1. お金借りるトリセツ
  2. 消費者金融
  3. SMBCモビット
  4. SMBCモビットの金利は高い?金利を引き下げる方法

SMBCモビットの金利は高い?金利を引き下げる方法

 2020/05/08 SMBCモビット   239 Views

SMBCモビットの金利は、消費者金融のカードローンとしてはごく平均的といえます。「SMBCモビットの金利は高い」「利息が高すぎる!」という評判を見かけて、申込を迷っている方も多いのではないでしょうか。

消費者金融のカードローンの最大のメリットは、融資までのスピードと利便性の高さです。銀行カードローンや、その他のローンと比較すると金利は高いと感じます。ですがうまく活用すれば、利息を抑え使いやすさを活かすことも難しくありません。

SMBCモビットの金利、他社消費者金融との金利の比較、金利を下げる方法はあるのか、といった点を検証してみましょう。

SMBCモビットの金利は高い?

金利が高いという口コミがあるローンに申し込むかどうかを迷うのは当たり前ですよね。しかし、本当にその金利は高いのでしょうか。SMBCモビットの金利は「実質年率3.0%~18.0%」です。

この金利は、消費者金融の金利としてはごく平均的といえます。その他の大手消費者金融の金利と比較していきます。

最低金利 最高金利 限度額
SMBCモビット 3.0% 18.0% 800万円
アコム 3.0% 18.0% 800万円
プロミス 4.5% 17.8% 500万円
アイフル 3.0% 18.0% 800万円
レイクALSA 4.5% 18.0% 500万円

プロミスの最高金利が17.8%と0.2%低いものの、ほとんどの消費者金融の最高金利は18%となっていますね。つまり、消費者金融のカードローンを利用するなら、SMBCモビットのカードローンは決して金利が高いわけではないということです。

金利には3.0%~18.0%と幅があります。カードローンに申し込むと、いきなり3.0%の利息で借りられるわけではありません。初めてカードローンを利用する方なら、ほとんどの方が18.0%となると考えて比較しましょう。

SMBCモビットの金利は銀行カードローンと比べると高い

SMBCモビットと、他の消費者金融のカードローンでは、金利に大きく違いがないことがわかりました。それでは金利が低いといわれている銀行系カードローンと比べてみます。

最低金利 最高金利 限度額
SMBCモビット 3.00% 18.00% 800万円
三井住友銀行カードローン 4.00% 14.50% 10万円~800万円
三菱UFJ銀行 1.80% 14.60% 10万円~500万円
みずほ銀行カードローン 2.00% 14.00% 800万円
楽天銀行カードローン 1.90% 14.50% 10万円~800万円
イオン銀行カードローン 3.80% 13.80% 10万円~800万円

消費者金融のカードローンでは、最高金利に大きく違いがありませんでした。しかし、銀行カードローンでは、最高金利が15.0%以下のものばかりでSMBCモビットの18.0%とは大きな違いが発生しています。

利息を比較してみましょう。それぞれ最高金利が適用、30日利用となった場合に、借入額に応じた利息を算出しています。(利用日数などによって、利息額は変化が生じることもあります)

SMBCモビット(18.0%) イオン銀行カードローン(13.8%) 三井住友銀行カードローン(14.5%)
利用額5万円 739 567円 595
利用額10万円 1,479 1,134 1,191
利用額30万円 4,438 3,402 3,575
利用額50万円 7,397 5,671 5,958

このように、利用額が低い場合はあまり違いが大きくないのですが、借入額が上がるにつれて利息の負担が大きくなってしまいます。

やはり、銀行カードローンはできるだけ低金利で利用したいときに適しています。ただし、銀行カードローンは2018年以降即日融資ができなくなっています。借入までのスピードを求める方なら、やはり消費者金融がおすすめとなります。

SMBCモビットでは、申込のタイミングに気をつければ即日融資も可能です。

SMBCモビットの金利を引き下げる方法

ここまで利用当初に適用される可能性が高い最高金利で、各カードローンを比較してきました。「最高金利よりも低い金利で借りられることはないの?」「金利はずっと下がらないの?」という点が気になった方もいるのではないでしょうか。

金利は引き下げとなることがある

SMBCモビットの金利は、利用していくうちに引き下げとなることがあります。通常カードローンでは限度額に応じた金利が適用されます。限度額が大きくなれば、金利も低くなる可能性がかなり高いのです。

低い金利で利用したいなら増額を申し込むというのも一つの方法です。

貸金業法に基づいて、上限金利は限度額100万円以上なら15.0%となります。カードローンの最高金利が18.0%でも、限度額が100万円以上なら法律を遵守しないといけないので15.0%以下に設定するしかないのです。

増額には審査あり

「じゃとりあえず限度額アップを申し込もう!」という前に、注意しないといけない点があります。まず、増額にあたって必ず審査が行われます。それまでの利用履歴、返済履歴、収入の再確認、他のローン利用などが厳密に審査されます。

また、100万円の限度額にするなら総量規制に基づいて年収は3倍必要です。つまりこの場合なら300万円以上の年収がないと増額はできません。さらに、他の貸金業者からの借入、クレジットカードのキャッシングも総量規制額に含まれるので、他の借入があればさらに年収が高くないと利用できないのです。

履歴に問題があったり、収入が極端に下がっていたりすると、増額審査は否決になります。

また、増額審査を申し込んで審査状況などによっては、利用停止や追加借入できなくなるケースもあるので注意が必要です。増額を申し込みさえすれば、すぐに金利が下がるというわけではありません。

カードローンの支払い利息を抑える方法はある!

カードローンでの支払い利息を抑える方法は、できるだけ低金利のローンを探すのは当然ですよね。ただ、低金利のものを利用したからといって支払い額(返済総額)が低くなるかというと、実は別問題です。

利息の算出方法を確認してみましょう。

借入額×金利÷365(日)×利用日数=利息

ここで注目したいのは、利用日数です。単純にいえば、利用日数が長いと支払う利息が多くなります。利用日数というのは、融資を受けてから返済するまでの期間ということです。

金利が高くても、利用日数が短いと金利が抑えられるケースもあります。SMBCモビットと、銀行カードローンで比較してみましょう。

SMBCモビット
10万円を7日間利用
10万円×0.18÷365×7=345円

イオン銀行カードローン
10万円を14日間利用
10万円×0,138÷365×14=529円

このように、利用期間が長いと支払う利息は低金利ローンでも多くなります。金利の高めのローンを利用する場合には、お金に余裕があるときに随時返済を取り入れていくと、利息を抑えられます。

まとめ

SMBCモビットの金利は、銀行カードローンと比較すると高めではあります。ですが、消費者金融ローンではごく平均的といえるでしょう。

SMBCモビットの特徴であるWEB完結申込、さらにカード申込いずれも借入までのスピード感がありますね。SMBCモビットで融資を受けるのは早く借りたいときがやはり最適といえるでしょう。

また、一時的な借入ですぐに返済できるなら、SMBCモビットのような消費者金融カードローンの金利もあまり気にする必要がなくなります。借入時に自分が優先したいことを明確にしておくと、金利以外の点でも比較して最適なものを見つけるられるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるならどこがいい?現役FPが教える【お金借りるトリセツ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるならどこがいい?現役FPが教える【お金借りるトリセツ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

森本 陽子

森本 陽子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)AFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。FP森本陽子の詳細プロフィール

関連記事

  • SMBCモビットの借り方(郵送なし・電話連絡なしのWEB完結申込)

  • SMBCモビットのおまとめローンは総量規制の範囲内でしか借りれない

  • SMBCモビットは在籍確認後、否決になることはある?

  • SMBCモビットの返済方法は「口座振替・提携ATM・銀行振込」の3種類

  • SMBCモビットの解約はコールセンターへ!完済しても自動解約とはならない

  • SMBCモビット公式スマホアプリの便利な使い方