また、借入件数が多い人向けに借入先を一本化する「おまとめローン」もフリーローンの一種です。ゆうちょ銀行の特徴を他の金融機関のフリーローンと比較してみましょう。

【金融機関→金利・限度額・審査】

金融機関 金利 限度額 審査
三井住友銀行フリーローン 5.975% 10万円~300万円 最短即日
イオン銀行フリーローン 3.8%~13.5% 30万円~700万円 1週間から10日
横浜銀行フリーローン 1.9%~14.6% 10万円~1000万円 最短即日
福岡銀行フリーローン 1.9%~14.6% 10万円~1000万円 最短翌営業日
ゆうちょ銀行フリーローン

「夢航路」

5.5%~14.9% 10万円~500万円 最短即日

各銀行とも一長一短なものがあります。銀行系のフリーローンは金利が低めですが、融資にまで時間がかかることもあるので注意しましょう。ゆうちょ銀行の「夢航路」は、最短即日で審査結果が通知されます。郵便局の窓口からも申し込み可能ですが、書類のやり取りで時間がかかることがありますので、急ぎの人はweb申し込みにしましょう。

審査基準は緩い?

ゆうちょ銀行が取り扱っているフリーローン「夢航路」も他の金融機関のローンと同様に審査がありますが、あまり厳しくないと言われています。消費者金融業者が提供するカードローンに比較すると厳し目ですが、都市銀行や地方銀行のローンよりも審査に通りやすい面があり、狙い目と言えるでしょう。

たとえば、申し込みにあたっては年齢制限はありますが、年収の制限は公式サイトにも記載されていません。幅広い層に訴求していると考えられます。個人信用情報機関に申込者の情報を照会するため、たとえば自己破産や個人再生といった情報が残っている場合には審査は否決される可能性が高いですが、審査そのものは緩めと考えていいでしょう。

他社の借入があるときには、しっかりと滞納なく返済している必要があります。

ゆうちょのキャッシュカードでお金を借りる?

ゆうちょでお金を借りる仕組みは貯金を解約せずに使うということ。つまりは自分が積み立てているものです。

ゆうちょから借りるというよりは自分が積み立てている定期貯金を引き出して元に戻すという貯金担保自動貸付けです。

貸付ができる定期預金は、担保定期貯金、担保定額貯金、各種財産形成定額貯金を利用中の個人です。

簡単に言えば定期預金を利用していることが条件です。

将来の積み立てである定期預金を一時的に使う方法ですが、自分の積み立てであるため審査がないというメリットはあるものの、返済しなければ定期預金は減っていく一方です。つまり貯金を使うのと同じ方法。積み立てを切り崩す方法はよく注意しなくてはなりません。

貯金担保自動貸付の申し込み方法

定期預金通帳、定期預金証書を利用中
1

申し込み方法

ゆうちょ銀行窓口に申し込みをします。書類記入と届出印が必要です。

返済方法

決められた返済日に指定口座に返済額を入金、自動引き落としで返済となります。返済回数が決められていますが、定期預金の満期日までに完済をします。

総合口座通帳を利用中
2

申し込み方法

申し込みの必要なし

総合口座通帳を作ると自動的に付加サービスとなるのが貸越機能です。普通預金残高を超えた引き出し、引き落としがあったときに「定期預金の範囲」で自動貸付が行われます。ゆうちょ銀行のキャッシュカードを使ってATMから引き出しをしたときに、残高がなくても自動的に「借りた」ことになります。
返済方法

返済日は決められていません。普通預金口座に入金があればそれが返済額に充当されます。

郵便局で審査無しでお金を貸してくれる理由

担保となる定期預金があるため審査は必要ありません。また、総合口座通帳を利用中であれば貸越機能がついているためいつでも借入ができます。

定期預金が担保になる

貯金担保貸付は定期預金が担保である以上、返済ができなくなったときに定期預金を解約して返済をします。貸付を受ける日の元利金額の90%以内までが限度額ですが、ひとつの通帳につき最高300万円までとなっています。

返済ができなければ定期預金を解約することになります!

定期預金を解約しない貸付のメリットとデメリット

メリット1・審査なし

担保となる定期預金があるため審査は必要ありません。最短当日中に借入が利用できます。また、総合口座通帳を利用中であれば貸越機能がついているためいつでも借入ができます。

メリット2・金利が低い

定期預金の金利に+0.5%、これが定期預金担保貸付けの金利です。もともと金利が低いと嘆いていた定期預金の金利がここで役に立ちます。

メリット3・ゆうちょ銀行ATMからお金を借りる

総合口座通帳をお持ちであれば貸し越し機能が付加サービスとなっており、ゆうちょ銀行ATMからキャッシュカードを使って引き出しができます。

デメリット・担保が定期預金

担保になっているのが自分の積み立ててきた定期預金であること。そのため借金ではないのは大きな特徴です。返済ができなくなったとしても債務を負うのではなく定期預金が使った分減るだけのこと。これが非常に短絡的な思考を生みかねない危険でもあります。通帳の記帳を頻繁に行い大切な将来の備えを使いすぎないように気をつけましょう。

審査なしで借りられるとはいっても自分が積み立てている定期預金です。返済ができなければ将来に向かって積み立てている貯金がなくなってしまいます。

  • 定期預金を解約しなくてもよい
  • 審査がない
  • 積み立て残高の90%までは使える

メリットはありますが一番のデメリットは返済ができなかったときに定期預金が充当されること。

将来設計に重要な貯蓄に手をつけるのは慎重に考えなくてはなりません。

ゆうちょ銀行のカードローン「したく」はスルガ銀行

ゆうちょ銀行が窓口となっていますが、スルガ銀行の個人カードローン「したく」を扱っています。

つまり窓口はゆうちょ銀行ですが、スルガ銀行との契約です。

金利 7.0%~14.9%
最高限度額 500万円
収入証明書類 申込金額50万円超で必要

申し込み条件は申し込み時の年齢が満20歳以上満70歳以下で、安定した収入のある方

カードローン「したく」申し込み方法と審査の流れ

ゆうちょ銀行の窓口でも申し込みができますが、ネットや電話での申し込みも可能です。

電話での申し込みは平日の9時から19時です。

  • 1・申し込み
  • 2・仮審査
  • 3・在籍確認
  • 4・審査結果連絡
  • 5・申込書と必要書類を郵送
  • 6・カード郵送到着
  • 7・カードの受け取り、利用開始

カードローン「したく」では即日融資はできません。

ネット申し込みが最短となっていますが、審査結果を受け取ってから申込書と必要書類をスルガ銀行に郵送をします。そこからカードの郵送があり、カードを受け取ってからの利用開始となるため申し込みから利用開始までには1週間程度がかかります。

借り入れや返済に利用できるATM

  • ゆうちょ銀行ATM
  • スルガ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イーネットATM
  • タウンネットワークサービスATM
  • イオン銀行ATM
カードローン「したく」は振り込みキャッシングでの借り入れができません。借り入れも返済もすべてカードを使ってATMから行います。

毎月の返済額はカードローン業界の中でも非常に低く設定されています。

返済時の利用残高 約定返済額
10万円以下 3千円以上
10万円超20万円以下 6千円以上
20万円超30万円以下 9千円以上
30万円超40万円以下 1万2千円以上
40万円超50万円以下 1万5千円以上
50万円超100万円以下 2万円以上
100万円超150万円以下 3万円以上
150万円超200万円以下 4万円以上
200万円超250万円以下 5万円以上
250万円超300万円以下 6万円以上
300万円超350万円以下 7万円以上
350万円超400万円以下 8万円以上
400万円超450万円以下 9万円以上
450万円超500万円以下 10万円以上
返済額が○万円以上となっています。最低返済額が低いカードローンでは返済が長期化し利息が膨れ上がります。返済額の調整を考える必要があります。

  • ネットから申し込みができる
  • 最低返済額が低い
  • 口座開設の必要なし

特別なメリットはありません。金利が特段低いわけでもなく、ネット申し込みはほとんどのカードローンが用意しています。

気をつけたいのは借り入れ方法と返済方法がATMでの利用しかないということ。

そのため申し込みから融資までにはカードの到着を待たなくてはならず1週間ほどがかかります。

JP BANKカード(クレジットカード)のキャッシング枠

ゆうちょ銀行ではクレジットカードの発行も行っています。

クレジットカードでキャッシングリボ・キャッシング一括の利用枠を設定している方のみが利用できるサービスです。

設定するためにはJP BANKカードWEBから資料請求が必要です。

クレジットカードキャッシング枠の限度額

利用しているクレジットカードによって設定可能な限度額が異なります。

キャッシング枠利用の申し込みをした後、審査が行われて限度額が決定します。

一般カード

10万円

20万円

30万円

ゴールドカード

10万円

20万円

30万~50万円

学生用

利用不可

限度額はカードローンと同等です。クレジットカードのキャッシング枠としては一般的な限度額になるでしょう。

クレジットカードの借り入れ方法

  • ATMからの借り入れ
  • キャッシング振込みサービス
注意!!

ゆうちょ銀行クレジットカードの振込みキャッシングは依頼後5営業日後に振り込まれます。

  • 金利は15%
  • 返済はリボか一括で選択

消費者金融での借り入れに比べると金利は低めに設定されていますが、なによりも気になるのは振り込みキャッシングを依頼してから振込みが完了するまでに5営業日もかかることです。

まとめ

将来設計が台無しにならないようにゆうちょでお金を借りるときには注意が必要です。総合的に見てみるとやはりゆうちょ銀行は借りるよりは貯める金融機関です。

お金を借りずに定期預金も崩さずに、一時的に利用をするだけという方には貯金担保自動貸付は向いています。

定期預金には手をつけずお金を借りたい方は、30日間無利息があり、24時間振り込みキャッシングやインターネット返済など便利な使い方が豊富な大手消費者金融のプロミスや、5万円までの借り入れなら180日間無利息で提携ATMの利用手数料も無料なレイクALSAなど使い勝手のよいキャッシングがあります。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 過払い金請求後にお金を借りる?借りれる人借りれない人を徹底調査

  • 交番で警察からお金を借りることはできる?公衆接遇弁償費の概要とは

  • おばあちゃんにお金を借りる方法はある?心理状況を分析してみた

  • 海外留学するお金がない時の対処法とは?留学資金のお金を借りる方法

  • 18歳・19歳の高校生や未成年者でもカードローンでお金を借りれる?

  • 海外で強盗や盗難にあったら日本大使館でお金借りれるの?