1. お金借りるトリセツ
  2. お金を借りれる場所
  3. ペットローンの利用には審査が必要!審査内容と注意ポイント

ペットローンの利用には審査が必要!審査内容と注意ポイント

 2020/11/23 お金を借りれる場所   392 Views

ペットショップに展示されているイヌやネコに10~30万円の値段がついてることは珍しくなく、簡単に現金一括払いはできません。

そこで利用できるのが「ペットローン」ですが、銀行や信販会社が定めた所定の審査を通過しないと利用できません。
審査をクリアするには、通過するためのポイントを押さえる必要があります。

今回は、ペットローンの審査内容と通過のためのポイントを解説します。

ペットローンとは

ペットローンとは、ペットを購入する代金を分割で支払うことができる制度のことです。

ペット種類や血統によって値段は大きく異なりますが、高額なものになると100万円くらいの金額がすることも珍しくありません。

そんな時、ペットローンであれば無理のない支払いが可能です。

提供元は「銀行」「信販会社」

ひとくちにペットローンといっても、大きく分けて「銀行」「信販会社」という2つの提供元があります。

銀行のペットローンは住宅ローンやマイカーローンなどと同じ、目的別ローンの一種です。

あとから紹介する信販会社と比較して、低金利で利用できるのが最大のメリットになります。
現金を直接口座に入金してもらう形で借入れするため、ペットショップ以外のブリーダーからの購入代金に使うことも可能です。

購入代金以外にも、動物病院での治療費やトリミングなどペットに関することであれば幅広く使うことができます。

一方の信販会社は、ペットショップと提携してローンを提供する企業です。銀行とペットショップを行き来することなく、その場で手続きが完了するメリットがあります。

親の同意や保証人などがあれば未成年でも申し込めるほか、最短で30分から1時間で審査が完了します。銀行と比較して審査が柔軟に行われるのも魅力です。

信販会社からペットショップにペットの購入代金が支払われるため、面倒な振込み手続きも必要ありません。

ペットにひとめぼれした、その日に連れて帰ることができます。

その代わり、銀行に比べて金利が高いのがネックです。ペットショップでペットを購入する際の支払いにしか利用できない点では柔軟性に欠けています。

1万円から分割購入が可能

ペットの購入代金は、品種によっては非常に高額になります。代表的なペットの購入代金の相場を見てみましょう。

犬の種類 価格の相場
トイプードル 10~20万円
ミニチュアダックスフント 10~20万円
チワワ 15~20万円
柴犬 5~20万円
ゴールデンレトリーバー 10~30万円

 

猫の種類 価格の相場
スコティッシュフォールド 10~20万円
アメリカンショートヘア 10~15万円
マンチカン 15~20万円
ノルウェージャン 15~50万円
ラグドール 15~40万円

これだけの金額をポンと支払うのは難しい人が多いはずです。

ペットローンであれば返済期間の設定にもよりますが、毎月1万円程度の分割で支払うことも可能になります。

ペットローンを利用するには審査の通過が必須

ペットローンは、残念ながら誰でも利用できるわけではありません。

特に銀行のペットローンは住宅ローンマイカーローンのように厳格に審査が行われます。

これは「ペット」という生き物が相手のローンであることが関係しています。

住宅ローンであれば、建てる住宅などを担保として抵当に入れることが可能です。
もしローンの返済が滞ってしまった場合、担保の住宅を競売などで売却することでローンの残債に充てることができます。

一方のペットローンは、生き物であるペットを担保にすることはできません。

銀行のペットローンはカードローンやフリーローンよりも低金利ですから、低金利でありながら無担保で融資する必要があるのです。

銀行側に貸し倒れのリスクがあるため、自然と審査は慎重になります。

ペットローンの審査基準

ペットローンの審査基準は、ほかの目的別ローンと大きくは変わりません。大きく分けて以下の2つが審査されます。

  • 収入の安定性
  • 信用情報の傷があるか

収入の安定性

ペットローンの審査では、収入の安定性が重視されます。
融資後に返済するための収入源があるかをチェックするためです。収入源がない人に融資を行うと返済できなくなる可能性があるため、審査を通過できません。

なお、この時大切になるのは年収の高さよりも「安定性」です。

年収500万円の年もあればゼロの年もあるAさんと、毎年安定して300万円をもらっているBさんではBさんのほうが評価が高いと考えられます。

ローンは毎月一定の金額を長期間にわたって返済していくのが原則です。途中で返済が止まらないように、借入金額に見合った年収を安定して得ている人が有利になります。

つまり、フリーターよりも会社員や公務員が有利です。

Aさんのような収入が不安定な人は自営業やフリーランス、フリーターなどが該当しますが、正社員より評価が下がると考えておく方が良いでしょう。

なお、正社員であっても「歩合給の割合が大きい人」は審査で不利になります。個人の業績で収入が大きく変わるため、安定性に欠けると判断される場合があるのです。

信用情報の傷があるか

収入の安定性とならんで「信用情報」の現状も重要なポイントです。

信用情報とは、過去に利用したローンなどの金融商品の利用履歴のことを指します。

「傷」とは、過去に返済を延滞して自己破産などの債務整理をした過去がある状態のことです。

そのような情報は「事故情報」などと呼ばれ、個人信用情報機関に記録されます。これが「信用情報に傷がある」「ブラックリストに載っている」と呼ばれる状態です。

金融機関が顧客からローンの申し込みを受けた場合、信用情報が記録されている機関にアクセスして信用情報を確認します。

ここで傷が発見された場合、審査を通過することができません。

ペットローンの審査は難しい

ペットローンと聞くと、何となく簡単に審査を通過できそうなイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

実際は逆で、特に銀行のペットローンは審査通過が難しいといえます。

1つは先ほど紹介した「担保を設定することができないから」が大きな理由です。

そのほか、目的別ローンらしい低金利も審査が厳しくなる原因になります。

金利が低くてもビジネスとして成立させるには、絶対に完済してくれると判断した人しか利用できなくする必要があります。そのため、自然と審査が厳しくなるのです。

フリーローンやカードローンも、もちろん厳格に審査されます。一方で金利が高めに設定されていることで、多少の延滞があったとしても利益を回収することが可能です。

このような理由で、ペットローンでは審査が厳しいと言われています。

審査に通過できない人の特徴

過去にローンの審査に落ちてしまったという人もいるかもしれません。
もちろん審査に落ちた理由はさまざまですが、場合によっては特徴が共通していることもあります。

ここでは、審査を通過できない人の共通の特徴を紹介します。

  • 収入が少ない・安定していない
  • 信用情報に傷がある
  • 他社のローンを利用し過ぎている

収入が少ない・安定していない

すでに紹介したとおり、収入が少ない・安定性がない場合は審査を通過することが難しくなります。
借入希望額が大きいほど、それに見合う収入の高さと安定性が求められるためです。

目安にする借り入れ希望額は「年収の3分の1」に設定しましょう。

消費者金融では総量規制というルールがあり、顧客に融資できる金額が年収の3分の1までと決まっています。一方の銀行は総量規制の対象外ですが、一部の銀行で総量規制に相当する独自ルールが定められることがあります。

銀行であっても、年収の3分の1までの借り入れにしておくべきでしょう。

信用情報に傷がある

過去にローンの利用で何らかの問題が発生した場合、個人信用情報機関に記録されます。
記録されている間は審査を通過できないと思っていてください。

とはいえ、いつまでも記録が消えないわけではありません。一例として「返済の遅れ」「債務整理」の記録期間は以下の通りです。

  • 返済遅延の情報=延滞の状態が解消されてから5年
  • 債務整理の情報=7年~10年
信用情報に傷がない状態に戻すためには、5~10年の長い期間が必要です。
ペットローンに限った話ではなく、住宅ローンやマイカーローンも利用できなくなります。人生設計に大きな制約が加わるため、ローンやクレジットカードのキャッシングでは絶対に返済を遅らせないようにしましょう。

なお、信用情報にかかわるのはローンやクレジットカードのキャッシングだけではありません。「スマートフォンの代金の分割払い」「支払義務がある税金」の延滞も同様に、審査落ちにつながる原因になります。

信用情報をチェックしたい時は

自分の信用情報に傷がないかをチェックしたい場合、信用情報機関で情報を開示できます。日本における信用情報機関は以下の3つの機関です。

  • 株式会社シー・アイ・シー
  • 日本信用情報機構
  • 全国銀行個人信用情報センター
各機関のホームぺージから情報の開示の手続きができます。

他社のローンを利用し過ぎている

ほかのローンを借りすぎている場合、審査に通過できない可能性が出てきます。

理由は、借りすぎているほど「年収の3分の1」など銀行が独自に定めた基準をオーバーする可能性があるためです。

もう一つは「返済遅れの懸念」があることです。
すでに他のローンを借りていて返済できていない多重債務者が申し込んできても、「私たちの融資も返済できないのでは?」と疑われるのは当然でしょう。その結果、返済能力を疑問視されて審査落ちになってしまいます。

詳細な基準は金融機関ごとに異なりますが、4社以上からすでに借り入れている場合は問答無用で不合格になると思っていた方が良いでしょう。

ペットローンの審査に落ちた時は「消費者金融カードローン」

最短即日で利用可能

銀行のローンは、最短即日で利用することができません。ペットローンでもカードローンでも同じです。

一方の消費者金融のカードローンでは、最短即日での融資を受けることができます。

審査時間は最短30分とスピーディのため、夕方くらいに申し込んでも当日中に融資を受けることも可能です。

「絶対に今日中に連れて帰りたい!」という急ぎの人に、消費者金融が選ばれています。

無利息期間中に完済すれば利息は発生しない

消費者金融では、銀行のローンではほとんど扱っていない「無利息期間」のサービスが受けられます。

例えば「初回の借り入れの翌日から30日が無利息」といった具合です。

無利息期間のカウント開始日や無利息期間の長さは消費者金融によって異なりますが、無利息期間中に完済すれば、利息は一切かかりません。

短期間で完済できれば、銀行のローンよりもお得に借り入れできる可能性があります。

無利息期間の利用条件は消費者金融によって異なりますが、「初めての利用に限る」という点は共通です。

限度額まで何度でも利用可能

カードローンでは、契約時に利用限度額が設定されます。利用限度額までなら、何度でも借り入れできるのがカードローンならではの魅力です。

借入した金額を完済しなくても、追加の借り入れができます。

「追加であのグッズも買ってあげたい…」など、ペットの購入当初は何かとお金が必要です。カードローンであれば、お金が必要になった時に柔軟に対応できます。

返済の延滞はNG

ペットローンを利用する前に、遅れなく完済できるかは絶対に計算しておいてください。

もし返済が遅れた場合(61日以上)や返済が不可能になって債務整理した場合は、信用情報機関に事故情報として記録されます。

今後のローン利用が大きく制限されるため、細心の注意が必要です。

また遅れて返済した場合、「遅延損害金」を利息とは別に支払う必要があります。

遅延損害金の金額は最大で年率20%と高額であり、返済が遅れれば遅れるほど返済総額が大きくなります。

通常の利息もプラスされれば返済金額がどんどん大きくなっていくため、ますます完済が遠のいてしまいます。

ペットローンの利用には審査が必要!まとめ

今回は、ペットローンにおける審査の内容と通過のための注意点を解説しました。
ペットローンは低金利で利用できる目的別ローンでありながら担保が不要で、利用者としては嬉しい限りです。しかし、金融機関にとってはリスクですから、審査は厳しくなります。

通過のためのポイントを理解してから、申し込みを行いましょう。万が一通過できなかったときのために、次善策として「カードローン」の利用を併せて検討してください。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

森本 陽子

森本 陽子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)AFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。FP森本陽子の詳細プロフィール

関連記事

  • 18歳・19歳の未成年者でもお金を借りる方法

  • 専業主婦でも借りられるカードローンはあるの?

  • 派遣登録だけでお金借りることはできる?派遣社員がお金を借りる方法

  • 札幌でお金借りれる所は?

  • ペットローンを使って犬や猫などのペットを分割購入するオススメの方法

  • 和歌山でお金を借りるならどこがいい?