1. お金借りるトリセツ
  2. カードローン
  3. 絶対借りれる審査が甘いカードローンはある?審査難易度ランキング!

絶対借りれる審査が甘いカードローンはある?審査難易度ランキング!

カードローン   159 Views

カードローンに申し込みをするからには審査に通らなくてはなりません。

審査が甘い消費者金融はあります。しかし審査が甘い消費者金融は利便性も悪く金利も高いもの。

審査の甘さだけに頼らず、自分が審査に受かる可能性の高いカードローンの中で最適なカードローンを探していきましょう。

カードローンの審査が甘いランキングは?

個人がお金を借りることに絞ってみてみると審査の甘いランキングはこのようになります。

中小消費者金融
1

大手消費者金融
2

銀行カードローン
3

並べてみると金利の高さと審査の甘さは比例していることがわかります。

平均的な上限金利(初めてのキャッシングで通常適用される金利)は、このようになっております。

中小消費者金融→20.0%

大手消費者金融→18.0%

銀行カードローン→14.5%

金利やサービスの充実を考えると審査の甘い消費者金融よりも審査に通る可能性があるカードローンを選ぶとよいでしょう。

審査が甘い銀行カードローンはある?

銀行カードローンは審査が甘いところはありません。

2018年1月から審査がより精密になりました。そして銀行カードローンでは銀行の審査以上に保証会社による審査が厳しいという現状があります。

銀行カードローンで審査が甘いところがなくなった理由

かねてより社会問題として取り上げられていた銀行カードローンの過剰貸し付け問題がついに動き出し2018年1月から銀行カードローンの審査が変わりました。

これまでは4つの項目が審査の軸になっていましたが、

  1. 銀行の審査
  2. 保証会社の審査
  3. 個人信用情報機関への照会
  4. 在籍確認

ここにもう一つ「警察庁へのデータベースに照会」という手続きが入ります。

これによって即日融資ができなくなりました。

警察庁への照会は詐欺などの犯罪のための利用を防ぐためとされています。

銀行カードローンの審査で重要視される4つのこと

そもそも銀行カードローンの審査では、銀行以上に保証会社による審査が厳しいとされています。

保証会社は代理で返済しなくてもよいように審査をしています。保証料をもらって銀行から保証業務を引き受けているものの、実際には融資をしていないお金です。その代位弁性を行わなくても済むように審査は慎重に行われています。

そのため、銀行カードローンの審査では次の4つのことが重要視されています。

  1. その銀行系列で返済の遅れをしたことがない
  2. 保証会社の系列で返済の遅れをしたことがない
  3. 他社からの借り入れ状況が少ない
  4. ブラックではない
銀行カードローンの審査が特段厳しいわけではありません。

20歳以上である、安定した収入がある、銀行でも消費者金融でもブラックになっていない、過去や現在の債務がホワイトであるという4つの条件がクリアできていれば銀行カードローンも難しい審査ではありません。

大手消費者金融は3つの条件がクリアできれば審査は難しくない

大手消費者金融は銀行カードローンよりは審査に優しくなります。

銀行カードローンは銀行の審査と保証会社(貸金業者)の審査があるため、すべての個人信用情報機関に照会を行っていますが、大手消費者金融には保証会社はありません。

基本的な3つの条件がクリアできていれば難しい審査ではありません。

20歳以上の成人

中小消費者金融の学生ローンであれは18歳以上で借りられるところもありますが、基本的に消費者金融は20歳以上の成人を対象としています。

年齢の上限はカードローンによってさまざまですが69歳までというのが一般的です。

消費者金融 年齢条件
プロミス 20歳以上69歳以下
アコム 20歳以上69歳以下
アイフル 20歳以上69歳以下
SMBCモビット 20歳以上69歳以下
レイクALSA 20歳以上70歳以下

パートアルバイトでもok!安定した収入

安定した収入といえば基本給のある正社員が思い浮かびますが、大手消費者金融ではパートやアルバイトでも勤続年数が半年以上であれば安定した収入として判断されています。

もちろん勤続年数が長ければ長いほど審査には有利です。返済をしていくためには勤続年数が長い(今後も収入を得られる)ことがポイントになります。

過去と現在の借金で遅れがない

個人信用情報機関に大手消費者金融が過去と現在の債務状況を照会します。

  • 他社からの借り入れがどの程度あるのか
  • 返済が遅れている借金はないか
  • 過去にブラックとなる履歴がないか

この3つを主に重要視しています。

大手消費者金融では、下記のような方は審査には通りません。

  • 他社借り入れ3社以上
  • 他社への返済遅延中
  • ブラックになっている

絶対にカードローンの審査に通らない人もいる

銀行カードローンも大手消費者金融のカードローンも、さらには中小消費者金融の審査にも通らない方がいます。絶対に審査に通らない方の理由は3つ。

収入がない無職 現在他社からの借り入れを遅延中 総量規制に達している

返済ができることが審査に通る最大にして唯一ともいえる条件です。収入がなかったり、他社からの借金の返済ができない状況であれば審査に通ることができません。

また貸金業の法律である総量規制の上限に達していれば、融資をした側の消費者金融が罰せられます。

金利が高いと審査が甘い?審査通過率をチェック!

大手消費者金融では毎月、月次データを公開しています。実はここでは審査通過率を公開しています。

審査通過率とは、申込者のうち何%が審査に通ったかを表すもの。もちろん絶対審査に通らないという属性の方も申し込みをしているためその属性の方をはずすと実際には審査通過率が上がるものと考えられます。

見方をご紹介しましょう。こちらはプロミスの月次データです。

成約率となっているところが、新規申込者のうち新規顧客数(契約をした方)の割合、つまり審査通過率です。

プロミスでは2019年4月は審査通過率が46.4%だったことがわかります。

2019年4月審査通過率
プロミス 46.4%
アコム 44.8%
アイフル 44.9%

公開されているのは大手消費者金融ですが、2011年までは消費者金融のノーローンも公開していました。そのころの審査通過率は22%です。いかに大手消費者金融の審査通過率が高いかがわかります。

審査が甘いカードローンの口コミは中小消費者金融

審査が甘い、ブラックだけど審査に通ったなどの口コミを見つけるとたいていはそこは中小消費者金融です。

なぜなら中小消費者金融は独自の審査システムを使っており、審査で重要視しているのは現在の収入状況だからです。

ブラック経験あり、他社借り入れ4社までなら中小消費者金融

中小消費者金融に実際に問い合わせて調査した結果があります。

ブラックになった経験があっても現在の収入が安定していて返済ができる状況にあれば有志を行っています。また、他社借り入れ件数も4社までは対応している中小消費者金融がほとんどです。

詳しくはこちらをご覧ください。

審査の甘さは、金利の高さやサービスの低さに通じます。今、ブラックや他社借り入れ件数が多く大手消費者金融の審査には通らないだろうという状況であれば中小消費者金融なら期待ができます。

まとめ

お金を借りるための審査は甘いほうがよいのかといえばそうではありません。自分が通る可能性の高いカードローンを探すことです。

始めてキャッシングをする方であれば過去の債務など心配する必要がないため大手消費者金融の審査に十分な可能性があります。

適切なカードローンを選び、無駄のないキャッシングにしましょう!

関連記事

  • カードローン審査で不利になる他社借入は件数か金額か遅延か検証

  • カードローンで目にする知っておきたい基本用語集

  • カードローン借り換えのデメリットは?選び方から審査まで徹底解説

  • カードローンの審査に落ちた?その原因と次の対策を解説

  • カードローンは保証会社があるかないかで金利の高さが違う理由

  • 今日中に今すぐ即日融資が可能なカードローンはどこがおすすめ?