1. お金借りるトリセツ
  2. カードローン
  3. カードローンの借り方
  4. 三菱UFJ銀行カードローン バンクイックでお金を借りる方法(テレビ窓口〜借入・返済方法まで)

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックでお金を借りる方法(テレビ窓口〜借入・返済方法まで)

 2017/12/24 カードローンの借り方   2,176 Views
三菱UFJ銀行カードローンでお金借りる

バンクイックは三菱UFJ銀行が提供しているカードローンです。メガバンクが運営しているという安心感に加えて、審査がスピーディで金利が低いために高い人気があります。気になるのは審査がどの程度厳しいかということでしょう。

バンクイック

バンクイックの基本スペック

メガバンクが提供する人気のカードローン

バンクイックは三菱UFJ銀行が提供しているカードローンで、メガバンクの一角が独自に発行しているカードとして高い人気があります。CMや広告のクオリティも高く、品格を感じさせる金融商品という認知が定着しています。日本を代表する大手の銀行が運営しているという安心感と安全性に対する信頼は消費者の心をつかんでいます。

豊富な資金力を背景とした好条件の金利設定であるため、なるべく安く借りたい人や、安心して利用できるカードローンを使いたいという人におすすめできるカードローンです。ただし、銀行が発行するカードであるため、独特の審査の難しさや審査時間の長さといったデメリットはあります。

この点を許容できるなら、総量規制にも抵触しませんし、カードローンを1枚だけ持つならバンクイックと言えるほどに信頼性は高いと言えるでしょう。

金利と借入限度額

バンクイックの金利は利用限度額の設定によって変動します。最低金利は年率1.8%、最高金利は年率14.6%という設定で、利用限度額との対応は次のようになっています。

利用限度額 金利(年率)
10万円以上100万円以下 13.6%14.5%
100万円超200万円以下 10.6%13.6%
200万円超300万円以下 7.6%10.6%
300万円超400万円以下 6.1%7.6%
400万円超500万円以下 1.8%6.1%

公式で明確に最低金利が適用される利用限度額を発表しているのは良心的です。

カード名 借入限度額・最大限度額 金利
三菱UFJ銀行バンクイック 500万円 1.8%14.6%
みずほ銀行カードローン 800万円 3.0%14.0%
三井住友銀行カードローン 800万円 4.0%14.5%
りそな銀行クイックカードローン 200万円 9.0%12.475%
楽天銀行スーパーローン 800万円 1.9%14.5%
イオン銀行カードローン 800万円 3.8%13.8%
ソニー銀行カードローン 800万円 2.5%13.8%
アコム 800万円 3.0%18.0%
プロミス 500万円 4.5%17.8%
レイクALSA 500万円 4.5%18.0%

バンクイックの特徴は最低金利が1.8%となる点で、他のカードローンに比較してトップレベルです。最低金利が適用されるのは利用限度額が400万円を超える場合ですが、最低金利が低いカードローンは、同じ限度額幅のなかでの金利の引き下げに応じてもらいやすいという傾向があります。

申込条件を確認

公式ホームページに記載されている利用条件は2つです。

  • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する人で、保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられること。
  • 原則安定した収入がある人

さらに審査を受けられる最低条件として次の2点が挙げられます。

  • これまでに三菱UFJ銀行またはアコムで延滞などの金融事故を起こしていないこと
  • 信用情報がブラック状態でないこと

これだけを見ると審査に通りやすいように思えますが、実際にはいくつか注意すべき点があります。安定した収入があるといっても、勤務している・働いている実態がつかめないと審査は通りませんし、個人属性が弱い人も審査落ちすることがあります。

バンクイックでお金を借りる申込方法

バンクイックの申込で注意したいのは、三菱UFJ銀行の口座を持っていないと不便という点です。口座なしでも申込可能ですが、手続きは面倒で、審査に通過してもカードローンが使えるようになるまでに1週間程度かかってしまいます。

審査は最短で2営業日

バンクイックの申し込み方法は主に次の3つです。

  • インターネット申込
  • 電話申込
  • テレビ窓口申込

どの方法を使っても審査の基本は変わりません。また、どれを選んでも即日融資は困難で、申し込みから2営業日以上かかります。今日申し込んだら、今日と翌営業日の2日で審査が行われ、早くても融資は翌営業日以降になります。テレビ窓口を使うとカードそのものはその場で発行されますが、利用できるようになるのは翌営業日以降です。

申し込みの作業にはあまり時間は取られませんが、手続き全体は2営業日以上かかります。そのため即日融資を希望している場合には不向きと言っていいでしょう。バンクイックが審査に2営業日必要だからといって、これが遅いわけではありません。銀行のカードローンはおおよそどこでも最短で2営業日かかります。取り決められた行程があるため、どうしても時間が取られます。

テレビ窓口を使うと早い

テレビ窓口は三菱UFJ銀行の無人店舗で、全国に600以上設置されています。アコムやアイフルといった消費者金融業者が設置している無人契約機のようなものです。多くは三菱UFJ銀行の店内のATMコーナーの一角にあります。

利用にあたっては運転免許証が必要ですので注意しましょう。他の本人確認書類では通用しません。

個室になっていて、利用者のプライバシーは守られています。このテレビ窓口に行って、そこから申し込みをして審査を受けます。メールまたは電話で審査結果の連絡が来ます。審査に通過したら、テレビ窓口で契約の手続きをして必要書類を提出します。

ローンカードはその場で発行されます。ただし、これは翌営業日にならないと使用できません。銀行のカードローンは犯罪防止の目的から、ローン申込者の情報を警察庁のデータベースと照合する必要があるからです。

テレビ窓口を使うのは確かに郵送などと比較するとスピードはありますが、申し込みから審査結果が通知されるまで、狭い個室内から移動できませんし、審査落ちすればそれまでの時間はまるまる無駄になります。この点はデメリットと言えるでしょう。

最速はインターネット申込から窓口

テレビ窓口を使うにしても、申し込みから審査までの時間を個室内でやり過ごさなければならないというのは、苦痛かもしれません。そういった場合に良いのが、申し込みはインターネットで行って、審査結果の通知を受け取ってから窓口に行くという方法です。ネットに寄せられている口コミ情報によると、この方法が最も手軽で速い申し込み方法です。

とはいっても、今は多くの人がネットで申し込み手続きをしたがる時代で、時間帯によっては混み合う可能性があるので注意しましょう。一般的に、カードローンの審査は平日の午前中が審査はすいています。できればこの時間帯にネットでの申し込みだけは済ませておきましょう。この方法だと、審査落ちしたときに時間を無駄にした感じが少なくなります。

審査時間に注意

バンクイックは審査時間とテレビ窓口の営業時間が微妙にずれているので、この点でも要注意です。

曜日 審査時間 テレビ窓口の営業時間
平日 午前9時~午後9 午前9時~午後8
土曜日・祝日 午前9時~午後5 午前9時~午後6
日曜日 午前9時~午後5 午前10時~午後5

公式ホームページによると、平日の午後10時台、土日祝日の午前11時台は比較的余裕があり、平日の午後6時以降は混雑する傾向があるとされています。また、平日の午後330分から午後530分までの時間帯も余裕があります。一般的なサラリーマンの仕事タイムには混雑が緩和されるという傾向です。

ローンの申し込みは銀行の窓口でも可能です。女性の受け付け担当者のいる銀行の昔ながらの窓口です。ここは待たされる可能性が高いですし、営業時間も平日の午前9時から午後3時のみです。相談だけなら自宅の電話や携帯電話でも可能ですし、テレビ窓口には専用の備え付け電話も設置されています。誰かに訊きながら申し込みをしたいという場合には、銀行の窓口はおすすめできません。

郵送は1週間くらいかかる

バンクイックの申し込みでテレビ窓口を使うには、運転免許証が必要です。持っていない人は、申し込みしても郵送でカードが発送されるため融資までに1週間以上の時間がかかります。

また、郵送でローンカードの発送を受ける方法では、インターネットを使って契約したり書類を提出したりという方法が使えません。この点は、大手銀行のデメリットでしょう。昔ながらのスタイルを堅持しています。

郵送でカードを受け取る場合には、三菱UFJ銀行の公式ホームページで申し込みをします。審査はこの段階で実施され、在籍確認もこのタイミングで行われます。審査の結果はメールか電話で通知されます。審査に通過した場合には、FAXまたは郵送で利用申込書と必要書類を提出します。こ

この提出からカードが発送されてくるまでに1週間程度かかります。カードは受け取り次第、ATMなどで利用可能です。すべてを郵送でやり取りすることも可能ですが、その場合には申し込みからカードを手にするまでに2週間程度かかります。

必要書類は?

バンクイックの申し込みで必要な書類は次のようになっています。

  • テレビ窓口利用→運転免許証
  • 郵送でカード受け取り→運転免許証または健康保険証、マイナンバーカードから1

50万円を超える利用限度額を希望する場合には、上記の書類とともに収入証明書が必要になります。収入証明書は以下のうち1点です。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書
  • 確定申告書(第一表・第二表)

公式ホームページには「200万円以上の限度額希望で収入証明書が必要」とされていますが、実際には50万円以上の限度額から必要になります。注意しましょう。このカードローンでは50万円以上の利用限度額を最初から設定されることはあまりないため、実際には本人確認書類のみで契約が可能です。

バンクイックの特徴は、運転免許証の比重が高いという点です。これは三菱UFJ銀行全体に通用することで、運転免許証は本人確認書類として最も強いものとされている傾向があります。

勤務先への電話連絡による在籍確認が実施される

カードローンの申し込みで厄介なのが在籍確認です。ローン担当者が申込者の職場へ直接電話で連絡して、申込者の勤務実態があるかどうかを確認します。これを嫌がる人も多いため、消費者金融業者のなかには会社の健康保険証の提示で在籍確認とするところもありますが、バンクイックではそういった配慮は期待できません。在籍確認はよほどのことがない限り実行されます。

在籍確認はローン担当者が本名を名乗って職場に連絡することになっています。偽名を使うのは違法です。このローンの場合には、三菱UFJ銀行の名前を出してもらえます。銀行から職場に連絡が来たという体裁を保つことができ、キャッシングが発覚しにくいというメリットがあります。

銀行名で在籍確認をしてもらいたい場合には、申し込みのときに電話で相談しましょう。テレビ窓口での申し込みでは付属の専用電話で相談します。

バンクイックの審査基準は?

保証会社がアコムだからこそ厳しい?

ネット上には、「バンクイックは審査が甘い」という投稿もあれば「バンクイックは審査が厳しい」という意見も見受けられます。審査に通過できた人には甘く感じられ、否決された人には厳しく感じられるだけかもしれませんが、それ以上の理由があります。それが保証会社のアコムの存在です。

バンクイックに申し込みした人の信用情報をチェックして審査を行うのは、保証会社であるアコムです。アコムは有名な消費者金融業者で、審査のシステムが整っており、提携先である三菱UFJ銀行が依頼しているという格好です。消費者金融業者が審査するから「審査が甘いだろう」という噂につながっています。

しかし、実際にはアコムが審査しているからこそ、審査は厳しいものになっています。審査が甘いということは、何か重要な見落としがあったり、審査の段階でずさんな面があるということです。アコムが審査しているとはいえ、メガバンクの三菱UFJ銀行のローンです。もし利用者の返済に問題があったとき、アコムの責任が問われることになってしまいます。アコムとしても会社の信頼を落とすわけにはいかないでしょう。

三菱UFJ銀行としては、消費者金融業者として長年蓄積された審査ノウハウを発揮して、より細かく審査をしてもらいたいと考えるのは当然です。そのため、アコムで審査されるよりも、バンクイックの審査のほうが厳しくなっています。

アコムで問題があった人は自動的にアウト

保証会社のアコムは審査を行うだけでなく、利用者が返済不能になったときに保証人の代わりとなる存在です。利用者が自己破産したり債務不履行になったりしたときに、利用者に成り代わって債務を弁済するのが保証会社です。バンクイックの保証会社はアコムで、この他にも三井住友銀行はプロミス、みずほ銀行ではオリコが保証会社となっており、同様の働きをしています。

個人消費者向けのローンについて多くのノウハウが蓄積された会社に審査を委託することによって、審査のスピードアップに貢献してもらっている形です。

バンクイックの審査はアコムが実行するため、アコムの社内にネガティブな情報が残っている人は、バンクイックでも自動的に審査は否決されます。たとえば、かつてアコムを利用しており、そのときに返済できなくなって個人再生や債務整理をした人は個人信用情報機関でのネガティブ情報は5年または10年で抹消されますが、アコム社内では半永久的に「貸してはいけない人」という情報が残ります。

思い当たるふしがある人は、アコム以外が保証会社となっているローンに申し込みしたほうが良いでしょう。

実はパートやアルバイトでも大丈夫

ある大手通販サイトが、バンクイックの利用者を調査した結果が発表されています。それによると、三菱UFJ銀行バンクイックは三井住友銀行などの他の銀行のカードローンと比較して、最もパート・アルバイトの割合が高かったという結果が出ています。

バンクイックは利用者は銀行よりも消費者金融業者に近いイメージがあると考えていいでしょう。消費者金融業者では、正社員待遇ではない人にも審査を通過させます。バンクイックも、雇用形態のような社会的地位・社会的信用を重視していないと推測できます。

審査の難易度はメガバンク3行のなかでは最も低いとされており、実際に申し込みしてみると案外スムーズに融資までたどり着けることが多いとされています。アコムから保証が受けられるかどうかの一点にかかっていると言ってもいいでしょう。

年収200万円未満でも通る

バンクイックの審査は年収についても、それほど重視しない傾向があります。大手の銀行のローン利用者のうち、年収200万円の人が占める割合が最も高いのがバンクイックです。三井住友銀行では6%、みずほ銀行では12%、バンクイックでは26%の人が年収200万円未満という結果が出ています。

通販サイトのアンケートによる調査ですので鵜呑みにするのは考えものですが、バンクイックが借りやすいローンであることは間違いないでしょう。年収条件はあまり厳しくないと考えられます。それよりも金融機関で事故を起こしていないか、アコムで延滞や遅延を繰り返した過去がないかなどが重要とみられます。

一般に、銀行のローンでは年収よりも勤続年数などの安定度を重視する傾向があります。たとえ年収が低くても、それで安定している人は審査で有利です。実家暮らしで家賃の支払いがなく、アルバイトながら長年同じところで勤めているという人は多いでしょう。こういった人は審査に通る可能性が高いと言えます。

他社借入件数はあまり重視していない

バンクイックの公式ホームページにある「お試し診断」によると、他社での借入件数は3件まで利用可能となっています。他のローンでは、申し込みで自分のところが4件目にあたっている場合には自動的に融資不可になるところが多くあります。この点でも、バンクイックは寛容と言えるでしょう。

消費者金融業者は他社借入の件数を重視する傾向がありますが、銀行のローンではあまり気にしません。銀行のローンは消費者金融業者と違って、貸金業法の制限を受けないからです。そういう意味では自由な融資ができます。

バンクイックで重視されるのは返済能力です。低い年収でも安定していること、借りたお金をしっかり返済している実績があることなどが重視されます。とはいっても、すでに3件借りているときには借入総額も多い可能性があり、その場合には審査では不利になります。利用残高が少ないローンがあれば完済してから申し込みしたほうが有利です。

社会的に信用できる人が審査に通る

バンクイックで最も重視されるのは、社会的に信用できる人かどうかという点です。年収はあまり高くなくても良い傾向がありますが、逆にクレジットカードの返済の遅れや消費者金融業者での返済延滞などがあれば、大きくマイナスです。支払うべきお金を支払っていないという事実は重視されます。

これまでの金融機関の利用で、問題なく返済してきたという実績が重視されます。そのため、クレジットカードや消費者金融業者、分割払いなどをしたことがないという場合には、逆に不利となります。クレジットカードもキャッシングもまったく未経験という人は注意したほうがいいでしょう。家電の6ヶ月のローンで買ったことがあるといったもので構わないので、クレジットヒストリーはあったほうが審査では有利です。

バンクイックの審査に落ちるのはこんな人

過去に金融事故を起こした人

バンクイックの審査で最も重視されるもののひとつが、過去に金融事故を起こしていないかどうかです。この点では、三菱UFJ銀行として譲る点は一切ありません。

個人消費者の金融機関への申込・借入・返済・解約は信用情報機関に一定の期間保存されます。長期にわたる延滞や債務整理などは「異動情報」と呼ばれて、5年間保存されます。登録情報と保存期間は以下のようになっています。

保存される情報 保存期間
申込 6ヶ月
借入・返済 2年前の情報から上書き
解約 5
長期延滞 延滞解消日から5
債務整理 免責がおりた日から5
自己破産 免責がおりた日から10
強制解約 解約執行から5
代位弁済 履行日から5

これらの情報の記載がある限り、バンクイックでの審査は否決されます。

短期間で複数の申込をした人

個人情報期間では、カードローンやキャッシングの申込そのものが6ヶ月間保存されます。1件の申込をして否決された程度では問題はありませんが、たとえば1ヶ月の間に3件ものローンの申込がある人は「そんなにお金に困っているのか」と判断されます。いくら申し込みをしても審査に通らない人であると認識されます。バンクイックでも審査で不利です。

この状態を「申込ブラック」と呼び、何も返済の遅延があるわけでもないのに審査で否決されます。バンクイックに申込する前に、この6ヶ月の間にキャッシングなどの審査を受けていないか確認しておきましょう。

1件の申込で否決された場合には、一般的には1ヶ月以上待ったほうがいいと言われています。できれば6ヶ月待ってから申し込みましょう。

個人属性が良くない人

バンクイックの審査では雇用形態はあまり問いませんが、「個人属性」が弱い人は審査で不利になります。バンクイックはパートやアルバイトの人でも利用可能ですが、それでも正社員に比較すると属性が良いとは言えません。

良くない属性が複数重なれば返済能力に劣るとみなされて審査落ちします。一般的に個人属性として良くないのは以下のような項目です。

  • 勤続年数が1年未満
  • 雇用形態が非正規
  • 学生
  • 年収が100万円未満
  • 申込年齢制限に近い
  • 給与形態が固定給でない

また、信用情報にまったく問題がなくても、次のような場合には審査は否決されます。

  • 無職
  • 収入がない
  • 年齢制限に引っかかっている
  • 反社会的な団体に所属している

まとめ

バンクイックでお金を借りるには、まず審査に通過しなければなりません。消費者金融業者に比較すると若干厳しい面があります。申込は独特なスタイルで、即日融資には向いていません。金利面では魅力が高いローンですので、多少時間をかけても融資してもらう価値はあります。

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックのお申込みはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

三菱UFJ銀行カードローンでお金借りる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 三井住友銀行カードローンの審査を徹底解説

  • オリックス銀行カードローンの借り方(申込書類〜借入・返済まで)

  • セゾンファンデックスの借り方(申込〜借入・返済方法まで)

  • みずほ銀行カードローンの借り方(申込方法〜金利・返済方法まで)