1. お金借りるトリセツ
  2. カードローン
  3. 銀行カードローンは同じ保証会社だと審査に通らない?

銀行カードローンは同じ保証会社だと審査に通らない?

 2017/12/24 カードローン   2,109 Views

銀行カードローンでは、申し込み条件が3つあります。

①年齢制限
②安定した収入があること
③保証会社の保証を受けられること

実はもっとも厳しい審査は「保証会社の審査」です。
銀行カードローンに一定期間返済が遅れると保証会社が代わりに返済を行います。その後、債権が保証会社に移動をして代位弁済が行われます。

だからこそ保証会社の審査は厳しくなるのは当然のこと。代位弁済をしなくてもよいように慎重に審査が行われています。

保証会社に自分で申し込みをする必要はありません。銀行カードローンに申し込みをすると同時に保証会社にも申し込みを行うことになります。

銀行カードローンの保証会社の役割とは

銀行カードローンの審査に通るためには「保証会社の保証を受ける」条件をクリアしなくてはなりません。
申し込みをすれば保証を受けられるのではなく、保証会社が「この申込者の保証を担っても良い」と判断されなければならず、保証会社の審査があります。

保証会社は保証人とおなじ役割を持ちます。

万が一、契約者が返済できなかった場合には保証会社が代わりに返済(代位弁済)を行います。

銀行は貸し倒れのリスクを減らすために、保証会社に保証料を支払って返済が滞った場合のリスクに対策をしています。

保証会社は「借金の肩代わり」である代位弁済をする

銀行カードローンの申込者の返済が遅れた場合、保証会社は利用者に代わって銀行に「一括返済」を行います。これが「代位弁済」です。

返済が遅れたことで保証会社が支払いを代行した、これで借金がなくなった。ということではありません。保証会社が行ったのは一時的な肩代わりであって、利用者は返済を「銀行に行うのではなく保証会社に行う」ことになります。

保証会社は銀行から貸付額の数%程度の保証料をもらっているだけです。そのため、返済がなされなければ大きなマイナスになってしまいます。そのため、保証会社は厳しい取り立てを行います。

【保証会社の厳しい取立て】
闇金のような暴力的な違法取立てではありません。法的に取立てを行うため、利用者の返済がいつまでも滞っている場合には裁判を行い、財産差し押さえなどの強制執行もあります。

銀行カードローンの保証会社の審査が厳しい理由

以下ような方は保証会社がどこであるのかをチェックする必要があります。

  • 過去の借金に返済の遅延などトラブルがあった方
  • 現在他社からの借入がある方
  • 現在他社に申し込みをしている方

その理由は保証会社にあります。

銀行がいくらOKと判断しても、保証会社がOKを出さなければ審査に通ることはありません。

  • 銀行→利用者が返済をしなかったとしても保証会社が代わりに一括返済をするためにリスクなし
  • 保証会社→貸してもいないお金の返済をすることになる大きなリスクがある

保証会社は返済が回収できないリスクを最小限に抑えるために厳しい審査を行っています。

銀行カードローンの保証会社の審査とは

審査が行われる順番があります。

  1. 銀行カードローンに申し込み
  2. 保証会社の審査
  3. 銀行の審査
  4. 必要書類の提出
  5. 契約
  6. 借入開始

実は銀行の審査よりも先に保証会社の審査が行われます。保証会社の審査に通らなければ、銀行では審査を行うこともしません。つまり「保証会社の保証を受けられること」という条件をクリアしなければなりません。

銀行カードローンの保証会社の審査で重要になること

保証会社の審査が、通常の銀行カードローンや消費者金融の審査と異なるものではありません。同じように主に4つの項目をチェックします。

  • 安定している年収
  • 勤続年数
  • 他社借入状況
  • 信用情報

最も重要になるのは信用情報です。
日本には3社の個人信用情報機関があります。

銀行カードローンは、全銀協に加盟。
消費者金融や信販会社などの貸金業者は、JISSとCICに加盟。

銀行カードローンの審査では、銀行が全銀協に照会をし、保証会社がJISSとCICに信用情報を照会します。つまりすべての個人信用情報機関に、過去と現在の債務情報を照会しています。

実は重要!審査に落ち続けた理由は「保証会社が同じ」だった

保証会社の審査は、個人銀用情報機関に照会するだけではありません。
その保証会社が保有しているデータもチェックしています。

例えば、アコムで返済が滞ったことがあるとなれば、銀行カードローンの保証会社がアコムであれば審査には通りにくくなります。

特に保証会社として幅広く提携しているのは、

  • アコム株式会社
  • SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス
  • セディナ
  • 株式会社オリエントコーポレーション

などがあります。
これから銀行カードローンに申し込みをするなら、これまで利用していたキャッシングの保証会社がどこであったのかをチェックすると安心です。

地方銀行ではとくに、同じ銀行の中でも保証会社の違いによる複数のカードローンを用意している場合があります。

銀行の保証会社が消費者金融なら審査に通りやすい?

銀行カードローンの保証会社には「消費者金融」と「信販会社」があります。

消費者金融のカードローンでは保証会社はありません。しかし消費者金融は銀行カードローンの保証業務も行っています。

保証会社名 消費者金融
SMBCコンシューマーファイナンス SMBCモビット
プロミス
アイフル株式会社 アイフル
アコム株式会社
エム・ユー信用保証(株)
アコム

大手消費者金融が持つ、これまでの利用者の膨大なデータに基づいた高い審査力でリスクを抑えた結果を出しています。

ただし「自社のデータを活用した審査」という点は非常に重要です。

信販会社の場合、さまざまな保証業務を行っています。例えばみずほ銀行カードローンの保証会社であるオリココーポレーションは、銀行保証のほかにも家賃保証なども行っておりその保証業務は多岐にわたります。

  • 銀行 85金融機関
  • 信金・信組 334金融機関
  • その他金融機関 150金融機関

つまり、みずほ銀行カードローンの申し込みをするならオリココーポレーションが保証会社となったローンのすべてでトラブルがなかったかという審査が行われます。

そのため、保証会社は信販会社よりも消費者金融のほうが通りやすいことになります。

各銀行のカードローン保証会社一覧

銀行カードローンの保証会社はさまざまです。

【大手銀行カードローンの保証会社】

大手銀行カードローン 保証会社
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック アコム株式会社
みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンスプロミス

【インターネット専業銀行カードローンの保証会社】

ネット専業銀行カードローン 保証会社
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット株式会社・新生フィナンシャル株式会社
新生銀行カードローン レイク 新生フィナンシャル
セブン銀行カードローン アコム株式会社
楽天銀行スーパーローン
ジャパンネット銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
住信SBIネット銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
オリックス・クレジット

アコムが保証会社の銀行カードローン

  • 北海道銀行「ラピッド」
  • 広島銀行「ハローローンワイド」
  • 十六銀行「Q-LOAN」
  • 十六銀行「with」
  • 青森銀行「Aキャッシング」
  • 岩手銀行「エスパル」
  • 山形銀行カードローン
  • 八十二銀行「はちにのかん太くんカード」
  • 西日本シティ銀行「NCBキャッシュA」
  • 長崎銀行「プレミアA」
  • 南都銀行「キャッシュクイック」
  • 北陸銀行「スーパーNOW」
  • 北陸銀行「クイックマン」
  • 足利銀行「モシカ」
  • 伊予銀行「新スピードカードローン」
  • 第三銀行「SUN」
  • 中京銀行「C-style」
  • 四国銀行「4’s」
  • 常陽銀行「キャッシュピット」
  • 群馬銀行「ナイスサポートカード」
  • 大分銀行「ハッピーカードローン」
  • 宮崎銀行「おまかせくん」
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」
  • 三菱UFJ銀行「マイカードプラス」
  • じぶん銀行「じぶんローン」
  • セブン銀行「ローンサービス」
  • ソニー銀行「MONEYKit」

まとめ

銀行カードローンを選ぶときには、金利の比較も申し込み方法の比較も非常に重要です。
しかし、審査に通る点で最も重要になるのは「どこの保証会社なのか」ということです。

信販会社が保証会社の銀行カードローンよりも、消費者金融が保証会社の銀行カードローンのほうが審査に通りやすくなります。

さらに言えば、これまでに消費者金融を利用したことがあり、返済の遅れなどなく健全に利用をしていたという方は、「確実に返済を行っていた」という履歴があるため、その消費者金融が保証会社を務める銀行カードローンが「利用状況や返済状況を把握しているため審査に有利」になります。

また、保証会社が2社ある銀行カードローンもチャンスがあります。
どちらの保証も受けなければならないのではなく、どちらかひとつの保証を受けられればよいため、ひとつに落ちてももうひとつの保証会社の審査も受けられます。

意外と知られていない「銀行カードローンは保証会社で選ぶ」方法、審査に通りたい方はぜひチェックしてみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

森本 陽子

森本 陽子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)AFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。FP森本陽子の詳細プロフィール

関連記事

  • 総量規制対象外のおすすめカードローンは?総量規制以上借りる方法

  • おまとめローン審査に通りやすい方法はある?一本化するための選び方

  • カードローンの申し込みに実印は必要?

  • カードローンの審査落ちが不安?審査に通りやすいコツを伝授

  • オリックス銀行カードローンの借り方(申込書類〜借入・返済まで)

  • 収入証明書不要で利用できるカードローンはどこがいい?