1. お金借りるトリセツ
  2. お金に関する豆知識
  3. 貯金できる人の特徴は?低収入でも貯まる生活習慣を解説!

貯金できる人の特徴は?低収入でも貯まる生活習慣を解説!

お金に関する豆知識   30 Views
貯金できる人たちには、ある共通した特徴が見られます。
あなたにはどれだけ特徴が当てはまるでしょうか?
全く当てはまらない人は要注意。

低収入なのにしっかり貯金できる人たちはたくさんいます。
特徴を見れば、貯められる理由に納得できる部分があるはずです。

自分の生活習慣と比較して、真似できる部分を吸収すればいつの間にかあなたも「貯金できる人」に変わっていくかもしれません。

セール品&まとめ買いをしない

貯金ができる人は、セール品だからとやたらに買ったりしません。
必要以上のまとめ買いもしません。

買い物の基準は「今、それが本当に必要かどうか?」です。

セール品は実際にお得なので、必要であれば買うこともあります。
でもその前に「これが定価でも買うか?」といったん考えてから買うかどうか判断します。

まとめ買いしがちな日用品は、必要以上のストックがあると普段以上に使いすぎてしまいます。
安いものを求めて色んなお店を回れば結局買い物量も増えてしまうので、買い物はいつものお店で済ませてしまいます。

臨時収入を使わない

お祝い金や何かの還付金など、ボーナス以外の臨時収入が入ることがあります。
臨時収入がいくらであっても「何に使うか」とは考えません。

いつもの収入の範囲内でしかお金を使わないので、急に収入が増えたからと言って不要な出費はしないのです。
欲しい物があっても、臨時収入を使って買うことはしません。

家計を把握している

貯金できる人の多くが家計簿をつけています。
家計簿をつけていなくても月々の支出金額がどれぐらいで、貯蓄がどこにどれだけあるかしっかり把握しています。

家計の状況を知っているから、無理な出費をすることはありません。

お金を使う時は計画的

貯金が上手な人は、旅行に行ったり家電を買ったりなど大きな出費をする時は計画的に準備しておきます。

ポジティブな評価
旅行であれば早めに準備をしておけば、ホテルや交通費の早割などで安く予約できることが多くなります。 家電も事前にチェックしておくと安いタイミングで買うことができます。

計画的に出費するから、無駄がありません。

小さい買い物から大きい買い物まで、ライフプランにしっかり組み込まれているためお金の失敗が少なくなる特徴があります。

節約技はあまり使っていない

貯金ができる人は意外と節約技は使いこなしていません。
節約は、ストレスなくできる範囲だけで実践しています。

見直しポイントはココ
例えば保険やスマホ料金の見直しなど、固定費の見直しだけ、と節約方法が限られています。

電源の抜き差しや食品の冷凍技など、細かい節約技は自分に合わないと感じたら一切やりません。
日常生活で「節約している」と意識することはあまりないから、ストレスがたまることがありません。

支払いは全て一括払い

今すぐ支払える範囲でしか買い物をしないので、クレジットカードで分割払いをしてまで何かを買うことはありません。
支払いはいつでも一括払いです。

保険や税金もスマホの端末も、支払う必要があるものは全て一括で済ませてしまいます。
支払いを先延ばしにしないから、家計はいつもシンプルです。

借金体質とは無縁なので延滞料金や利子のようなものを支払うことはありません。

冷蔵庫が空になってから買い物に行く

食料品の買い物はいつも必要な分しか買わないから、買い物の前は冷蔵庫を空っぽにします。
いつ買ったか分からない物や、賞味期限が切れた物は冷蔵庫にありません。

食材を無駄にしてしまうこともなく、古くなりそうな物は早めに使い切る習慣があります。
間違えて冷蔵庫にあるものを買ってしまうこともないので、買い物量が少な目です。

「先読み行動」している

普段の生活の中で「今日は1日何をするのか」「何を準備しておけば後が楽になるのか」を常に考えています。
いわゆる先読み行動です。

先読み行動
これからお出かけすると決まっているなら、帰った後の夕ご飯の下ごしらえを済ませておいたり、マイボトルのお茶やおやつを用意するなど、できる限りの準備をしておきます。

外出途中のコンビニでの買い物を減らしたり、夜の外食を避けることができます。
いつも先に行動しておくから、お金だけでなく後々の手間もかかりません。

物の定位置が決まっている

貯金できる人の部屋はスッキリときれいな特徴があります。
細かい物の定位置も決まっているから何かをなくすことも少ないです。

物を最後まで大事に使うから、余分に買ってしまうことがありません。

欲しい物を、置き場所を考えずに買ってしまうことがないので物が無駄に増えません。
ひとつ買ったらひとつ捨てる、といった行動ができています。

他人の目を気にしない

子どもにいい洋服を着せなきゃとか、周りも行ってるから海外旅行に行かなきゃとか、少しでもいい車に乗らなきゃとか、そういった人の目を気にしてお金を使うことは一切ありません。

「本当に自分がそれをしたいか、欲しいのかどうか」しか考えません。

人の目ではなく、自分や家族が幸せを感じられるお金の使い方をします。
必要なお金はさほど多くなりません。

お金のことで悩まない

しっかり貯金ができているから心に余裕があって、「節約しなきゃ!」「お金なくてどうしよう!もっと働かなきゃ!」と焦ることがありません。

収入に見合った出費しかないから、低収入であってもそれほどお金に悩みません。

収入に変動がある場合でも、必要最低限の生活費で生きることができているから、必要以上に不安になることはありません。

貯金ができているからこそ、「お金にとらわれた生き方」とは無縁な傾向にあります。

【まとめ】収入に関係なく「必要な時に必要な分だけ」

貯金ができる人かどうかは、収入の多い少ないにはあまり関係がありません。
お金がある時もない時も、必要な時に必要な買い物しかしないから、貯金がいつの間にか貯まっています。
貯金できる人たちの生活習慣はいたってシンプルです。

あまり難しく考えすぎると、生活そのものがストレスになってしまいます。
ちょっとした習慣を真似して貯められる生活にシフトしていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

森本 陽子

森本 陽子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)AFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。FP森本陽子の詳細プロフィール

関連記事

  • セゾンファンデックスの借り方(申込〜借入・返済方法まで)

  • フリーローンは用途自由な銀行ローン!オススメのフリーローンとは

  • 自己破産後の生活はどうなる?次に借り入れできるのはいつ?

  • 多重債務に陥りがちな「お金を借りる人」の特徴

  • 生活保護と生命保険は両立できる?解約しなくてもいい条件とは

  • 「貯金ルーティン」のやり方って?お金がどんどん貯まる習慣