1. お金借りるトリセツ
  2. 消費者金融
  3. プロミス
  4. プロミスでカード発行した後の受け取り方を解説

プロミスでカード発行した後の受け取り方を解説

 2020/09/25 プロミス   86 Views

プロミスと契約して、カードを発行するケースでは、受け取り方法を知っておきましょう。

アプリローンも使いやすいですが、いざというときにカードもあったほうが便利です。

カードの受け取り方には自動契約機と郵送という2つの方法があります。
急ぎなら自動契約機で、またはWeb契約して後から申し込むという方法でも良いでしょう。

プロミスカードの受け取り方

カード発行までにかかる時間

プロミスはカードレスの契約も可能で、郵送物なしで使えるカードローンですが、なかにはカードで借入・返済したいという人もいるでしょう。

カードレスだと銀行口座に履歴が残りますが、カードで借りて返済すると、そういった履歴は残りません。
カード管理さえしっかりしていれば、最も家族バレしにくい借入方法でしょう。

カード発行までにかかる時間は、発行する方法によって変わります。
最も早いのは自動契約機でカード発行のみにしてもらう方法です。

・発行方法とカード発行までにかかる時間

発行方法 カード発行時間
自動契約機で発行のみ 10分~20分
自動契約機で書類提出・契約する場合 30分~1時間
自動契約機で申し込みから契約まで行う場合 1時間~2時間
ネット申し込みで後から郵送で受け取り 申し込み完了から3日~1週間
カードレス契約 なし

申し込みから書類提出、審査までネットで行って、後から自動契約機に行く方法の場合はカードを発行するだけですが、それ以外の手続きを自動契約機で行う場合には手間がかかる分、時間もかかります。

必要書類を持参して、最初の申し込みをするところから契約まで実行すると時間はかかります。

カード受け取りで最も時間がかかるのは、申し込みはネットで行って後から郵送してもらう方法です。
ただ、プロミスには振込キャッシングやスマホATM取引があるので、カードがなくてもすぐに借りることができます。

自動契約機で発行する

プロミスカードを即日で発行したい場合には、自動契約機まで行ってカードを受け取りましょう。

振込キャッシングが利用できないときや、スマホATM取引で借りるのが難しいという場合には、自動契約機での受け取り方法が便利です。

プロミスの自動契約機は駅前や幹線道路沿いなど全国に設置されており、便利に使うことができます。

ネットからの申し込みが完了している人は「現在申込手続き中」というボタンをタッチしてカードを発行します。
カードの受け取りには本人確認書類が必要なので注意しましょう。

画面下の読み取り機に運転免許証などを提示して、本人確認が取れればカードが発行されます。

スムーズにいけば10分程度で済むでしょう。
また、三井住友銀行のローン契約機でもカードを発行することができるので、申し込みの際に確認しておきましょう。

郵送で受け取る

申し込みはネットで行って、後から郵送でカードを受け取るという方法もあります。

当座は振込キャッシングで借りて、カードが来たらそれを利用するというやり方でも良いでしょう。早ければ申し込み完了から3日程度でカードが届きます。

このとき、郵便の差出人はプロミスではなく「事務センター」となります。
通常は、ごく普通の灰色の封筒で届きます。プロミスのカードが同封されているとは思えないほどそっけない感じの封筒です。

消費者金融業者の多くが郵便は地味な見た目のものを使います。
社名やサービス名が書かれることはなく、ダイレクトメールのようなツヤツヤで派手な封筒を使うことはありません。家族に内緒で借りたいという人に配慮しています。

延滞したときの督促状は別ですが、返済に遅れない限り、プロミスから自宅に郵送で書類が届くことはありません。

郵送受け取りでは契約書も同封される

カードを郵送で受け取るときには、契約書とともに届きます。
契約書は店頭での契約ならその場で作成し、自動契約機ではカード発行時に作成されます。

契約書として送られてくる書類の内容は、プロミスの会員ページなどでも確認できるもので、契約情報や個人情報保護、会員規約といった書類になります。
申し込みの方法によっては本人確認書類や収入証明書を返送するための封筒が入っています。

こういった書類は、基本的にはプロミスの指示に従って返送や保管をしておけば問題ありませんが、契約の内容や規約は、送付されたときに確認しておきましょう。
利用してから勘違いしていたことに気づいても、トラブルの原因となってしまいます。

基本的な事柄は申し込み前でも公式ホームページで公開されているので、確認しておきましょう。

Web完結で申し込むと郵送物はないので契約書などは送られてきません。

カードが要らない人はWeb完結で

プロミスカードが届くまでの時間が無駄だと思う人や、そもそもカードが不要という人は、振込キャッシングを利用することにしてカードレスで契約しましょう。

振込キャッシングで借りて返済も口座振替で良いというケースでは、カードがあっても使いようがありませんし、盗難されるリスクもありません。

プロミスカードが必要ないのであれば、Web完結でカードを発行しない方法を選べば自宅へのカード郵送がありません。

【Web完結の条件】

・契約方法は「Web」を選択する。

・返済方法は「口座振替」を選択する。

・「カードなし」「カード郵送希望なし」と選択する。

ただし、Web完結にしたときにはカードが発行されないのでコンビニなどのATMでの返済ができません。

随時返済をコンビニATMなどで行いたいが、カードは持ちたくないという場合にはスマホATM取引を使うようにしましょう。

カードの有効期限が過ぎた場合はどうなる?

プロミスだけでなく、一般的にキャッシングカードには「有効期限」があります。

プロミスにも「契約期間」が設定されており、契約日から5年と定まっています。
そのため、契約としては期間に定めがあり、お金を借りることができるのは契約した日から向こう5年間です。

プロミスの会員規約の第4条の「契約期間:借入期間」にも契約期間は5年とすると記載されています。
ただし、この契約期間は契約が成立してから5年間、利用者が自分で解約するか、プロミスから契約を解除されない限り、自動的に更新されます。

利用限度額の範囲内で遅延なく返済できていれば、契約はずっと継続します。
多くのクレジットカードやキャッシングカードがこういった方式の「自動更新」というシステムになっており、何かのトラブルによって強制解約にならなければ、有効期限を気にすることなく使い続けることができます。

プロミスカードの再発行方法は?

紛失したらまずプロミスへ連絡

今まで利用していたプロミスカードを紛失してしまうこともあるでしょう。
いったん完済して、また使おうとしてときに保管したカードが見つからないというケースもあります。そういった場合には、まずはプロミスコールに連絡して、カードに利用を停止してもらいましょう。

ローンカードの紛失は重大事です。
カードのチップには個人情報が蓄積されていますし、プロの手にかかれば暗証番号を割り出すのも簡単です。

もし、連絡もせずに勝手に使われてしまっても自己責任とされてしまうこともあります。
カードがないと分かった時点ですぐにプロミスコールに連絡しましょう。また、警察に紛失届を出すことも忘れないようにしましょう。

プロミスコールと警察への連絡が終われば、カードに再発行手続きをします。

【カードの再発行手続きの方法】

・プロミスコール

・自動契約機

・店頭窓口(お客様サービスプラザ)

再発行の手続きでは本人確認書類が必要になります。

プロミスコールで再発行する

プロミスコールでは紛失届や盗難などの相談は24時間受付けています。
再発行の手続きも簡単です。

プロミスコールで再発行の手続きをするとローンカードは郵送で自宅に送られてきます。
新規の発行と同様に3日から1週間ほど必要です。

時間をかなり要しますし、家族に内緒で借りている人は借金が発覚するリスクも高まりますので、そういった心配がある人は他の方法を採りましょう。

ただ、紛失届に関しては早めにプロミスコールに連絡したほうがいいでしょう。すぐに対処しないと成りすましでお金を借りられてしまいます。

クレジットカードやキャッシングカードでは、紛失の電話連絡をすると、電話を切った途端にそのカードは使用不能になります。
まずはプロミスコールに連絡して、その後は自動契約機か店頭窓口で再発行してもらうというのが現実的でしょう。

自動契約機・店頭窓口なら即日発行

カードの再発行で便利なのは、自動契約機か店頭窓口でしょう。
どちらでも即日発行ですぐに受け取ることができ、時間もかからず自宅への郵送もないので便利です。

再発行では本人確認書類が必要ですので、運転免許証かパスポートなどを持参しましょう。

注意したいのは自動契約機と店頭窓口では営業時間が異なる点です。
自動契約機は平日・土日祝日ともに午前9時から午後10時までが営業時間なので、いつでも再発行手続きが可能です。

店頭窓口は土日祝日は休みで、平日の午前10時から午後6時が営業時間です。
店舗数もあまり多くないため、通常は自動契約機で再発行が便利でしょう

再発行に必要な書類は?

カードの再発行では審査は必要ないため、収入証明書などは必要ありません。本人確認書類さえあれば大丈夫です。

【本人確認書類となるもの】

・運転免許証

・パスポート

・マイナンバーカード

・健康保険証+住民票など

現住所が記載されている書類でないと認められません。

もし、本人確認書類に記載されている住所と現住所が違っているときには、以下の書類も持参して提出する必要があります。

【現住所の証明書類】

・公共料金の領収書(電気、水道、ガス、NHK)

・国税または地方税の領収書または納税証明書

・社会保険料の領収書

・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

どの書類も発行日から6ヶ月以内に限ります。

プロミスでカード発行するときの受け取り方法は?まとめ

プロミスのカード発行では、自動契約機での受け取りが現実的でしょう。

申し込みから書類提出、審査まですべてWebで済ませておけば、自動契約機での発行では10分程度しかかかりません。

紛失による再発行では、まずはプロミスと警察に連絡しておくのを忘れないようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

森本 陽子

森本 陽子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)AFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。FP森本陽子の詳細プロフィール

関連記事

  • プロミスの増額審査内容は?増額の手順を徹底解説

  • プロミスおまとめローンの特徴と審査基準や審査落ちの理由

  • プロミスでキャッシングする方法|申し込みから融資までの流れ

  • プロミスの会員ページにログインができない時の対処法

  • プロミスの解約方法は「電話」と「店舗窓口」の2種類

  • プロミスの無利息サービスで30日間利息なしでお得に借りる