1. お金借りるトリセツ
  2. お金を借りる方法
  3. 専業主婦でも絶対に借りられるカードローンは?

専業主婦でも絶対に借りられるカードローンは?

 2017/12/24 お金を借りる方法   1,839 Views

専業主婦がお金を借りるのはハードルが高いと思っていませんか?

確かに安定した収入のある人と違って絶対に借りれるというわけにはいきません。でも選び方やポイントなどコツさえ分かれば専業主婦でもお金を借りることができます。

パートや在宅仕事、ハンドメイド収入など自分でお小遣い稼ぎをしている主婦はもちろん、無職の専業主婦も、どこでどうやってお金を借りたらいいのか?旦那さんの会社にばれずに借りれるか?

配偶者貸付制度や専業主婦でも絶対に借りれるおすすめのカードローンなど、専業主婦がお金借りる時に気になる様々な疑問もまとめてお答えします。

専業主婦でも借りられる銀行カードローン

専業主婦でも借りられるか、実際に直接銀行に確認をしました。メガバンク、地方銀行、ネットバンキングを対象に調査しています。

ネット銀行(2019年4月調査)

楽天銀行スーパーローン

【申込条件】

  • 満年齢20歳以上62歳以下の方
  • 日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
  • お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
  • 楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方 (※2)
    ※但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
楽天銀行スーパーローンの公式サイトはこちら

イオン銀行カードローン

【申込条件】

  • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
  • 契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方。
  • 本人または配偶者に安定かつ継続した収入の見込める方。
    ※パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方は可、学生の方は不可。

横浜銀行カードローン

【申込条件】

  • 契約時満20歳以上69歳以下の方
  • 安定した収入のある方、およびその配偶者
    (パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
  • 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方

唯一、横浜銀行で専業主婦が配偶者貸付で利用できることがわかりました。ただし全国どこからでも申し込みができるというものではありません。申し込み条件の中に以下の地域に住まいか勤務先があることが条件として挙げられていました。

神奈川県内全地域
東京都内全地域
群馬県内の以下の市
前橋市、高崎市、桐生市

横浜銀行カードローンの公式サイトはこちら

メガバンク(2019年4月調査)

1年、2年前まではまだまだあった専業主婦を対象とした配偶者貸付。しかし現在はメガバンクのカードローン公式ホームページをみても、配偶者貸付の言葉が消えました。

実際に問い合わせてみても配偶者貸付は行っていないとのこと。ネット上の古い情報に惑わされないように注意が必要です。

カードローン 専業主婦の配偶者貸付
三菱UFJ銀行カードローン ×
三井住友銀行カードローン ×
みずほ銀行カードローン ×
オリックス銀行カードローン ×
新生銀行カードローンレイク ×

地方銀行(2019年4月調査)

地方銀行も同じく古い情報が氾濫している状態です。例えば、スルガ銀行カードローン、千葉銀行カードローン、北洋銀行カードローンなどは少し前までは配偶者貸付を行っていましたが現在は取り扱っていません。

専業主婦でも借りれるキャッシング方法3つ

はじめに専業主婦でもお金を借りれる方法を3つご紹介します。同じ専業主婦でもパートなど自分の収入がある人と、無収入の専業主婦が借りる方法はそれぞれ変わります。

専業主婦でも借りれる金融

専業主婦がお金借りるならこの3つの方法のどれかです。

無職専業主婦なら銀行カードローン

無職の専業主婦でも借りれるのは基本的に銀行カードローンだけです。各銀行が扱っている無担保ローンで、ネットから申し込めて比較的低金利で借りることができます。

お金を借りるなら消費者金融も借りやすいのですが、消費者金融は貸金業法の「総量規制」というルールが適用され、借入額が年収の3/1を超えてはならないため無職の専業主婦は消費者金融では借りれないのです。

それに対し銀行法が適用される銀行カードローンは総量規制がないので借りれるのですが、近年の過剰貸付などが問題で、2018年からは以前と比べ無職だと借りにくくなっています。

収入あり専業主婦なら消費者金融

専業主婦でもパートなど自分の収入がある場合は消費者金融でも借りることができます。

消費者金融は銀行カードローンよりも金利は少し高め。大体年利18%ですが、審査が早く即日でも借入しやすく、無利息期間30日を設定しているところが多いのが消費者金融の特徴です。

銀行系より審査が甘い傾向にあります。収入が多い方が有利にはなりますが、家賃収入や在宅仕事など少しでも自分の収入があれば消費者金融で申込可能です。

ただし、消費者金融の場合は総量規制が適用されるので借入限度額は年収の1/3以下になります。

配偶者貸付をしているキャッシング・カードローンを選ぶ

クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りる方法は、専業主婦には利用できません。消費者金融と同じようにクレジットも総量規制の対象になるため、自分の収入がない専業主婦は利用できないことになっています。

しかし、配偶者貸付を利用すれば、クレジットキャッシング・消費者金融ともに夫婦の年収1/3以下の借入が可能です。

配偶者貸付制度とは
貸金業法の総量規制の例外として配偶者と合計年収の3分の1以下の金額で借入ができます。ただし、配偶者の同意書や配偶者の年収を証明する書類の提出が必要になるので、旦那さんにバレずにお金を借りることはできません。

クレジットカードのキャッシング機能の他に消費者金融でも適用されますが、配偶者貸付をしているどうかは各会社によります。

専業主婦でも借りれる銀行カードローン

銀行カードローンについて詳しく専業主婦向けに説明します。銀行法が適用されるため収入の1/3までしか借りれないという縛りがなく、無職の専業主婦にもおすすめできる借入先です。

どこに申し込めばいいのか参考になるように各社をまとめました。

カードローン 無職の専業主婦 金利
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5%
セブン銀行カードローン 14.0~15.0%
イオン銀行カードローン 3.8〜13.8%
じぶん銀行じぶんローン × 2.2~17.5%
みずほ銀行カードローン × 2.0~14.0%
ソニー銀行カードローン × 2.5~13.8%

専業主婦でも審査の甘い銀行カードローンは?

すべての銀行カードローンが専業主婦でも借入可能というわけではありません。大手の銀行カードローンをピックアップし、無職の専業主婦でも申し込めるか各社に電話で問い合わせしました。

無職専業主婦でも申し込めるところでは、旦那さんに安定した収入があれば申し込めて、同意書などは必要ありません。

旦那さんの職場に在籍確認の電話をかけることも基本的にはありませんが、心配な場合は申込時に改めて確認しましょう。

専業主婦が旦那にバレないようにお金借りる4つの技

同意書の必要な配偶者貸付を利用せず、銀行カードローンや消費者金融で旦那や旦那の職場、他の家族にバレないようにお金を借りたいという専業主婦のために、ばれずに借りるポイントをまとめました。

旦那の職場に在籍確認の電話あるか確認

専業主婦が自分名義で銀行カードローンや消費者金融で借りる場合は旦那の職場に在籍確認することは基本的にありません。しかし、業者によってはケースによって旦那の職場に在籍確認を行う場合があります。あらかじめ担当者に確認し、どんな場合に在籍確認するかなど聞いておくと安心です。

来店不要スマホ完結のところで借りる

郵便物やカード、店舗まで出向く行動で家族にバレることもあり得ます。証拠が残るカードや郵便物など、避ける方法があります。銀行カードローンはカードを郵送で受け取ることが必須ですが、大手の消費者金融は申込時に来店する必要もなく、アプリで現金の入出金ができてカードを持たなくても借入できるので全てがスマホで完結できます。

延滞ハガキでばれないための返済術

当たり前ですが、借入の返済は必ず期日を守らなければなりません。返済が遅れると遅延損害金を払わなければならなかったり、普段は郵便物を送付してくることはなくても延滞したことにより延滞ハガキを送付してくるケースがあります。そのためには返済を遅らせない工夫が必要です。消費者金融では返済のお知らせメールやアプリなどがあり、返済忘れがないよう簡単にチェックできます。

DM停止で郵便止め対策

銀行カードローンは契約するとその後にダイレクトメールなどが届く場合があります。それだけでバレる可能性は低いかもしれませんが、利用明細や増額案内のハガキが届くことがありますが、対応は各社それぞれですので申込時に確認しておきましょう。

専業主婦が即日融資で借りるには

今すぐお金が必要な場合、専業主婦でも即日でお金を借りる方法はあるのか?借入方法別に説明します。

銀行カードローンで即日は無理

無職の専業主婦でも唯一申込できる銀行カードローンですが、申し込んだその日に借りることはできません。これまでの過剰融資などが問題となり、2018年に制度が変わり即日融資は不可能になりました。契約の際に警察のデータベースに照会をかけることが必須になったりと、審査に時間がかかるようになったためです。

専業主婦でも借りれる中小消費者金融

専業主婦であっても、配偶者貸付を行っている消費者金融を利用すれば、即日で借りれる可能性があります。ただし、配偶者の同意書が必要なので旦那にバレずにお金を借りることはできません。

ほとんどの消費者金融は配偶者貸付を行っていませんが、以下の中小消費者金融ではやっています。

レディースフタバ

女性スタッフが応対してくれるレディースキャッシング

キャネット

本店は札幌、北海道で複数店舗あり、全国から申し込み可能。

あまり聞き馴染みがないかもしれませんが全て正規の間違いない中小の消費者金融です。配偶者貸付で借りたい!という方はこの中から選ぶのがおすすめです。

専業主婦はどっち選ぶ?消費者金融と銀行カードローン

結局銀行カードローンと消費者金融どっちを選べばいいのか迷いますよね。それぞれの特徴からメリットとデメリットを比較してみました。

消費者金融と銀行カードローン比較

メリット デメリット
消費者金融 無利息期間の設定あり
最短即日で借りれる
パートアルバイトでも申し込みが可能
大手ならスマホで借入返済可能
在籍確認が書類のみの大手もある
金利が高い
銀行カードローン 金利低め
無職専業主婦でも一部で申し込みが可能
審査に時間がかかる
審査が厳しい
無利息期間なし

単純に利息だけ考えた場合は銀行カードローンの方がいいのですが、それぞれのメリットとデメリットから考えるとそうは言えません。

銀行カードローンの方が心理的に借りやすいかもしれませんが、実質は銀行カードローンの保証会社が消費者金融になっていることが多いのです。

どちらがいいのか迷った場合、50~100万円など高額借入の場合は銀行カードローンが利息面でおすすめですが、数十万程度なら無利息期間によってあまり差はなくなるため審査の早い消費者金融の方が専業主婦向きです。

今すぐお金が必要な専業主婦のお助け情報

とにかく早くお金を借りたい場合、どこで借りたらいいか?注意点や他に方法はないのかなど耳より情報をまとめました。

在宅仕事でも借りれる消費者金融ニチデン(関西限定)

今すぐ借りたい、即日で借りたい場合は消費者金融が一番審査のスピードが早く最短即日で借りれます。

専業主婦は基本的に消費者金融では借りれませんが、関西限定のニチデンは主婦に人気のある在宅仕事やハンドメイド販売など、内職程度でも自分の収入があれば専業主婦でも申込可能です。

最大100日間の無利息サービスなど大手にはない魅力があり、地元では定評があります。

まとめ

  • 無職の専業主婦でも借りれるのは銀行カードローンだけ。ただし即日借入は不可能
  • パート収入があれば消費者金融で申し込める。最短即日借入が可能
  • 配偶者貸付で借りるには旦那の同意書が必要。一部の中小消費者金融で取扱い
  • 関西限定のニチデンはハンドメイド作家や内職収入の人でも申込可能

お金を借りるというと、大手じゃないと不安…と思っていませんか?大手は店舗も多く便利ですが、専業主婦には厳しい現実も。

中小の消費者金融はたくさんあってどこがいいのか迷うと思いますが、きちんとした安心の会社を選べば専業主婦の強い味方になります。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 専業主婦でも借りれるカードローン

  • 無職の人がお金を借りるための5つの裏技

  • 郵便局でお金を借りる方法とは?ゆうちょの自動貸付やJP BANKカードを解説

  • 生命保険でお金借りるには?契約者貸付制度の賢い使い方

  • 過払い金請求後にお金を借りる?借りれる人借りれない人を徹底調査

  • お金を借りる時の理由とお金を返せない時の言い訳