1. お金借りるトリセツ
  2. 消費者金融
  3. プロミス
  4. プロミスの審査時間と結果が遅いときの対策

プロミスの審査時間と結果が遅いときの対策

 2021/03/27 プロミス   69 Views

大手の消費者金融プロミスは「審査時間は最短30分」というのが売り物のひとつです。

ネットで申し込んで30分で借入できるなら、いつ申し込んでもすぐに借りられて良さそうに思えるかもしれません。

ただ、現実にはもっと時間がかかっており、1時間から2時間程度は待たされるケースもあります。
最長では「3日待たされた」という報告もあります。

審査結果がなかなか来ないときの対策も知っておきましょう。

プロミスの審査時間は実際どのくらい?

「30分」はあくまで最短

プロミス公式サイトでの審査時間は「最短30分」としていますが、これはあくまで「最短」の場合であって、実際に申し込んでから30分で借入可能になるとは限りません。
むしろ、申し込みから最終審査の結果が通知されるまで30分で済んだ、という人のほうが少ないという調査は数多くあります。

あるリサーチ会社がプロミスの会員を対象に「申し込みから最終審査の結果が出るまでにどのくらいの時間がかかりましたか」というアンケートを取ったところ、以下のような結果が出ています。

・プロミスの審査時間のアンケート結果

審査時間 全体に対する割合
30分~1時間 約20%
1時間以上~2時間 約50%
2時間以上~3時間 約14%
3時間以上 約16%

プロミスの審査にかかった時間で最も多いのは「1時間以上~2時間」となっています。
ただ、触れ込み通り1時間以内で終わる人もいます。

ただし、3時間以上かかったというケースも少なからずあり、申込方法や個々の事情もあるという推測はできますが、プロミスの審査は「必ずしも30分で終わるわけではない」ことは理解できるでしょう。

「3時間以上」が約16%を占めていますが、申し込みの翌日や翌々日になってやっと回答が来たというケースもあります。

大手他社と比較すると

カードローンを利用しようとして様々な金融機関の公式サイトを見ると、審査の時間の短さをうたっている文言はあるものの、「それほど早くはないだろう」とは誰もが思うことでしょう。

最も早く審査が完了した場合の時間を表示しているに過ぎず、実際に申し込んでみたら多少時間がかかるのは当然と思う人も多いはずです。

実際に、申し込みをした人の口コミ情報を総合的に見ても、消費者金融が公式にうたっている審査時間よりも、実際の審査は多めに時間がかかるものです。

プロミスを始めとする大手の消費者金融で実際の審査時間がどのくらいになるのか、口コミ情報をまとめると以下のようになります。

・プロミスと他社の信じ感の比較

消費者金融 最短の時間 実際にかかる時間
プロミス 最短15秒回答 約1時間から2時間程度
アイフル 最短30分 1時間以上
アコム 最短30分 1時間前後
SMBCモビット 10秒簡易審査 最短で即日
レイクALSA 最短15秒 Web申し込みで1時間程度

多くの業者で、最短の時間よりも実際に要する時間のほうが長めという結果になっています。

プロミスが特別遅いわけでもなく、特別早いということもありません。

どの業者にも共通することですが、審査はWeb申し込みが早めで、最初の個人情報の入力から自動契約機を使うと申し込みから融資までの時間は長くなりがちです。

最短で融資が可能なケース

プロミスの審査で最も早く融資を受けるためには、いくつかのコツがあり、まずは必ずWebで申し込むということです。

Web申し込みは、Webに入力した内容がそのままプロミスのスコアリング審査のシステムに流し込まれます。
そのため、仮審査の時間を短くすることができます。

最短で「15秒」とうたっていますが、その時間に近づけるにはWebで申し込む以外の選択肢はありません。

スピーディに審査してもらうためのポイントは以下ようになります。

・属性情報(職業、業種、収入など)や信用情報などに問題がなく、自動的な審査であるスコアリング審査の基準をクリアしている。

・所属する会社や営業所の営業時間内であって、在籍確認がスムーズにできる。

・申込情報に誤りがない。

・送信する必要書類の画像が鮮明で、改めてプロミス側から確認すべき内容がない。

・審査が混雑していない。

属性情報は申込者の職業や住居といった情報のことで、ここでつまづくと審査は長引いてしまいます。

基本的に大手の企業勤めや公務員などの評価は高めで、スコアリング審査の基準を満たしやすいですが、契約社員や派遣社員であっても審査時間にそれほど違いは出ません。
審査する側が疑問に思うようなところがないことが重要です。

もうひとつ、重要なのは「在籍確認」です。
審査で問題がなくても、在籍確認で手間取ると時間は押してしまいます。
できれば、自分が所属する会社の営業時間内に申し込みをして、在籍確認の電話を自分で取れるようにしておきましょう。

プロミスの審査時間はなぜ長い?

審査時間が長引く理由

1.審査が混雑している

プロミスに限らず、消費者金融では申し込みが短時間に集中してしまい、結果的に時間がかかってしまうことが多く発生しています。

たとえば会社の営業時間後の夕方から夜にかけての時間帯です。

ここで申し込みをすると審査が混雑して、審査が長引く傾向があります。

プロミスに問い合わせたネットユーザーによると、「平日の午後や連休前は普段よりも混雑して、審査が長引く傾向がある」という回答を得ています。

2.在籍確認が完了していない

在籍確認は審査ではどうしても外すことができない重要事項で、完了しなければプロミスの審査時間は長引きます。

在籍確認では、申込者が本当に申告した通りの職場で働いているか確認することです。

プロミスでは基本的に申込者の勤務先に電話で連絡することで在籍確認とします。
勤務先が営業時間内であることや、申込者のことを知っている人が確実に電話に出ることが重要です。

3.確認事項が多い

他社からの借入が多かったり、借入件数が多い、職業と勤続年数に見合わない年収が申告されていたりすると、プロミスとしては確認の必要に迫られるため、審査は長引きます。

プロミスは他社借入にある人に融資を行うことにあまり積極的ではありません。

他社借入があるときに新たに借入すると多重債務となって返済が困難になるため、時間をかけて審査を行うことになります。

4.申込内容の不備

良くあるケースとして、申込内容に不備があるために審査が手間取ることが挙げられます。

プロミスでは審査の担当者が申込者の返済能力を正しく判断できない限り、融資は実行できません。

そのため、申込者から提出された書類のなどを申込内容を照合して、誤りや虚偽ないかを確認します。
もし内容に不備があった場合には情報の再申告を求められることもあり、そうなると審査の時間が長引きます。

良くあるのが「数字の桁の間違い」です。

年収が500万円なのに「5000万円」などと入力してしまうというケースです。
かなり多く発生していることが報告されていますので、充分に注意しましょう。

審査結果が来ないと審査落ちしてる?

プロミスの審査に申し込んだことのある人の口コミ情報を見ると、「30分以上待ってもメールも電話も来なかった」という人がかなりいます。

なかには「2時間以上経ってからようやく連絡が来た」という人もいますし、「翌日になって電話が掛かってきた」という情報もあります。

審査結果がなかなか来ないと、「審査落ちしているのではないか」と焦ってしまいます。

おおよそ、プロミスの審査は1時間から2時間あれば結果が通知されますが、それでも、なかなか連絡が来ないケースは多く報告されています。

審査に通ったという人でも1時間以上かかることも多く、数時間待たされることも珍しくありません。

審査に時間がかかるのは、審査の混雑具合も大きく影響していますが、申込者の個人情報や信用情報に何から「引っかかるところ」があるケースが多いと言われています。

プロミスの審査基準は公表されていませんが、職種や年収との兼ね合いや信用情報で「こういう人は注意すべき」と疑問になる部分というのが、プロミス独自の基準として定められていると推測されています。

プロミスの基準で「審査に通せたとしてもギリギリである」という人は、審査の時間は長引きます。

他社からの借入がある人、返済で何かしらの問題を起こしたことがある人などは、審査は慎重になって時間は長引きます。
とはいえ、「審査結果がなかなか来ないから審査落ちしている」とは限りません。

審査状況は確認できる

プロミスの審査を受けたという体験談を見ても、「審査時間が長くて、果たして通過しているのかどうか不安だった」という報告は多数寄せられています。

なかには「翌日になってようやく連絡が来た」「翌日に個人情報について問い合わせられて質問に答えて、ようやく審査に通過という知らせが来た」というケースもあります。

プロミスは通常は審査時間は長くもなく短くもない標準的な業者ですが、ときどき審査に手間取ることがあります。

審査結果が遅いときにはプロミスコールに電話をして、審査状況を確認できます。
オペレーターから審査の進行状況を教えてもらえることもできますし、審査を優先的に前倒しして行ってもらえる可能性があります。

電話連絡は審査を早めに進めるための有効な方法とされています。

どの業者も「申込後に電話をしてもらえれば、審査を優先的にする」などの融通を利かせてくれるケースも多くあります。
審査時間を短縮するためには、申し込みフォームを送信した後にプロミスコールに連絡してみましょう。

プロミスの審査時間を短くする方法

Web完結がおすすめ

プロミスには、インターネット、自動契約機、お客さまサービスプラザ、プロミスコールの4つの申込方法があります。

インターネットを使う申込方法には「Web完結」という申し込みの仕方があります。
もし審査時間を短縮したいなら、この「Web完結」がおすすめです。

プロミスコールで申し込んだ場合、申し込みまでは電話で行い、それ以降の書類の提出や契約手続き、借入、返済などは他の方法を使う必要があります。

しかし、Web完結では申し込みから書類の提出、契約手続き、借入、返済までのすべてをWebで行うことができます。
特に、申し込みから融資までの時間はWeb完結が最短です。

Web完結を利用する場合には以下の4つの条件をクリアしている必要があります。

・インターネットで申し込みを行う。

・Web完結対応の銀行口座を保有している。

・返済方法で口座振替を選択する。

・カードレスを選択する。

Web完結なら郵送物が発生しませんし、自動契約機への来店が不要です。

スマートフォン1台あれば仕事や移動のついての審査を受けることができるので、わざわざプロミスの審査のために時間を空ける必要もありません。

もしローンカードが必要であれば、時間があるときに三井住友銀行のローン契約機やプロミスの自動契約機に行けば、すぐにプロミスカードを発行できます。

必要書類を事前に準備

プロミスの審査時間を短縮したいなら、仮審査通過のメールの後に提出する必要書類を完璧に揃えておきましょう
もし必要書類に不備があれば再提出となりますし、手元にない場合には探す時間もかかってしまいます。

プロミスの必要書類は「顔写真つきの本人確認書類」です。
たとえば運転免許証やパスポートがあれば問題ありません。

もし運転免許証やパスポートがない人は「健康保険証+住民票」など2種類の証明書の提出で対応することになります。

また、もし本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合には「直近の公共料金の領収書」や「国税や地方税の領収書」などを併せて提出することになります。忘れずに準備しておきましょう。

注意したいのは「収入証明書」です。

プロミスに審査では基本的に本人確認書類さえあれば申し込みできますが、以下の条件に当てはまるケースでは「収入証明書」の提出が求められます。

・希望している借入金額が50万円以上

・他社との借入合計が100万円以上

・職種が「個人事業主」

収入証明書は最新の源泉徴収票や最新の確定申告書、直近2ヶ月分の給与明細書+1年分の賞与証明書などになります。

また上記の3つに当てはまらない場合でも、プロミスの審査次第では提出を求められることがあるので、事前に用意しておきましょう。

在籍確認に備える

プロミスの審査時間が延びる要因のなかで、特に多いのは「在籍確認に手間がかかった」というものです。
口コミ情報でも、この部分で時間がかかったために融資までの時間が延びてしまったという報告は多くあります。

スムーズに在籍確認を取りたいのであれば、仮審査の完了メールが来た後、プロミスから職場に掛かってくる電話に自分自身が取れるように待機するのが最も確実で早い方法です。

というのも、以下のような状況だと在籍確認が取れないからです。

・申込者が席を外していたときに電話を取った人が、プロミスの思った通りの反応をしなかった。

・遅い時間帯で職場に誰もいなかった。

・土日祝日で会社自体が営業していなかった。

職場の状況は働いている本人しか分かりません。
プロミスの審査担当者は単に連絡するだけで、「どうして在籍確認が取れないのか」という理由まで考慮してくれません。

在籍確認が取れなければ時間を置いて再度連絡して、それでもダメな場合には申込者の携帯電話に連絡が来ます。

在籍確認で最も確実に自分自身が電話を取るには、申し込みの時間帯が大きく影響します。

プロミスへの申し込みを午前中にしておき、午後に会社で待機していれば、ほぼ確実に自分で電話に出ることができます。
午前中に自分のスマートフォンでプロミスに申し込みをしておくと良いでしょう。

まとめ

大手の消費者金融では、申し込みする時期や時間帯によって審査が混み合って時間がかかることがあります。

申し込みでは申込フォームで間違わないこと、在籍確認の電話を確実に自分で取ることなど、工夫して早めに審査に通過できるようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

森本 陽子

森本 陽子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)AFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。FP森本陽子の詳細プロフィール

関連記事

  • プロミスの8種類ある返済方法からお得で便利をチョイスする

  • プロミスアプリローンの注意点|審査や在籍確認・返済方法

  • プロミスで借りてるとマイカーローンの審査で不利?

  • プロミスのCMに出演している女優・俳優は誰?

  • プロミス契約申し込み時の必要書類と審査での提出方法

  • プロミスはWeb完結が便利!ネット申込み・審査完全ガイド