1. お金借りるトリセツ
  2. カードローン
  3. 総量規制対象外のおすすめカードローンは?総量規制以上借りる方法

総量規制対象外のおすすめカードローンは?総量規制以上借りる方法

 2018/12/15 カードローン   917 Views

社会問題となっていた多重債務を解決するための策として2010年に施行された総量規制は、個人が貸金業者から借り入れできる上限を年収の3分の1までに定めている法律です。

総量規制以上の借り入れはできません、というよりも総量規制以上の貸付を行った消費者金融が罰せられるため審査は慎重に行われています。

消費者金融から総量規制以上を借りることはできませんが、おまとめローンは総量規制の例外となっています。

しかし、すべての場合において総量規制が適用されるのではなく、総量規制対象外となるローンもあります。

総量規制の例外となるおまとめローン

複数の他社貸金業者からの借り入れを一本化するのがおまとめローンです。
「顧客に一方的有利となる借り換え」として総量規制では例外とされています。
新しい借り入れはできず、返済のみとなりますが現在の借入先からの金利の平均よりも下回る金利が適用されることになります。

総量規制以上を借りたい方にもアイフルおまとめローンが利用できる理由

おまとめローンは総量規制の例外です。消費者金融の総量規制対象外のおまとめローンの中でも最もおすすめなのはアイフル。その理由をご紹介します。

  • ネット申し込みで完結できる
  • 最短即日融資が可能
  • カード発行でATMから返済ができる
  • 銀行ローンもおまとめができる

消費者金融のおまとめローンは、貸金業者からの借入のみ対象となっています。
しかしアイフルおまとめローンは、さまざまな借り入れをまとめることがでいます。

  • 銀行カードローン
  • ショッピングリボ
  • 消費者金融からの借入
  • クレジットカードのショッピング

2010年以降に消費者金融からの借り入れをしている方は総量規制以上の利用はないでしょう。しかし消費者金融からの借り入れ以外にも銀行カードローンなどの利用があり総量規制以上の借り入れがある方はアイフルのおまとめローンがおすすめです。

学生もパートも利用ができる総量規制対象外のアイフルおまとめローン

アイフルのおまとめローンは2種類がありますが金利、内容等変わりがありません。

  • 初めてアイフルを利用する方→かりかえMAX(金利3.0%~17.5%)
  • アイフルを利用したことがある方→おまとめMAX(金利3.0%~15.0%)

いずれも満20歳以上の安定した収入がある方が利用条件となっており、パートやアルバイトの方も申し込みができます。どちらの利用にも使い方等に変わりはありません。

アイフルおまとめローン申し込みの流れ

  1. ネット申し込みと電話連絡
  2. 仮審査
  3. 本審査
  4. 契約と融資実行
  5. カード発行

【重要】
ネット申し込み後、アイフルに電話をして「おまとめローンの申し込み」であることを伝えます。

通常申し込みではないと伝えなければ他社借り入れが複数ある状態での審査が開始されます。
アイフルは審査が最短30分です。審査が終わらないうちに、申し込みを行ったらすぐにアイフルに連絡をしましょう。

【必要書類】
本人確認書類
収入証明書類

インターネット契約ならオンラインのアップロードで提出ができますが、店舗契約も可能です。

来店契約でアイフルおまとめローンは即日融資が可能に

自動契約機ではおまとめローンの契約はできません。有人店舗での契約ができます。

自動契約機ほどの設置数ではありませんが、お近くにアイフルの有人店舗がある方は、契約を来店で行うと最短即日のおまとめが可能です。

1週間程度の時間がかかりますが、ネット申し込みと郵送契約を利用した来店不要契約もできます。

アイフルおまとめローンはカード発行でATM返済もできる

おまとめローンは返済専用です。そのため追加融資を行うことはできませんが、アイフルのおまとめローンは返済専用のカードが発行されます。

基本の返済方法は毎月自動引き落としですが、アイフルATMや提携ATMからの随時返済もできます。

他にもある!大手消費者金融の総量規制対象外で借入できるおまとめローン

おまとめローンはアイフル以外にも大手消費者金融が用意しています。すべての消費者金融が用意しているわけではありませんが、現在は銀行カードローンでのおまとめができないため、消費者金融のおまとめ専用ローンが活用できます。

返済専用カード発行!プロミスのおまとめローン

  • 来店必須
  • 審査が早く即日おまとめが可能
  • 返済専用カードが発行される

プロミスのおまとめローンはネット申し込みはできません。自動契約機かお客様サービスプラザ(店頭窓口)からの申し込みとなります。

金利は6.3%~17.8%と高めの設定ですが、返済専用カードが発行されるため毎月の自動引き落としの返済のほか追加返済も自由に行えます。

おまとめ専用!アコムの総量規制に基づく借り換えローン

  • 原則来店契約
  • 最短即日おまとめ可能
  • 返済専用カードが発行される

アコムの借換え専用ローンは金利が7.7%~18.0%です。契約手続きには店頭窓口かむじんくん(自動契約機)に来店をしますが、来店できない場合には郵送での契約も可能です。

総量規制内ならカードローンでもおまとめができる

総量規制以上の借り入れはできませんが、総量規制内であれば通常のカードローンを使った一本化もできます。

借り入れ件数が少ないこと、借り入れ総額が小さいことなどいくつかの条件はありますが、おまとめローンとは違ってカードを使って返済も借り入れもできるという大きなメリットがあります。

長期無利息を有効活用!総量規制対象外はないけれども使えるレイクALSAのカードローン

  • 選べる2種類の無利息期間
  • 提携ATMもすべて手数料無料
  • 最短即日融資可能

レイクALSAには30日間の無利息(借入額の全額)と、180日間の無利息(借入額のうち5万円まで)のサービスがあります。また提携ATMも利用手数料が無料となっており、利息以外の費用を抑えることができるカードローンです。

総量規制対象外はないけれど、バレない申し込みはSMBCモビット

  • 郵送なし、電話なしのWEB完結
  • 最短即日融資可能

SMBCモビットの最大の特徴といえば「バレないキャッシング」です。消費者金融の中ではもっともばれにくいカードローンの理由は、カードレスキャッシングのため自宅への郵送物がなく、勤務先への電話連絡もありません。

総量規制を超える借り入れをしてしまったらどうなる?

消費者金融を利用している限り、総量規制があり以下の場合に収入証明書類の提出が必要になるため年収の3分の1以上を通常のキャッシングで借りることはできません。

  • 希望額が50万円超
  • 希望額と他社からの借り入れを合算して100万円超
[/surfing_su_deco_text]

しかし、収入が減ったなどの理由で年収の3分の1のラインが変わる事があります。

例えば年収300万円の方であれば、年収の3分の1は100万円となり、これが総量規制の上限です。
この段階で100万円まで借り入れていたとします。
収入が減って年収200万円となれば、年収の3分の1が約67万円となり、これが総量規制の上限です。
すでに借り入れている100万円と、下がった総量規制の上限67万円との差額33万円が発生しました。

この場合には一括返済をする必要はありません。新規融資が停止となり返済専用となります。

ローン別、総量規制対象内か総量規制対象外かをチェック

貸金業法にある総量規制は、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠など、個人貸付に適用される法律です。そのためすべてのローンが総量規制の対象となるわけではありません。

銀行のフリーローンは総量規制対象外

銀行では目的別ローンがあります。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンも目的別ローンという大きなくくりのひとつです。

資金使途は限られるものの、カードローンではなく証書貸付の低金利で融資が受けられるフリーローンもあります。

銀行の目的別ローンやフリーローンは大きな金額になることが一般的であり、そもそも銀行は貸金業ではないため総量規制の対象ではありません。

銀行カードローンは総量規制を自主導入している

2018年、銀行カードローンの審査が大きく変わりました。

即日融資ができなくなり、審査の項目に警察庁へのデータ照会が加わっています。

その原因となったのが銀行カードローンによる過剰貸付と多重債務問題。そのため銀行カードローンは大きな貸付やおまとめは現在行っておらず、消費者金融と同様に年収の3分の1程度を上限としている傾向があります。

消費者金融のカードローンは総量規制の対象

総量規制は貸金業法の法律です。

対象となるのは、「貸金業者の個人向け貸付」となっており、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠があります。

個人事業主は総量規制対象外?

総量規制は、「個人向け」の「無担保貸付」が対象です。
ただし個人事業主の場合には複雑になります。

個人事業主は、総量規制例外貸付として年収の3分の1以上の借入も一定条件をクリアできれば可能となります。

ただし総量規制の適用外というわけではありません。貸金業者からの貸し付けは3種類になります。

①総量規制内での貸し付け
事業所得の中で安定していると認められる年収の3分の1まで

②100万円超のの総量規制例外貸付
事業計画、収支計画、資金計画の書面が必要

③100万円以内の総量規制例外貸付
事業の状況、収支の状況及び資金繰りの状況を示す書面が必要

個人事業主の場合には、総量規制の例外になる貸し付けもありますが、ビジネスローンの利用が一般的です。

街金、中小消費者金融の総量規制対象外おまとめローンは審査が甘い?

おまとめローンを扱っている中小消費者金融はあります。
おまとめローン専門となるのは中央リテールが有名ですが、大手消費者金融のおまとめローンの審査に通らなかった場合にチャレンジしたいおまとめローンです。

  • 審査まで最短2時間
  • 融資まで最短1日
  • 金利10.95%~13.0%
  • 契約には来店が必須

中央リテールは東京都渋谷区の道玄坂にあり、ネット申し込みが可能ですが契約には来店が必要です。全国どこの方でも契約に来店ができれば利用可能です。

まとめ

総量規制対象外のおまとめローンを利用するときには、しっかりとした比較が必要です。

最大手のプロミスが意外にも来店が必須であったり、充実したサービスが魅力のレイクALSAが実はおまとめローンの取り扱いがなかったりと、通常のカードローンとはまったく違った内容です。

また、おまとめローンを利用中には新規申し込みやあたらな借り入れはできないためしっかりと計画を立てて考えましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 審査なしのカードローンはある?お金を借りたいときの対処法

  • 2018年1月、銀行カードローンの審査が変わる!

  • カードローンの審査落ちが不安?審査に通りやすいコツを伝授

  • おまとめローン審査に通りやすい方法はある?一本化するための選び方

  • カードローン借り換えのデメリットは?選び方から審査まで徹底解説

  • 収入証明書不要で利用できるカードローンはどこがいい?