1. お金借りるトリセツ
  2. お金を借りる方法
  3. 18歳・19歳の未成年者でもお金を借りる方法

18歳・19歳の未成年者でもお金を借りる方法

 2017/12/24 お金を借りる方法   2,312 Views

貸金業法では、消費者金融での貸付対象を「成人に限っていない」ことはご存知でしょうか。

大手、中小消費者金融のうち、未成年への貸付を実施していない消費者金融は11社。
逆に未成年へも貸付を行っている消費者金融は10社あります。

ここでは18歳・19歳の未成年者がお金を借りる方法(学生ローン・クレジットカードのキャッシング枠・ろうきんのカードローン)について詳しく解説していきます。

消費者金融は未成年なら誰でもお金が借りられる?年齢チェック表

高校生 大学生 専門学校 就職
20歳 ×
19歳 × ×
18歳 × ×
17歳 × × × ×

○=申し込みができる
△=申し込みができるキャッシングもある
×=申し込みができない

高校生はどの年齢においてもキャッシングはできません。一方で大学生と専門学校生には△があり、同じ19歳、18歳でも就職では×になっています。また17歳ではどの条件だったとしても申し込みができません。

大手消費者金融では未成年への貸付は行っていません。基本的に大手、もしくは大手に近い中小消費者金融では、貸付対象は「20歳以上で安定した収入があること」となっています。

問題は△です。
未成年でもお金を借りられる消費者金融とはどこにあるのでしょうか。

未成年でも借りられる「学生ローン」

学生ローンとは、その名のとおり「学生を対象としたローン」です。しかし、大きく分けると2つの学生ローンがあります。

  • 20歳以上の学生を対象とした学生ローン
  • 18歳以上の学生を対象とした学生ローン
学生ローンとは消費者金融が「学生にも貸付可能」としているキャッシングを指しているのではなく「学生を対象としたローン会社」です。

【学生ローンとは?】

一般的な消費者金融カードローンは、キャッシング枠として融資限度額が決められますが、学生ローンは証書貸付といって融資額は一度に受け取る貸付方法です。それ以上が必要な場合には再度審査が必要です。

カードが発行されないため、学生ローンはカードローンではありません。

未成年でも借りられるか?学生ローン各社の年齢条件一覧

学生ローン 年齢条件
イー・キャンパス 20歳以上
アミーゴ 20歳以上
カレッヂ 20歳以上
マルイ 18歳以上
フレンド田(デン) 18歳以上
友林堂 20歳以上
キャンパス 20歳以上
学協 20歳以上
学灯社 20歳以上
ニチデン 20歳以上

正規の貸金業者である学生ローン各社の申し込み年齢です。多くの学生ローンが20歳以上となっている中、18歳から申し込みができる学生ローンは「マルイ」と「フレンド田(デン)」の2社です。

未成年でもキャッシングができるクレジットカードがある

クレジットカードは「キャッシング機能」が付帯されているものがあります。
クレジットカードを使ってATMからの借り入れができます。

未成年でもキャッシング枠の設定をすることで利用ができます。

未成年の場合、キャッシング枠は10万円以下に設定されることが一般的です。また、クレジットカードを未成年が作るためには、親権者の同意が必要です。

申込者の年齢 親の同意がない 親権者の同意がある
18歳未満 × ×
18歳以上(高校生) × ×
18歳以上(高校生ではない) ×

つまり、「高校生ではない18歳以上で親権者の同意がある未成年」がクレジットカードを作ることができます。

未成年でもキャッシング枠が利用できるクレジットカード

クレジットカード キャッシング枠 年会費 発行期間 入会資格
JCB CARD W/JCB CARD W plus L  10万円 無料 最短3営業日 18歳~39歳までの本人または配偶者に安定した収入がある方(高校生を除く)
三井住友VISAデビュープラスカード 5万円 初年度無料
2年目以降1250円
最短3営業日 18歳~25歳までの方(高校生を除く)
学生専用ライフカード 10万円 無料 最短3営業日 高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方

キャッシング枠は10万円以内と低い設定になっていますが、学生ではない未成年でも18歳以上であれば利用ができます。

働いていれば未成年でもろうきんマイプランでお金が借りられる

全国にある全国労働金庫協会(ろうきん)では働いている方を対象としたカードローン「マイプラン」があります。

【申し込み条件】

  • お住まいの地域にあるろうきんの営業区域内
  • ろうきんの定める保証機関の保証を受けられる
  • 安定した年収が150万円以上
  • 申込時の年齢が18歳以上65歳未満

※詳しくはお近くのろうきんにお問い合わせください。

ろうきんカードローンは審査が厳しく時間がかかる

審査には3週間から1ヶ月ほどがかかります。また、審査の厳しさは申し込み条件に「前年度の税込み年収が150万円以上」となっていることからもわかります。

【ろうきんカードローンの審査に通るポイント】

  • 勤続1年以上
  • 定職についている

前年度の税込み年収150万円の確認が必要になるので、勤続年数は少なくとも1年以上が必要です。アルバイト収入ではなく定職についていなくてはなりません。

未成年の学生がキャッシングしづらい理由

20歳以上であれば借入先は非常に多くの選択肢になりますが未成年では選択肢が限られます。しかし、未成年でも借りられるキャッシングがある以上法律としてダメということではありません。

それではなぜ、未成年がキャッシングできる借入先が少ないのでしょうか?

ここで未成年の法律に関する民法をみてみましょう。

民法第5条第2項(未成年者の法律行為)の条文

第5条(未成年者の法律行為)

1.未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
2.前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。
3.第1項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。

簡潔に言えば、「契約を行う際の行為能力が制限されているのが未成年者である」ということ。

法に基づいた契約書、署名捺印が明確になっている契約だったとしてもその相手が未成年であればこの法律に基づいて契約自体が取り消される可能性があります。

つまり、未成年との契約は不完全なものであるということ。

キャッシングは金銭賃借の契約です。キャッシングと気軽に呼ばれるようになりましたが借金です。消費者金融のリスク回避のために法定代理人の同意つまり保護者の同意が必要になりそうなものですが、実は学生ローンの場合には親権者の同意は不要です。

貸す側の大きなリスクを回避するためにも、未成年者への貸付を行わない金融機関が大半です。

消費者金融が未成年に貸付をしない「現存利益の返還義務」というリスク

もう一つ、貸し手側に大きなリスクがあります。それが現存利益の返還義務です。キャッシングで50万円を未成年に貸したとしましょう。借りたお金のうち40万円を使い、残っている額は10万円とします。

未成年者が法律に基づいて契約を取り消した場合、借りた額の50万円を返済するのではなく「現存利益」つまり、現在残っている額の10万円を返還することになります。

このように未成年にお金を貸すことには消費者金融にとって大きなリスクがあるのです。

まとめ

一般的なキャッシングは金利が18.0%~20.0%です。

未成年でもお金を借りる方法として「質屋」もありますが、質屋は貸金業ではないため金利の上限がまったく違い、質屋営業法に基づいて年109.5%が上限です。使い方を間違ってしまえば非常に危険な借金地獄に陥ってしまいかねません。

学生アルバイトの方は学生ローン、親権者の同意を得られる方はクレジットカード、定職についている方はろうきんカードローンなど自分の状況に合った借入先を選択しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

森本 陽子

森本 陽子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)AFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。FP森本陽子の詳細プロフィール

関連記事

  • 即日融資が可能なカードローン・キャッシングはどこがいい?

  • ニートはお金を借りることはできるのか!?

  • 過払い金請求後にお金を借りる?借りれる人借りれない人を徹底調査

  • 夜の仕事でもお金は借りれるの?ホストやキャバ嬢など水商売でもカードローンの審査に通るか?

  • 無職の人がお金を借りるための5つの裏技

  • 生命保険でお金借りるには?契約者貸付制度の賢い使い方