1. お金借りるトリセツ
  2. お金を借りる方法
  3. 闇金以外でお金を借りる即日融資も可能な業者は?

闇金以外でお金を借りる即日融資も可能な業者は?

 2017/12/24 お金を借りる方法   2,215 Views

「お金がない…もう闇金くらいしか借りるアテがない…」と考えている人は多いでしょう。

しかし、闇金は法外な金利で貸し付けて違法な取り立て行為を行う非正規業者で、危険極まりない存在です。

闇金以外でお金を借りるなら、即日融資も可能な中堅消費者金融がオススメです!

とにかくお金を借りたいのなら中堅消費者金融へ

中堅消費者金融の審査は甘いが合法である

もしブラックリスト入りしていたり、個人事業主で大手の消費者金融業者の審査で否決されたりしているときには、闇金ではなく中堅消費者金融に相談しましょう。

消費者金融業者はアコムやプロミス、レイクALSAなどの大手が寡占状態にあります。中小の業者は知名度が低いままの状態です。審査も甘いですがしっかりと合法の業者です。

貸金業法に従って営業している消費者金融業者は、経営の規模に関わらず金融庁の厳しい監査を受けて、貸金業務取扱主任者という有資格者がいるところばかりです。

合法な業者ですが、1つの都道府県内に本社と営業所があるというような業者です。合法の業者であっても審査基準はそれぞれに異なっており、通常は経営規模が小さくなるほど審査の基準は甘くなります。

なぜ中堅消費者金融は審査が甘いのか?

消費者金融業界は大手が新規の顧客を独占している状態です。大手と中小の知名度の差が激しいのが消費者金融です。人がお金を借りたいと思ったときに思い浮かぶのは、テレビのCMやネットの広告で良く知っている業者でしょう。そういったところのほとんどは大手です。

中堅消費者金融はそういった広告も出せないくらいに経営が圧迫されています。大手や順大手の会社が多数存在している業界なので、中小規模の消費者金融業者がこれからも営業していくためには、大手の業者では断られるような「危ないお客さん」を取り込む必要があります。

大手や準大手では貸せないと判断された人を積極的に取り入れていく姿勢を持っているのが中堅消費者金融です。たとえば借入件数が多い人、ブラックリストに入っている人などに貸付を実行することで生き残っていくという戦略が働いている考えられます。

審査のポイントは申込者自身

中小の業者の特徴は、申込者の個人属性だけでなく人柄も考慮して審査する点にあります。通常は、氏名・生年月日・電話番号・勤務先の住所と電話番号・年収などをコンピューターに入力して自動的に審査しますが、中小ではそれだけでなく来店したお客さんを見て、直接話を聞いて審査の可否を決定します。

そのため、来店して担当者と面談する必要があります。近年では中小の業者も大手並みにネット完結の審査も行っていますが、まだまだ人柄重視の姿勢は健在です。面談をしてその人の事情を聞き、真面目に返済する人かどうかを判断します。なかには「どうしてこのような状況になってしまったのか」などと説教のようなことをする業者もいます。

ある意味、ヒューマニズムにあふれているとも言えます。担当者が個人的に「この人なら返せる」と判断したら審査に通過できて借入もできます。

在籍確認は勤続年数と月収が重要

申告する情報のうち、重視されるのは勤務先と月収です。勤務先といっても、会社の規模や仕事内容よりも勤続年数を重視していきます。年収ではなく月収に注目するのは収入と支出がどのようなバランスなのか見極めるためです。

勤続年数は3年以上あると有利です。逆に3年未満であるなら前職の勤続年数も聞かれます。このとき前職も1年や2年で辞めていたら、「今の仕事もすぐに辞めてしまうかもしれない」と判断されます。

一方、5年や10年も勤続年数があるなら、会社が潰れない限りその職場で働くだろうと判断されて、審査ではかなり有利になります。

月収は最低でも手取りで20万円くらいは欲しいところです。この程度あれば、家賃や生活費を差し引いても、返済に回すお金が残ると判断されます。

どのくらい融資されるのか?

大手の消費者金融業者なら初回の契約で限度額30万円以上は可能ですし、条件によっては50万円程度の限度額の設定もされますが、中小ではそういうことはありません。どれだけ個人属性が良くても初回から50万円を融資することはありません。

正社員の場合には初回融資額は20万円から多くて30万円程度です。契約社員の場合には10万円くらいと考えましょう。中小の業者は、大手で断られるような人にお金を貸します。その分のリスクを取っているので、融資額は渋い傾向があります。

自営業者の場合には、確定申告書や銀行の通帳などを提出して、融資額も10万円程度と少額です。少額に融資で返済実績ができたら増額していきます。いきなり50万円などの高額の融資はできません。

パートやアルバイトの人の審査はかなり厳しくなります。他社での返済実績があったり、以前は大きな会社に勤めていたという事実があったりするなどの条件が付けられます。

闇金利用者には貸せない

中小の業者の利用を考えている人の多くが、借入件数が多くお金に困っています。業者のほうでも、こうした人には闇金への誘惑があることを想定しています。

信用情報に記載されている借入件数よりも申告された件数のほうが多い場合には、闇金を利用している可能性があると判断されます。闇金は正規の業者ではないので信用情報には記載されないからです。

こういった業者の利用が疑われるときには、面談のときに直接聞かれます。このとき、闇金を利用していることが分かった時点で貸せないと判断されます。そういう人は、弁護士に相談して闇金からの借入をすべて整理したうえで契約に来て欲しいと言われます。闇金に関わってしまう前に中小の業者に相談に行きましょう。

闇金に手を出してはいけない3つの理由

闇金以外でお金を借りたいという気持ちは大切です。闇金に手を出したら終わりだという判断は正しいと言えます。

お金を用意しないといけない状況なのに、どこの審査にも通過できないとき途方に暮れる気持ちになりますが、「審査なしで貸します」などとうたっている違法な業者には絶対に関わらないようにしましょう。

金利が異常に高い

闇金の特徴として挙げられるものに、異常に高い金利があります。

通常の正規業者は貸金業法という法律によって、金利は年率で20%以内に抑えられています。良く闇金が使う金利に「トイチ」というものがあります。これは「10日で1割」という意味です。10万円借入したら10日後には1万円の利息が付く計算になります。これは異常極まりない金利で、返済しても返済してもまったく元金は減りません。

トイチを年率に直すと「年率365%」です。通常の貸金業者では最高でも年率20%であることを考えると、まったく法外としか言いようがない金利であると分かるでしょう。

闇金は正規に認可された業者ではないため、まともな契約書も存在しない可能性がありますし、10万円貸すと言っておきながら実際には3万円とか1万円しか貸さずに利息だけ取り立てるということもしてきます。

違法な取り立てが実行される

闇金は金利で暴利をむさぼるだけでなく、取り立てでも違法な行為をしてきます。正規業者は貸金業法によって利用者の生活を妨げる取り立て行為は禁止されていますが、闇金は違法な存在ですので、何でもやります。

たとえば自宅にいきなりやって来て脅迫したり暴力をふるったりしますし、夜間や早朝に訪問してきます。職場、実家、友人、知人など自分以外に返済を要求するということもします。実家の親を脅されてはたまりません。借金は個人に属するもので、本人以外に返済の義務はありません。

闇金は人の弱い部分につけ込んで、それを悪用して違法に金を稼ぐ集団です。決して関わってはいけません。近年ではこういった違法な取り立て行為をしない「ソフト闇金」というのもいますが、これも正規の業者ではないため、法律で禁止された行為で取り立てを行います。

闇金には常識も法律も通用しない

闇金は元から無登録の違法貸金業者ですので、法律を遵守する考えはまったくありません。貸金業法という法律そのものを知らないことも多いと考えられます。

たとえば、広告で「絶対借りられる」「誰にでも貸します」「未成年でもOK」「ブラックでも大丈夫」などとうたっていたら100%闇金です。この広告文句はすべて違法です。

闇金は借金で困っている人のリストを手に入れてメールを送りつけたり、携帯電話に掛けてきたりします。決してそれに乗ってはいけません。

お金に困っていて、借金の返済ができないときに人は正常な判断力を失います。そこに「絶対貸します」と言われてふらふらっと従ってしまったらアウトです。気をつけましょう。

闇金は違法業者ですから、顧客の個人情報を売ることにためらいがありません。むしろ闇金を使った人という情報が闇金業者たちの間で使い回されます。

利用者の銀行口座番号も知られているので、そこに勝手に入金しておいて、法外な利息を取り立てるという「押し貸し」という被害にあうリスクもあります。1回でも闇金を利用したら、返済後も闇金につきまとわれることが多いというのは覚えておきましょう。

金融庁が公開する闇金業者の特徴とは!?

金融庁の違法な業者に関する情報をみてみると様々な罠が潜んでいることがわかります。

①株式会社を名乗っている

株式会社は法人格を有する企業であり、闇金名乗る株式会社はそもそもウソです。

②登録番号を詐称している

貸金業者として登録番号が発行されているかのように詐称しています。

  • 廃業済みの貸金業者の登録番号を使う
  • 架空の登録番号を作り出す

実際には闇金業者に登録番号が発行されることはありません。しかし「登録番号がある=正規の貸金業者である」という認識が広まっているために闇金も登録番号を悪用しています。

③勧誘手段がホームページ

闇金といえば路地裏で怪しげなビルの中にある、いつの間にかポストに投函されているダイレクトメール、チラシ、というイメージがあります。ところが勧誘手段の大半が今ではホームページからです。闇金業者のホームページは到底違法であることを創造させない立派なつくりになっており、中小消費者金融よりも上を行くほどのものです。

登録番号の意味を知る

正規の貸金業者には貸金業登録番号があります。

  • 2つ以上の都道府県にまたいで運営をする場合には内閣総理大臣(財務局)の登録
  • 1つの都道府県の区域内で営業をする場合には都道府県知事の登録

例えばプロミスは「登録番号:関東財務局長(12)第00615号」です。関東財務局長→2つ以上の都道府県で運営をするため関東の財務局の認可(12)→登録時には1から始まり3年ごとに更新をして数字が増えていくため、12×3で36年目の更新は行ったということです。

( )内の数字が多ければ多いほど長く営業をしていることになります。

事情ごとの「闇金以外からお金を借りる」手段

専業主婦や年金受給者

消費者金融業者やクレジットカードのキャッシングなどの業者での貸付は、申し込んだ人に安定した継続的な収入があることが条件となっています。そのため、専業主婦は消費者金融業者を利用することは困難です。これは年金受給者も同様で、年金は金融機関からすると安定した収入ではありません。そのため、年金受給者は消費者金融業者からの借入はできません。

ただ、専業主婦なら配偶者に収入があるときに銀行のカードローンの融資を受けられる可能性もあります。年金受給者も銀行なら貸付を実施することがあります。大手銀行ではなく地方銀行の公式ホームページを良く見てみましょう。居住地ではなく勤務地でもない地域を営業エリアとする地方銀行でも、他地域からネットを通じて申し込みから融資までできることがあります。

銀行のローンは大手の消費者金融業者ほど審査スピードに優れていませんが、申込先の銀行の普通預金口座を持っていたり、公共料金の支払い口座指定をしてたりすると審査で有利になることがあります。

無職の人

まったく職に就いていない無職の人は、正規の金融機関だけでなく闇金でさえも融資を受けるのは困難です。

とりあえずの用立てには、手持ちのものを売却することを考えましょう。今はネットオークションで様々なものを売ることができます。自分にとっては価値がないようなものでも、意外に高額で取引されていることがあります。持っている本のなかに価値のあるものが潜んでいる可能性もあります。オークションサイトや転売サイトなどを良く見てみましょう。

古本は「せどり」と呼ばれる転売によって収入を得ることが可能です。せどりは慣れれば、それだけで商売になるくらいに収入が得られる手段です。これで当座をしのいで、何かしら職に就くようにしましょう。

自営業者や水商売の人

「闇金くらいしか相手にしてもらえない」と思ってしまいがちな職業が自営業者と水商売の人です。消費者金融業者やキャッシングの審査では毎月決まった日に給料が入る会社員や公務員が断然有利です。個人事業主、水商売、SOHOワーカーなどは毎月の収入が安定していないため、審査に通過しにくい面があります。

とはいっても、収入がきちんとあって自分の返済能力を証明できれば、中小の消費者金融業者なら審査に通過できる可能性があります。良い方法は、収入証明書となるものをあらかじめ用意して、それを提出することができると消費者金融業者に申し出るやり方です。多くの業者は一定の限度額を超えたら収入証明書の提出を求めますが、その限度額以内で申し込んで収入証明書を提出してみましょう。

有効な方法と言われており、これで消費者金融業者からの借入ができることが多いです。

多重債務の人

借入件数が4件以上あり、一方で借りたお金を他方の返済にあてるようになったら、多重債務状態に陥っています。総量規制いっぱいになってしまい、もうキャッシング審査に通らない状態になっていることが多くあります。この状態の人は闇金に引っかかりやすいので注意が必要です。

この状態から借入できる方法として有効なのは「おまとめローン」「借り換えローン」と呼ばれるローン商品です。こういったタイプのローンは「利用者に一方的に有利な融資」として総量規制の対象外です。多重債務者でもおまとめローンや借り換えローンで借入先を一本化して生活を立て直すことが可能です。

銀行のカードローンは総量規制の対象外なので、それだけなら審査に通りそうですが、多重債務者への貸出は銀行としても自主的に規制していることが多くあります。身動きが取れなくなる前に対処しましょう

ブラックリストに入っている人

ブラックリストに入っている人は通常の消費者金融業者ではダメと思い込んで、闇金に手を出してしまいがちです。長期延滞のせいで強制解約にあったり、債務整理や自己破産をしてしまったりした状態では借入は困難と考えるのは当然でしょう。

ただ、こういった人でも大手ではなく中小の消費者金融業者なら借入できる可能性があります。信用情報としてはブラックでも、安定した収入があって返済能力があると判断されれば中小の業者は契約してくれることがあります。ただし、こういった中小の業者は闇金と見分けがつきにくいので注意が必要です。きちんと都道府県からの登録番号を持っている正規の業者から借りましょう。

債務に追われている人が闇金に手を出す前に考えるべきこと

こういう人はお金を借りることを考えないこと

債務に追われている人は、消費者金融業者などからお金を借りるという考えを捨てましょう。以下の項目に2つ以上該当する人は、すでに生活が破綻している可能性が高く、これ以上借りるのは止めて別の手段を採っていきましょう。

  • 金融業者から借入しているが返済能力がない人
  • 3社から4社以上の金融業者からお金を借りている人
  • 金融業者からの借入を3ヶ月以上延滞している金融事故の経験者
  • 消費者金融業者から年収の3分の1を超える借入がある人

こういった人はもうこれ以上の借金をするのは止めましょう。非常に危険な状態です。この状態になっていると、業者から借りたお金で他社の返済に回すという人が多く、もう自転車操業のような状態になっています。そのため、消費者金融業者からお金を借りても結局はその場しのぎです。

なぜ、お金を借りたいが審査が通らないのか?

多重債務者は銀行のカードローンだけでなく、アコムやアイフルといった大手の消費者金融業者、またセントラルなどの審査の甘い中小の消費者金融業者や街金の審査でも通過できません。というのも、消費者金融業者や銀行のローンの利用者の金融履歴に関する情報は信用情報として情報機関に登録され保存されているからです。

信用情報には申し込み・契約内容・借入状況・返済状況・金融事故などに関する情報がすべて記載されています。この情報は消費者金融業者を含む金融機関全体で共有されています。

たとえばクレジットカードのキャッシング枠で長期延滞などの返済トラブルを起こした場合には、事故情報として他の業者にも共有されます。そのため、多重債務者は審査に通らないのです。

こうなった場合には、闇金や審査の甘い業者からお金を借りるのではなく、法的な整理を考えましょう。多重債務や債務整理について無料で相談できる公的な場所として「法テラス」があります。ここに連絡してなるべく早い段階で借金を整理しましょう。

債務整理を考えよう

債務整理には自己破産、個人再生、任意整理の3つがあります。特定調停という手段もありますが、通常はこの3つのうちその人にあったものを適用します。

自己破産は財産を処分しても返済しきれないと判断された借金をすべて免除する処置です。個人再生は債務の一部を免除してもらったうえで、残りを分割払いしていく手続きです。任意整理はそれぞれの債権者と相談して、利息や元金を減額してもらったうえで返済していく手続きです。

弁護士に相談すると、通常はその日のうちに受託されて各業者に通知が渡ります。その時点で返済の義務から免除されて、落ち着いて借金の整理について考えることができるようになります。闇金に手を出すくらいなら、弁護士に頼って借金苦から立ち直って生活を再建しましょう。

闇金からお金を借りるよりも確実な方法

質屋に行く

闇金に手を出す前にやれることはたくさんあります。そのうちのひとつが質屋を利用することです。質屋は物を売って現金にするのではなく、持っている品物を預けて現金を受け取れるシステムです。その品物の価値の分だけのお金を借りることができます。担保として品物を提供するイメージです。

返済するときには、借入した元金に利息を足して返済する必要があります。期限内に返済できれば品物は手元に戻ってきます。返済できないときには預けた品物は質屋の所有物になります。いわゆる「質流れ」です。

質屋のメリットは、たとえ質流れになっても信用情報には一切傷がつかないという点です。質に入れる品物は確かに必要ですが、現金を手にできる方法としては手っ取り早く、利用価値はあります。どのような品物が質に入れることができるか調べてみましょう。

ネットオークションを利用する

質屋に入れるくらいなら、思い切って売却してもいいかもしれません。家にある不用品を処分してお金にします。近年ではネットオークションも進化しており、自宅にいながら手軽に処分できます。メルカリやフリルなど新しいオークションサービスも登場しています。

業界の最大手はヤフオクです。モバオクも多くの品物を取り扱えます。売れる品物は以下のようなものです。

  • 着なくなった洋服
  • 使わなくなった家電
  • クリスマスツリーなどの季節のグッズ
  • おもちゃ
  • ピアノ
  • 漫画や雑誌

古本はブックオフなら自宅まで買い取りに来てくれます。季節のグッズは時期によって需要が異なるので、人気が高い時期に出品すると高く売れます。子供の頃に遊んでいたおもちゃが、コレクターに高い価格で売れることもあります。

生活福祉貸付制度を使う

公的な支援として生活福祉貸付制度があります。多重債務者に対しても貸付を実施できるケースがあり、相談する価値はあるでしょう。低所得者世帯と認定されると手続きが開始されます。

メリットは金利が非常に安いか無料という点です。多くの貸付制度で保証人を立てれば金利は0円です。急場をしのぐ手段として利用できます。ただし、書類の作成が面倒というデメリットはあります。役所の担当の人に相談してみましょう。生活保護を受けるように指導されることもありますが、その前段階としてのセーフティネットとして覚えておきましょう。

まとめ

どんなに借金で困っていても、闇金を利用してはいけません。大きなダメージを受けます。闇金の誘惑に負けてはいけない、闇金を利用してはいけないという気持ちを大切にしましょう。お金を作る手段はたくさんあります。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 外国人が日本でお金を借りるのに必要な条件を直撃取材

  • 生命保険でお金借りるには?契約者貸付制度の賢い使い方

  • 交番で警察からお金を借りることはできる?公衆接遇弁償費の概要とは

  • レイクALSAでお金を借りる申し込みの流れから審査、使い方まで徹底解説

  • 銀行からお金を借りると低金利?利息と審査基準を検証

  • お金を借りる方法まとめ(即日、職業別、バレ、積立保険)