1. お金借りるトリセツ
  2. お金を借りる方法
  3. 銀行からお金を借りると低金利?利息と審査基準を検証

銀行からお金を借りると低金利?利息と審査基準を検証

 2017/12/24 お金を借りる方法   1,710 Views

低金利でキャッシングをしたいなら銀行カードローンがあります。

しかし、銀行カードローン以上に低金利のキャッシングができました。みずほ銀行とソフトバンクが共同出資して設立したキャッシングです。こちらも見逃せません。

それでは銀行カードローンの使い方と低金利を検証していきましょう!

銀行でお金を借りる条件は?

各銀行カードローンでお金を借りるためには4つの最低条件があります。

  • 20歳以上の年齢
  • 安定した収入
  • 保証会社による保証を受けられること
  • 銀行の審査基準を満たすこと

融資を受けた分の返済を毎月続けていくためには、融資を受けた後も毎月安定した収入が必要になります。

そして、万が一返済できない状況になったときの保証人として、保証会社があります。保証会社もまた審査を行って保証を請け負うかを判断するため銀行カードローンでは銀行と保証会社の2つの審査があります。

銀行カードローンの審査システムが変わり、警視庁のデータベースへの照会も審査に加わりました。

銀行カードローンの必要書類

申し込みに必要なものといえばやはり書類です。大きく分けると本人確認書類と収入証明書類です。

銀行カードローン 本人確認書類(いずれか1点) 収入証明書類(いずれか1点)
三菱UFJ銀行カードローン 運転免許証
健康保険証
パスポート
個人番号カード
希望額50万円超の場合
源泉徴収票
住民税決定通知書
納税証明書その1・その2
確定申告書第1表・第2表
三井住友銀行カードローン 運転免許証
個人番号カード
パスポート
住民基本台帳カ−ド
希望額50万円超の場合
年収が確認できる書類
みずほ銀行カードローン 運転免許証
運転経歴証明書
パスポート
各種健康保険証
印鑑証明書
住民票
住民基本台帳カード
在留カード
特別永住者証明書
希望額200万円超の場合
源泉徴収票
住民税決定通知書
課税証明書納税証明書(その1・その2)
オリックス銀行カードローン 運転免許証
健康保険証
個人番号カード
パスポート在留カード・特別永住者証明書
希望額50万円超の場合
年収が確認できる書類
J.Score(ジェイスコア) 運転免許証
健康保険証
パスポート
個人番号カード
在留カード
特別永住者証明書
借入額が50万円超もしくは
他社からの借り入れ合算で100万円超の場合は収入証明書類
原本とコピーの違い
アプリで送信をするときにはスマホについているカメラを使用して撮影、画像送信となりますが、郵送をする場合に原本の提出ではありません。提出した書類は戻ってきませんのでコピーの提出をします。

銀行でお金を借りるにはその銀行口座が必要になる?

銀行カードローンは銀行の商品である以上、その銀行の口座が必要になる、というのは当然のように感じられます。確かに地方銀行では銀行口座の開設が目的の一つであるためにその銀行口座を持っていることがその条件の一つになっています。しかしメガバンクは銀行口座は必須ではありません。

銀行カードローン 口座開設 口座がないとできないこと
三菱UFJ銀行カードローン 不要 自動支払(口座振替)
振込キャッシング
三井住友銀行カードローン 不要 WEB完結申込
口座振替
振込キャッシング
自動融資
みずほ銀行カードローン 必要 申し込み
オリックス銀行カードローン 不要 なし
J.Score(ジェイスコア) 不要 金利引き下げ

銀行カードローンの場合、口座開設が不要となっていてもやはり口座が無いことで利用的ないサービスが出てきます。

ATMや提携ATMを利用して借り入れや返済をすることはできるものの、便利なはずの振込みキャッシングや口座振替が利用ができないのは大きな欠点です。

そのため、申し込み時には口座開設は不要ですが、実際の利用には口座が無ければ利便性が低くなります。

本人名義の銀行口座
家族名義の銀行口座などではなく必ず本人名義の口座が必要です。

J.Score(ジェイスコア)は特定の口座は必要ありませんが、カードレスキャッシングのため振込みキャッシングや口座引き落としでの返済のために口座が必要になります。

銀行でお金を借りると本当に低金利?

銀行は融資限度額に応じて適用金利が決まります。少額キャッシングの場合、上限金利が適用となりますがそれでも金利が低く設定されています。それでは実際にはどのくらいの金利の違いがあるのかを確認してみましょう。

メガバンクカードローンの金利を比較

低金利の銀行カードローン、メガバンクでも上限金利は14%台になっています。しかし、借り入れをするときには自分が利用したい金額に対して適用される金利を比較しなければなりません。金利には「下限〜上限」が表記されていますが、下限を比較するのは意味のないことです。

自分が借り入れをしたい額に対する適用金利を比較しましょう!

カードローン 金利
三井住友銀行カードローン
4.0%〜14.5%
三菱UFJ銀行カードローン
1.8%〜14.6%
みずほ銀行カードローン
3.5~14.0%
オリックス銀行カードローン
1.7~17.8%

消費者金融での利息とシミュレーションで比較

※いずれも上限金利でシミュレーションをしています。

借入額10万円
返済回数 1回 5回 10回
大手消費者金融 1,479円 4,543円 8429円
三井住友
銀行
1,191円 3,652円 6,760円
三菱UFJ
銀行
1,200円 3,677円 6,807円
みずほ
銀行
1,150円 3,524円 6,523円

 

借入額30万円
返済回数 1回 5回 10回
大手消費者金融 4,438円 25,296円 49,465円
三井住友
銀行
3,575円 20,292円 39,499円
三菱UFJ
銀行
3,600円 20,433円 39,783円
みずほ
銀行
3,452円 19,579円 38,091円

借入金額だけではなく、返済回数も利息に影響をしています。

少額キャッシングであればそれほど大きな違いではないものの、大きな金額でありなおかつ返済回数が多くなればそれだけ利息の違いははっきりとしてきます。

大きな借入額になり、返済回数が多くなるほど低金利が重要になってきます。

実は重要だった!提携ATM利用手数料無料!

大手消費者金融と同じように返済方法はメガバンクのカードローンであれば充実しています。口座引き落としのほかATMが利用できるのは大きなポイントです。

自分にとって便利な方法、なおかつ無駄な手数料を支払う必要のない方法であることがベストでしょう。

手数料無料の利用ができるところは青字で表示しています。

三井住友銀行 三菱UFJ銀行 みずほ銀行
三井住友銀行本支店ATM 三菱UFJ銀行ATM みずほ銀行ATM
イーネットATM
ローソンATM
セブン銀行ATM
イーネットATM
ローソンATM
セブン銀行ATM
イーネットATM
ローソンATM
セブン銀行ATM
ゆうちょATM 三菱UFJダイレクトの振り込み返済 ゆうちょ銀行ATM
SMBCダイレクトの振り込み返済 自動支払い(口座振替) みずほダイレクトの振り込み返済
口座振替 口座振替

J.Score(ジェイスコア)は、カードレスキャッシングのため借り入れ方法は振り込みキャッシング、返済は口座引き落としとなりますが、いずれも手数料は無料です。

銀行でお金を借りるときの審査は厳しい?

銀行カードローンも消費者金融も、審査は同じ!といえたのは少し前までのこと。現在の銀行カードローンは審査のシステムが変わりました。

2018年1月から銀行カードローンの即日融資はできない

銀行カードローンの過剰貸付が問題となり、2018年1月から審査のシステムが変わりました。

現在の銀行カードローンでは審査の項目のひとつに警視庁のデータベースへの照会も加わっており即日融資はできません。

銀行カードローンの審査がどう変わったのか、くわしくはコチラでご紹介しています。

学生や無職、専業主婦でも銀行カードローンが利用できる?

安定した収入がカードローン利用の最低条件です。

アルバイト

学生

無職 専業主婦
メガバンク × ×
大手

消費者金融

× ×
J.Score

(ジェイスコア)

× ×

アルバイトによる定期的な収入があり、20歳以上であれば学生でも利用ができます。

専業主婦はメガバンク、大手消費者金融では借り入れができません。

こちらで専業主婦が借り入れ可能なカードローンをご紹介しています。

まとめ

メガバンクのカードローンと消費者金融、違った特徴をくらべてみましょう。

メガバンク 大手消費者金融
審査時間 最短30分 最短30分
会員ページ シンプル 充実
提携ATM利用手数料 無料 有料
金利 低い 高い
おまとめ できない 専用ローンあり

そのため、これまでは、

少額キャッシングなら、金利は高いけれども利便性が高く返済しやすい大手消費者金融。大きな借り入れなら、利便性は低いけれども金利が低く利息が抑えられるメガバンク。というのが一般的でしたが、現在はJ.Score(ジェイスコア)も誕生し、低金利なら銀行カードローン一択というわけではなくなりました。

ただし即日融資や利便性の面ではJ.Score(ジェイスコア)よりも大手消費者金融のプロミス。そしておまとめをするならアイフルのおまとめ専用ローンがあります。これから借り入れをするとき、どこを選択するのかが重要になります。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 即日融資が可能なキャッシングはどこがいい?

  • ニートはお金を借りることはできるのか!?

  • バンドルカードなら年齢制限も審査もなしで2万円借りれる!

  • 会社の上司や先輩からお金を借りる方法と生じるリスク

  • 専業主婦でも借りれるカードローン

  • 海外留学するお金がない時の対処法とは?留学資金のお金を借りる方法