1. お金借りるトリセツ
  2. カードローン
  3. 東京スター銀行スターカードローンの審査の特徴と保証会社

東京スター銀行スターカードローンの審査の特徴と保証会社

 2021/02/01 カードローン   119 Views

東京スター銀行カードローン「スターカードローン」は、低金利で高限度額が設定可能なローン商品です。

他行よりも比較的歴史が浅いため、時代に即した営業を得意としており、インターネットを使った手続きを積極的に取り入れています。

若干審査が厳し目と言われていますが、返済能力があれば充分に審査通過が可能です。

スター銀行「スターカードローン」の特徴

2つのタイプがある

東京スター銀行スターカードローンでは、申し込みのときに「口座なしタイプ」「カードローンタイプ」の2つを選択できます。

金利や融資限度額などの商品内容は変わりませんが、2つのタイプでは特徴が異なります。

どちらのタイプが自分に向いているか検討してから申し込みましょう。

【スターカードローンの2つのタイプ】

タイプ 特徴
口座なしタイプ ・東京スター銀行の口座がなくても利用可能。

・インターネットバンキングで借入可能。

・申し込みから融資までに2週間から3週間ほどかかる。

・契約時にローンカードが発行されない。

カードローンタイプ ・申込時に東京スター銀行の口座開設が必要。

・申し込みから融資までに約1ヶ月かかる。

カードローンタイプは申し込みのときに東京スター銀行の口座開設が必要で、申し込みから融資を受けるまでに約1ヶ月かかります。

そのため、手間をかけたくない人や、融資を急いでいる人には不向きです。
一方、口座なしタイプは、東京スター銀行の口座がなくても利用できて、カードローンタイプよりも早く融資を受けることができます。

口座なしタイプでは、インターネットバンキングでの借入になるため、ローンカードは発行されません。

ただ、契約後であれば口座なしタイプを利用している人でも、ローンカードの発行は可能です。

ローンカードがあれば、コンビニやスーパーなどの提携ATMを利用して借入できます。

大手カードローン並みのスペック

東京スター銀行は、有利な条件のおまとめローンが非常に有名ですが、カードローンのスペックの高く、大手のカードローンと比べても遜色ないレベルの商品です。

・大手のカードローンとの比較

金融機関 金利 限度額 最低返済額
東京スター銀行 1.8%~14.6% 10万円~1000万円 5000円
プロミス 4.5%~17.8% 10万円~500万円 1000円
アコム 3.0%~18.0% 10万円~800万円 1000円
アイフル 3.0%~18.0% 10万円~800万円 5000円
みずほ銀行 2.0%~14.0% 10万円~8000万円 1万円
三井住友銀行 4.0%~14.5% 10万円~800万円 2000円
三菱UFJ銀行 1.8%~14.6% 10万円~500万円 1000円

比較してみると、東京スター銀行の限度額の高さが分かります。

他のどのカードローンよりも高めの設定です。

これはプロミスやバンキングなどの限度額500万円に比べると2倍もの金額になっています。

これは単に限度額が高いというだけでなく、申込時の設定から増額の申請をした場合にも、より高い限度額の設定になる可能性があることを意味します。

金利は銀行のカードローンとしては標準的ですが、最低金利が低いので、これも金利の引き下げのときに、より低めに設定されることが期待できます。

覚えておきたい審査の特徴

1.収入証明書について

多くの金融機関では、借入希望額が一定額を超えると申し込みのときに収入証明書の提出が必要となります。

消費者金融では、借入希望額が50万円以下の場合は不要とされていますが、東京スター銀行のスターカードローンでは借入限度額がいくらかに関わらず、必ず収入証明書の提出が必要です。

2.ネットで完結

東京スター銀行スターカードローンは、申し込み手続きや借入で店舗に足を運ぶ必要がありません。

書類を郵送する必要もなく、すべてインターネットからの申し込みと書類のアップロードで手続きをすべて終えることができます。移動や郵送の手間が省けて、融資までの時間も短縮することが可能です。

消費者金融と比較した特徴

1.無利息期間がない

大手の消費者金融では、契約日翌日または初回借入日翌日から一定の期間、利息がゼロになる無利息サービスを提供しています。

銀行でもジャパンネット銀行は初回契約者には無利息サービスが提供されます。

ただ、東京スター銀行スターカードローンにはそういったサービスはありません。
ごく短期の借入でも利息が発生します。

もし、すぐにお金を返せるという状況なら、無利息サービスのある消費者金融を利用したほうが良いでしょう。

2.審査が若干厳し目

銀行のカードローン全般に言えることですが、消費者金融に比べて東京スター銀行カードローンの審査は厳し目です。

なかには審査落ちしてお金を借りられないという事態になることも多いため、そのようなときには消費者金融を利用したほうが良いでしょう。

カードローンの審査は短期間に複数申し込みをすると、それだけで審査落ちの要因となります。

東京スター銀行に申し込んで審査で否決されたら、消費者金融に申し込んだほうが無難です。

東京スター銀行「スターカードローン」の審査

申込条件をチェック

東京スター銀行スターカードローンの利用条件は公式サイトでは以下のようになっています。

【スターカードローンの申込条件】

・申込時満20歳以上65歳未満の人

・定期的な収入がある人

・保証会社の保証が受けられること

銀行のカードローンとしては標準的な内容です。
消費者金融の上限年齢は69歳なことが多いので、それに比較すると少し厳しいと言えます。

定期的な収入があれば、パートやアルバイト、年金生活者、学生でも利用可能です。
とはいえ、会社員や公務員に比べて審査は通りにくくなりますし、利用限度額にも制限がかかりがちな傾向があります。

個人消費者向けのローン商品ですので、事業性資金には使うことができません。
生活費や趣味・娯楽、旅行などの費用に使うためのカードローンです。

借入件数・借入額をチェック

東京スター銀行カードローンを利用するには、他社・他行からの借入の状況も審査では重要項目となります。

インターネット上の口コミ情報を見ると、審査に通ったという人のなかで最も多い借入件数は4件です。
ただし、すべて「おまとめローン」の利用で、通常のカードローンでは他社借入が2件で審査に通らなかったという口コミ情報は数多く寄せられています。

基本的に借入件数には厳しく、1社でも他社借入があったら、かなりの返済能力を求められると考えて良いでしょう。

借入件数ゼロでも審査落ちしたという口コミもあり、返済能力に自信がなければ、おまとめローンまたは他社ローンを利用したほうが良いでしょう。

東京スター銀行は銀行なので「総量規制」の対象外です。
そのため、他社借入金があっても問題とはならないはずですが、充分な返済能力があると認められなければ審査には通りません。

新生ファイナンシャル株式会社の保証を受けられるか

東京スター銀行スターカードローンは、新生ファイナンシャル株式会社の保証を受けられるかが重要です。

それには信用情報に傷があったら保証は受けられません。信用情報の傷として大きなものは以下の3つです。

・5年以内に、2ヶ月以上の支払い延滞や任意整理、個人再生を行っていない。

・10年以内に、自己破産を行っていない。

・6ヶ月以内に、6社以上のローンに申し込んでいない。

また、新生ファイナンシャル株式会社は、実際には「レイクALSA」の審査を行っている会社です。
レイクALSAは新生銀行グループなので、新生ファイナンシャル株式会社とは非常に近い存在です。

新生ファイナンシャル株式会社は、レイクALSAと近いため、過去にレイクALSAまたは新生銀行で金融事故を起こしていると、審査に通る可能性はほとんどないと言っていいでしょう。

審査の流れ

1.申し込み

東京スター銀行の本審査に進むには、口座開設が必須なので、最初に口座の開設を行っておくと良いでしょう。

まずはインターネット、電話のどちらかの方法で仮審査の申し込みをします。
申し込むと、連絡先の電話と勤務先への在籍確認の電話連絡が行われます。

2.審査と必要書類提出

仮審査の結果はメールで通知されます。

次に本審査に移りますが、オンライン契約か郵送契約のどちらの契約方法かによって異なります。

オンライン契約では、東京スター銀行から本人確認の電話が掛かります。
その後必要書類をオンラインで提出します。

郵送契約では、オンライン契約の際と同じ必要書類に加えて記入済の契約書類を投函して郵送することになります。

3.契約

オンライン契約、郵送契約ともに、本審査に通った場合は、その後にローンカードとローンカード用暗証番号案内ハガキが郵送されます。

それを使って東京スター銀行または提携のATMから融資を受けることができます。

必要書類

1.本人確認書類

本人確認書類として通用するもの

・運転免許証

・個人番号カード

上記のうち1点と健康保険証を提出します。

後日、住民票の写しの提出を求められることもあります。

東京スター銀行の契約に関する書類はかなり厳密ですので、注意しましょう。

2.収入証明書

前年分の収入が確認できる書類の写しを提出します。

・源泉徴収票

・確定申告書

・住民税決定通知書

・課税証明書

上記のうち1点を提出します。

前年に中途入社または入社1年未満の人は、直近3ヶ月分の給与明細書を提出します。

東京スター銀行「スターカードローン」の審査に通りやすくする方法

重要な5つのポイント

1.信用情報

東京スター銀行スターカードローンの審査で重要視されるのが、申込者の信用情報です。

信用情報とは、過去のクレジットカードやカードローンの利用状況や返済状況などのことで、個人信用情報機関が保存・管理している情報のことです。

金融機関は「申し込みした人にお金を貸しても良いかどうか」を判断するために、信用情報機関に照会を行います。

カードローンに申し込むときの「同意事項」には、必ず「個人情報を当社が閲覧すること」という内容が含まれています。

東京スター銀行が情報照会をしたとき、過去にクレジットカードの延滞をしてしまったことがあれば、審査に通過することは難しくなります。

2.他社借入状況

消費者金融や銀行ですでに借入している場合には、その分返済に充てられるお金が減ることを意味します。
そのため、審査に通りにくくなります。

通常、カードローンなどで借入できる金額は年収の3分の1までとされています。

東京スター銀行は、特に他社での借入に厳しい傾向があります。完済できるローンがあったら全額返済してから申し込んだほうが良いでしょう。

3.住居情報

住宅ローンを支払っている場合や賃貸住宅に住んでいる人は、毎月支払いが発生していることになります。

持ち家で、住宅ローンの支払いが完了している人に比べて、返済に充てられるお金が少ないので、返済能力が低いと認識されます。

持ち家は自分の所有でなくても良く、たとえば親と実家で同居している独身者は「家賃を支払う必要がない」ため、返済能力は高いと見積もられます。

賃貸住宅に住んでいる人は、居住年数が長いほど生活が安定していると判断されて審査ではプラスに評価されます。

4.職業と勤続年数

公務員や大企業に勤めている人も、審査ではプラスに働きます。

公務員には「会社の倒産」はあり得ませんし、大企業も倒産リスクは低いからです。
とはいえ、中小企業だから悪いというわけではなく、安定性が重視されます。

安定性は勤続年数によって判断されます。
年数が長いほど給与は安定しており、生活も安定していると判断されます。

勤続年数が1年に満たない人は、1年になるまで待ってから申し込んだほうが良いでしょう。

5.年収

カードローンの審査は、年収が高ければ高いほど通過できる可能性が高まります。

消費者金融では年収100万円程度のアルバイトでも審査に通りますが、東京スター銀行では難しいでしょう。

できれば年収200万円以上は必要で、その際も他社借入があったら審査では不利です。

電話の問い合わせに対応する

東京スター銀行スターカードローンは、Web完結型のカードローンです。

そのため、審査の担当者と直接やり取りをする機会は非常に少なくなっています。
ただ、「申し込みの意思確認」や「在籍確認」「審査に必要な情報の問い合わせ」「書類不備の確認」など、担当者と申込者で接点は必ずあります。

その数少ない接点のなかでは、社会人らしい誠実な受け答えをするように心がけましょう。主に以下のようなポイントに気を配りましょう。

・電話で話すときには、なるべく丁寧な言葉遣いを心がける。

・問い合わせには「正直に回答する」のが基本。自分を良く見せようとして「見栄を張る」「話を盛る」「嘘をつく」のは厳禁。

・審査に必要な情報の問い合わせにはできる限り協力する。

・不備を指摘された場合や、書類の再提出などを求められた場合には、可能な限りスピーディに対応する。

東京スター銀行の審査担当者は親切に応対してくれますが「お金を貸す」ことについてはプロフェッショナルですので、ささいな会話内容からもリスクを察知します。

受け答えに言いよどんだり、ラフな言葉遣いをしたりするのは危険です。

借りるほうは「お客さん」ですが、カードローンは金銭の契約です。融資をお願いするという立場で話をするようにしましょう。

書類に不備がないように

東京スター銀行スターカードローンの審査では、多くの書類を提出することになります。

申し込みのときに個人情報を申告しますが、これが正しいかどうかを書類によって確認します。

求められた書類を提出できない場合には、審査には通過できません。
そのため、不備のない書類を提出することが審査に通過するための絶対的な条件と言ってもいいでしょう。

東京スター銀行では、本人確認書類と収入証明書の提出を求められます。

顔写真入りの公的な身分証明書と、源泉徴収票などの収入証明書を提出します。
どれも最新のものを提出しなければなりませんし、場合によっては他の書類を併せて提出するように求められることもあります。

東京スター銀行の審査は「書類について厳格」という口コミ情報があります。

書類は審査担当者から送られてくるメールに記載されたURLから写真をアップロードするだけですが、写りが悪いと再提出を要求されるなど、人によってはかなりの手間がかかるケースも報告されています。

分からないことがあったら、問い合わせをして書類に不備がないようにしましょう。
不備があれば、それだけ余計な時間がかかります。

東京スター銀行スターカードローンの審査の特徴と保証会社 まとめ

東京スター銀行スターカードローンは、大手のカードローンと比べても見劣りすることのないローン商品です。

金利も低く、限度額も高い傾向があります。

ただ、その分審査は厳格ですので、しっかり対応しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

森本 陽子

森本 陽子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)AFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。FP森本陽子の詳細プロフィール

関連記事

  • 楽天銀行カードローンの審査時間はどのくらい?長引く可能性もあるので要注意

  • 即日融資を受けるための適度な利用限度額はいくら?

  • 即日融資で10万円~30万円を借りる!オススメの消費者金融と注意点

  • バレずにお金を借りるには?親や会社に内緒で借りれる?バレる5つの原因とその対策

  • カードローンを一括返済して利息を抑えるメリットと意外なデメリット

  • 在籍確認なしでお金を借りる方法はある?どのカードローン?