1. お金借りるトリセツ
  2. カードローン
  3. スルガ銀行カードローンの審査は甘くない?リザーブドプランのメリット

スルガ銀行カードローンの審査は甘くない?リザーブドプランのメリット

 2021/04/14 カードローン   69 Views

スルガ銀行は静岡県沼津市に本店を置く地方銀行ですが、カードローン「リザーブドプラン」は全国から申し込むことができ、VISA機能や消費者信用団体生命保険を付与できるなど、特徴的な商品です。

難易度があまり高くない割には、大きな金額を借りやすいと評価されており審査スピードも早めです。

スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」の審査

申し込みから審査まで

1.融資までのおおまかな流れ

スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」は、来店不要で全国からインターネットで申し込みすることができます。

申し込みから融資までの流れはおおよそ以下のようになっています。

 

・インターネットから申し込みフォームに必要事項を入力して送信する。

・電話または郵送で仮審査の結果が通知される。

・仮審査に通過した場合、本人確認書類をアップロードして提出する。

・本人確認書類の確認が完了し、本審査が承認となったら契約し、指定の口座への振込によって融資を受ける。

 

ローンカードは審査通過後、1週間程度で自宅に郵送されます。
郵送先として勤務先を希望することも可能です。

申し込みの手続きは比較的簡単ですが、審査をスムーズに進めるためには、あらかじめ入力すべき内容をチェックしておき、必要書類を準備しておきましょう。

申し込みのときに曖昧な記憶に頼って入力項目に記入するのは危険です。

2.審査は最短で翌日

公式サイトに記述はありませんが、リザーブドプランの審査は最短で翌日には結果が通知されます。

スルガ銀行はカードローン事業に注力しており、地方銀行にしてはスピーディな対応をしています。
ただ、審査通過後の必要書類の提出などの手間をがあるので、融資が実行されるまでには最短でも3営業日程度はかかると考えたほうが良いでしょう。

インターネットから申し込みした場合の仮審査の結果通知はメールですが、必要書類を提出した後の本審査の結果通知は電話連絡になるので注意しましょう。

3.在籍確認

スルガ銀行のカードローンの審査では、在籍確認はスルガ銀行が必要と判断した場合にのみ行われることになっています。
そのため、審査次第では電話連絡なしで契約することもできます。

もし必要と判断された場合には、スルガ銀行の審査担当者から個人名で職場に電話で連絡が来ます。

カードローンの審査であるということは明かさずに、知り合いを装って連絡してきます。

必ずしも行われるとは限りませんが、もし電話が掛かってきたら適切に対処しましょう。
また、在籍確認が必要となった場合には、書類の提出で電話の代わりとすることはできません。
必ず職場への電話連絡によって在籍確認が実施されます。

リザーブドプランの申し込みでチェックすべきポイント

リザーブドプランの申し込みでは、申し込みフォームに必要事項を記入しますが、他のカードローンとは違う部分もあるので注意しましょう。

1.希望金額

希望する利用限度額を自分で判断して入力します。
自分がいくら必要なのかを良く考えておきましょう。

できれば必要最低限の金額に留めておき、もし増額が必要ならそのときに改めて増額申請をするようにしたほうが賢明です。

また、申込金額が500万円を超えると収入証明書の提出が必要になるので注意しましょう。

2.VISA機能

リザーブドプランには「VISA機能」を付帯させることも可能です。

国内加盟の店舗や通販ショップ、海外のVISA加盟店で利用できます。

VISA機能付きカードを選んだ場合には、5年ごとに更新審査があります。
VISA機能がないときには1年ごとの自動更新になります。

3.消費者信用団体生命保険

リザーブドプランには「がん保障特約」が付帯した消費者専用団体生命保険に加入することができます。

他のカードローンにはあまり見られないところですので、良く考えて加入するかどうかを検討しましょう。
保険の加入や保険金などの支払いにあたっては所定の条件があるので詳しいことは「契約概要」や「注意喚起情報」を確認しておきましょう。

4.メールアドレス・パスワード

審査結果の通知はメールで行われますので、いつでもチェックできる携帯電話・スマートフォンのメールアドレスで登録しておきましょう。

また、スルガ銀行からのメールを受信可能に設定することも必要です。
審査の連絡には専用のパスワードの設定も必要です。
半角英数字4~8文字で入力します。

パスワードは忘れないように管理しましょう。

5.個人情報

個人情報として入力の際に注意したいのが「居住年数」です。

現在住んでいるところに何年住んでいるのかを入力しますが、これはあらかじめ確認しておかないと分からないことが多いでしょう。

その他、職業・収入形態・勤務先名・勤務先の住所・従業員数・業種といった情報も普段から意識することはない情報なので、事前にメモに書き出すといった工夫が必要です。

必要書類

スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」の審査では、まずインターネットから送信される個人情報を元に仮審査が行われます。

この段階では、銀行側が申込者の信用情報や返済能力を審査してカードローンを発行して良いかどうかを判断します。

仮審査が承認となったら本審査に移りますが、書類はここで提出することになっています。
重要なものは本人確認書類で、以下のいずれかをアップロードして提出します。

・運転免許証のコピー(記載住所が申込書の住所と異なるときには公共料金の請求書・領収書のいずれかのコピーが必要です)

・健康保険証のコピー+公共料金請求書もしくは領収書のコピー

・パスポートのコピー+公共料金請求書もしくは領収書のコピー

・顔写真付き住基ネットカードのコピー+公共料金請求書もしくは領収書のコピー

スルガ銀行カードローンの審査の特徴と難易度

最低返済額から考える

スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」の難易度はあまり高くないと推測されています。

ネット上の体験談を見ても、「自信はなかったが通った」「属性の弱い自分でもカードローンを作れた」などの情報が寄せられています。

スルガ銀行カードローンの審査の難易度があまり高くないことは、毎月の返済額の設定からも推測することができます。

スルガ銀行「リザーブドプラン」では、借入額が10万円のとき月々の返済額は最低「3000円」に設定されています。

みずほ銀行カードローンでは最低返済額は1万円という設定ですので、かなり低めと言っていいでしょう。

最低返済額が低めの設定であることは、スルガ銀行カードローンの公式サイトにも大きく取り上げられています。

公式サイトのトップページには、たとえば「お使いみち自由」「スルガ銀行の普通預金口座不要」といった利便性をアピールする文句とともに、「ご返済は、月3000円~」という記述が大きく記載されています。
それだけ「返済しやすいカードローンである」ことを訴えたいと考えられます。

最低返済額の低さを大きく押し出すということは、「これくらいなら自分でも返済できそうだ」「他の銀行の返済はきついが、スルガ銀行ならなんとかなりそう」という層へのアピールを狙っていると考えられます。
こういった人たちは毎月1万円や2万円といった返済を求められるローンの利用者層に比較すると大きな収入を得ていないと予測できます。

このように、低めの返済額をアピールしている点から、審査通過のハードルが低いことも意味していると推測できます。

様々な雇用形態で申込可能

スルガ銀行カードローンは、正社員・派遣社員・契約社員といった待遇でなく、たとえばアルバイトやパートといった雇用形態で働いている人でも申し込むことができます。

申込条件は「申込時の年齢が20歳以上70歳未満」であれば良く、収入や雇用形態に関わらず申し込みできます。

通常のカードローンでは、たとえば年齢制限が65歳までとなっていたり、パートやアルバイトでは申し込みできなかったりすることもありますが、スルガ銀行カードローンは審査基準のハードルは低めと言えます。

公式サイトの「良くある質問」のページには以下のような記載があります。

「Q.パート、アルバイトであるが申し込みできますか?

A.安定した収入のある方でればお申し込みいただけます。」

「Q.勤続年数が1年未満ですが申し込み出来ますか?

A.お申し込みいただけます。ただしお勤め期間が3ヶ月以上経過後のご相談をお願いいたします。」

「Q.収入は年金のみですが申し込みできますか?

A.お申し込みいただけます。お申込み時の年齢が20歳以上70歳未満の方が対象です。」

このように様々な社会的ステータスの人に申込可能としているということは、審査の難易度はあまり高くないと推測できます。ただし、「収入が低い」「安定性に欠ける」と判断された場合には、たとえば利用限度額に制限がかかるといったマイナス面が生じることはあるでしょう。

保証会社から考える

銀行のカードローンには「保証会社」というものが付きます。
カードローンは原則として「無担保・保証人不要」というのが特徴ですが、その裏にいる保証会社という存在は大きな役割を担っています。

保証会社の役割は「借り主の保証人の代わりをする」というものです。
もし返済が一定期間遅れら、借り主に代わって銀行に返済するのが保証会社です。

そのため、事実上の審査は保証会社が実施しているケースが多く、スルガ銀行の場合も保証会社の審査に通らなければ融資を受けることはできません。

スルガ銀行カードローンの保証会社は以下の3つの会社です。

・スルガ・キャピタル株式会社(スルガ銀行のグループ会社)

・ダイレクトワン株式会社(スルガ銀行グループの消費者金融)

・株式会社オリエントコーポレーション

上記のいずれか1社の保証が受けられれば、審査には通過できます。

「オリコカード」で知られる株式会社オリエントコーポレーションは、クレジットカード発行事業で蓄積された豊富なノウハウで、保証提携では業界トップクラスの取引先数があります。

その他の2社はスルガ銀行の関連会社ですが、2社とも審査に通らなくてもオリコで審査通過できれば融資を受けられます。

銀行のカードローンで保証会社が3社あるというのは珍しく、その分幅広い層からの申し込みに対応していると考えられます。

こういう人は審査に落ちる

1.信用情報に問題がある

スルガ銀行カードローンはあまり審査基準のハードルは高くないと推測されますが、それでも信用情報に問題のある人は審査には通りません。

他のカードローンやクレジットカードで返済の遅延を繰り返していたり、長期の延滞があったりする場合には、審査結果は厳しいものとなるでしょう。

2.保証会社の保証が受けられない

スルガ銀行カードローンの保証会社は3つも用意されており、どれか1社の審査に通過できれば融資を受けられますが、どの保証会社からも保証を引き受けてもらえなければ審査には落ちます。

スルガ銀行の関連会社は多少審査が厳し目ですが、オリコはそれほど高い基準は設けていないと推測されます。

とはいえ、オリコ関連のクレジットカードやカードローンで返済トラブルがあった場合には、審査では不利でしょう。

3.他社のローンに申し込んだ

スルガ銀行に申し込む直前に、他のカードローンに申し込んでいると審査では不利になります。

カードローンの申し込みはすべて個人信用情報機関に登録されており、短期間に複数の申し込みをしている人に対して「そんなにお金がないのか」「返済は大丈夫か」と思われて審査で落とされる可能性があります。

他社のローンに申し込んでから6ヶ月以内はスルガ銀行に申し込みするのは控えましょう。

スルガ銀行カードローンの「団信付き」とは?

団体信用生命保険とは

お金を借りるにあたって「団体信用生命保険」に加入するというケースがあります。

良くあるケースが住宅ローンです。
住宅ローンの契約者は多くが世帯主で、その家庭で最も収入の多い人です。

契約者が健在のうちは、住宅ローンは滞りなく返済されますが、万が一契約者が事故にあったり病気にかかったりして働くことができなくなったり、最悪死亡したりして借入金の返済ができなくなったら家族は非常に困った立場に置かれることになります。

借りたお金を残された家族が返済するのは厳しい措置ですし、返済がますます困窮することが容易に推測できます。
そこで、住宅ローンを提供する金融機関では「団体信用生命保険」への加入を融資の条件としていることがほとんどです。

たとえば、ある信用金庫の団体信用生命保険(略称「団信」)は以下のようになっています。

【団信付き貸付】

・対象商品:住宅ローン

・保険料:利用者負担なし

・保険の種類:死亡、重度障害保険金

・保険金額:最高1億円

・加入年齢:18歳以上66歳未満

・加入継続年齢:満76歳の誕生日前日まで

銀行のカードローンに団信がない理由

同じローンでも、消費者金融や銀行のカードローンには団信が付帯することは珍しいことです。

カードローンやキャッシングは「お金に困っている人が利用する商品」という位置づけです。

近年では「日常的なちょっとしたお金の用立て」としての認知は高まっており、手持ちのお金が少なくなったときの緊急用としてカードローンの契約をしているという人も多くなりました。

ただ、カードローンは住宅ローンのように高額ではありませんし、住宅ローンのように「残された家族を守る」という位置づけの制度はあまり必要性が高くありません。

そのため、銀行のカードローンには通常は団信は付帯しませんし、そのような制度に加入できるカードローンもほとんどありません。

かつての消費者金融では、「貸し倒れを防ぐ」という目的で団信に加入させて貸出するということもありました。

1990年代はまだ消費者金融は年率25%といった高金利で貸出することも普通で、返済不能に陥ることも増えていました。
そのような人に対して「自分の命を担保に借金を返済する」ことに近い契約を結ばせていたケースも数多くありました。

現在ではカードローンに関する法律も整備され、金利も14%~18%程度、借入額も年収の3分の1以内に制限されるなど、団信に加入する意義が失われ、銀行のカードローンで団信が付くことはレアケースです。

スルガ銀行カードローンには「がん保障特約」も付帯している

近年では銀行のカードローンで団信が付くことはレアケースですが、スルガ銀行リザーブドプランには団体信用生命保険が付いています。

【リザーブドプランの団信】

・引受保険会社:カーディフ生命保険会社

・保険金の種類

1.死亡保険金(契約者が死亡したとき)

2.高度障害保険金(傷害や疾病が原因で高度障害状態になったとき)

・保険金額:未返済の債務金額

これだけでも珍しいことですが、リザーブドプランにはさらに「がん保障特約」も付帯しています。

【リザーブドプラン・がん保障特約】

・保険金の種類:がん診断保険金

・保険金の支払い条件:特約が有効になってから90日目以降にがんに始めて罹患し、医師によって診断されたとき

いずれの保険も、保険料の支払いは利用者ではなくスルガ銀行が行うので、契約したからといって新たな負担が生じることはありません

まとめ

スルガ銀行のカードローンは、審査基準のハードルがあまり高くなく、がん保障特約のある団体信用生命保険が負担金なしで加入できるというメリットもあります。

審査時間も短く、幅広い層の利用者を見込んでいるローン商品としておすすめできます。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

森本 陽子

森本 陽子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)AFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。FP森本陽子の詳細プロフィール

関連記事

  • カードローンの審査ではどうしても在籍確認が必要?避ける方法は?

  • カードレスローンとは?カード付きローンにないメリットとデメリット

  • カードローンの利用残高って何?借入状況の確認を忘れずに

  • 三井住友銀行カードローンの返済額と効率的な返済方法

  • カードローンの申し込みに実印は必要?

  • カードローンの返済シミュレーションで計画的に返済する方法