1. お金借りるトリセツ
  2. カードローン
  3. 収入証明書不要で利用できるカードローンはどこがいい?

収入証明書不要で利用できるカードローンはどこがいい?

 2018/12/13 カードローン   166 Views

カードローンに申し込みをするときに用意しなければならないものは、本人確認書類だけではなく収入証明書類が必要になることもあります。

本人確認書類だけならすぐに用意ができても、収入を証明する書類はすぐに用意ができにくいもの。そのため収入証明書不要のカードローンは準備が少なくて済むというメリットからも選ばれています。

収入証明不要のカードローン、そして収入証明書類が必要なケースとその書類について詳しく調査しました。

おすすめ会社 金利 限度額
プロミス
プロミス
4.5%~17.8% 500万円
アコム
3.0%~18.0% 800万円
レイクALSA
4.5%~18.0% 500万円

収入証明書不要で借りれるカードローンは本当?

カードローンだけではなくお金を借りるときには絶対に必要になるのが本人確認書類です。

本人確認書類として認められている書類には以下があります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード

現在の本人確認書類は顔写真付きであることが基本です。

そのため、以前はどこのカードローンでも認められていた保険証は、本人確認書類として認められていないケースも多くなりました。

そしてもう一つ、必要な書類といえば収入証明書類です。

すべてのケースにおいて必要なわけではなく、希望額やカードローンの利用条件によって提出が求められます。

銀行カードローンで聞いた「収入証明書類が必要」な条件

銀行カードローンには総量規制がないため、独自に収入証明書類が必要なタイミングを決めています。

メガバンクは希望額が50万円を超える場合に必要になりますが、地方銀行であれば申し込み時に必要になるケースが多くなります。

表はスライドしてご覧いただけます
銀行 収入証明書類が

必要になる条件

収入証明書類
三菱UFJ銀行カードローン

バンクイック

希望額が50万円を超える 下記のうちいずれか1点

  • 源泉徴収票の写し
  • 住民税決定通知書の写し
  • 納税証明書(個人事業者の方)
  • 確定申告書の写し
三井住友銀行カードローン 希望額が50万円を超える 下記のうちいずれか1点

  • 源泉徴収票の写し
  • 税額通知書、納税証明書、所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 給与明細書の写し
オリックス銀行カードローン 希望額が50万円を超える 下記のうちいずれか1点

  • 源泉徴収票の写し
  • 住民税決定通知書の写し
  • 納税証明書(個人事業者の方)
  • 確定申告書の写し
みずほ銀行カードローン 希望額が50万円を超える 下記のうちいずれか1点

  • 源泉徴収票の写し
  • 住民税決定通知書の写し
  • 納税証明書の写し

大手消費者金融で聞いた「収入証明書類が必要」な条件

消費者金融は、各社によって収入証明書類が必要になるかどうかは違いがあります。借入額にかかわらず必要になるカードローンもあります。

しかし基本的には、総量規制に基づいた提出のタイミングに合わせているところがほとんどです。

総量規制に基づいた収入証明書類提出のタイミング
  • 希望額が50万円を超えるとき
  • 他社からの借入と希望額を合算して100万円を超えるとき

それでは大手消費者金融に確認した収入証明書類が必要なタイミングです。

表はスライドしてご覧いただけます
消費者金融 収入証明書類が

必要になる条件

収入証明書類
プロミス 希望額が50万円を超える

他社借入と合算して100万円を超える

下記のうちいずれか1点

  • 源泉徴収票の写し
  • 確定振興所の写し
  • 給与明細書の写し(直近2か月と1年分の賞与明細書)
アコム 希望額が50万円を超える

他社借入と合算して100万円を超える

下記のうちいずれか1点

  • 源泉徴収票の写し
  • 給与明細書の写し(直近1か月分)
SMBCモビット 申込時に必須 下記のうちいずれか1点

  • 源泉徴収票の写し
  • 住民税決定通知書の写し
  • 納税証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 給与明細書の写し(直近2か月分)
アイフル 希望額が50万円を超える

他社借入と合算して100万円を超える

下記のうちいずれか1点

  • 源泉徴収票の写し
  • 住民税決定通知書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 給与明細書の写し(直近2か月分)
レイクALSA 希望額が50万円を超える

他社借入と合算して100万円を超える

下記のうちいずれか1点

  • 源泉徴収票の写し
  • 住民税決定通知書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 給与明細書の写し(直近2か月分)
J.Score(ジェイスコア) 申込時に必須 下記のうちいずれか1点

  • 源泉徴収票の写し
  • 住民税決定通知書、納税通知書の写し
  • 所得証明書

収入証明書不要は嘘?不要なはずが必要になるケース

審査によっては収入証明書類が必要になるケースがあります。消費者金融でも銀行カードローンでも、収入証明書類が必要になると明記されている金額以外でも提出を求めることもあると記載されています。

それではどんな場合に、収入証明不要なはずが必要になるのでしょうか。

  • 他社からの借入件数が多い
  • 他社からの借入額が多い
  • 申込書に怪しい点がある

申込書は正確に入力する必要があります。申込者にとっては単純な間違いだったとしてもカードローン会社側では嘘と判断する可能性があります。

収入証明書不要で借りれるローンは何?

ローンにはカードローンだけではなくさまざまなローンがあります。目的に合わせたローンは収入証明書類が必要になるのかを調べました。

マイカーローンは収入証明書不要で借りれる?

マイカーローンは銀行やノンバンクで提供しているローン商品です。メガバンクのほか、地方銀行でも取り扱いがあります。

銀行・金融機関 収入証明書類が必要なタイミング
北洋銀行マイカーローン 借入額が500万円超のとき
りそな銀行 借入額が50万円超のとき
静岡銀行マイカーローン 不要
トマト銀行マイカーローン 申し込み時に必須
西日本シティ銀行マイカーローン 借入額が300万円超のとき
三井住友銀行マイカーローン 申し込み時に必須
三菱UFJ銀行ネットDEマイカーローン 借入額が200万円超のとき
住信SBIネット銀行Mr.自動車ローン 借入額が100万円超のとき
ジャックスオートローン 不要
オリコオートローンン 不要
セディナマイカーローン 申し込み時に必須

不動産担保ローンは収入証明なしで借りれる?

不動産を担保としたローンは収入証明書類の提出は必須です。

担保物件の評価額、担保力はもちろんのこと、申込者の支払い能力が大きな審査のポイントとなります。

自営業者の場合には必要書類が変わるケースもあり、確定申告をしていることは絶対条件です。

おまとめローンは収入証明不要で借りれる?

現在、銀行カードローンではおまとめを行っていません。

そのため、おまとめローンを利用するときには消費者金融のおまとめ専用ローンです。

大手消費者金融のおまとめローンはいずれも収入証明書類の提出が必須です。

即日融資も可能な収入証明書不要のカードローン5選

カードローンを利用するとき、収入証明書類不要がもっとも重要な項目かといえばそうではないでしょう。

ここでは、50万円以下の借り入れ(他社借り入れと合わせて100万円以下の借り入れ)で収入証明書類の提出が不要となるだけではなく、メリットの多いカードローンを5つご紹介します。

即日融資の成功率にこだわるなら「プロミス」

  • 初めての借り入れから30日間の無利息
  • 最短1時間融資
  • 24時間対応の振込みキャッシングあり
  • 郵送物なし、カードなしのWEB完結

最大手消費者金融のプロミスは申し込みから融資までが最短1時間とすばやく行えるだけではなく、借り入れや返済も豊富なサービスで利用しやすいカードローンです。

三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座を指定口座として登録をすると、振込みキャッシングは土日祝日でも24時間対応に変わります。

対応のネットバンキングが圧倒的に多い「アコム」

  • 契約翌日から30日間の無利息
  • 最短1時間融資
  • 24時間対応の振込みキャッシングあり

楽天銀行口座を指定すると振り込みキャッシングが24時間対応になり、返済にも対応しているネットバンキングが圧倒的に多いのがアコムの特徴です。

申し込みから融資までも最短1時間とすばやく、30日間無利息も使うと無駄がありません。

5万円までの借入なら180日間無利息の「レイクALSA」

  • 30日間無利息と180日間無利息がある
  • 提携ATM利用手数料すべて無料
  • アプリを使うとスマホ取引でセブン銀行ATMが使える

借入額全額30日間無利息か、借入額のうち5万円まで180日間無利息の2種類から無利息サービスの選択ができます。

もちろん最短即日融資が可能で、カードレスのWEB完結でもアプリを使えばセブン銀行ATMから借り入れができます。

自宅へのカードは本人限定配達の「アイフル」

  • 契約翌日から30日間無利息
  • 最短即日融資
  • カードは本人限定配達が可能

最短即日融資ができるアイフルは、カードレスキャッシングはないものの、郵送されるカードや契約書類は簡易郵便以外にも佐川急便の本人限定・時間指定配達の利用ができます。

振り込みキャッシングにも対応していますが24時間振り込みはないため、即日融資を希望する方は自動契約機(契約ルーム)の併用が安心です。

まとめ

申し込みから融資までを急いでいるとき、用意する書類が少なくて済むことは時間の短縮につながります。

カードローンには必要書類が少なくてすむものが多く、借りやすさやスピードが重視されています。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 絶対借りれる審査が甘いカードローンはある?審査難易度ランキング!

  • 審査なしのカードローンはある?お金を借りたいときの対処法

  • カードローン借り換えのデメリットは?選び方から審査まで徹底解説

  • 総量規制対象外のおすすめカードローンは?総量規制以上借りる方法

  • 2018年1月、銀行カードローンの審査が変わる!

  • カードローンの申し込みに実印は必要?