1. お金借りるトリセツ
  2. レイクALSA
  3. レイクALSAの金利は高い?お得に利用する方法教えます

レイクALSAの金利は高い?お得に利用する方法教えます

 2018/08/22 レイクALSA   283 Views

銀行カードローンレイクが、消費者金融のレイクALSAとなりました。

消費者金融に変わったことで総量規制の心配が出てきたと感じる方もいるかもしれません。2018年1月から変わった銀行審査システムで、銀行でもおまとめや借り換えなど大きな額は審査が厳しくなりました。

レイクALSAはこれまでの無利息期間など充実したサービスに加えて、すばやい審査・カードレスキャッシング、提携ATM利用手数料無料などさらにパワーアップしています。

消費者金融であるレイクALSA、金利と利息を考えて損をしない使い方をご紹介します。

無利息期間が最大の特徴!レイクALSAとは?

消費者金融になったことでより使い勝手がよくなったレイクALSAですが、人気の無利息期間は今までどおりです。

まずはレイクALSAの大きな特徴をご紹介しましょう!

  • 30日間の無利息期間と、180日間の無利息期間がある
  • 仮審査の結果がすぐにわかって最短即日融資可能!
  • 提携ATMまで利用手数料無料!
  • 郵送物無し、カード発行なしのスマホで手続きができる!
レイクALSAの金利は4.5%~18.0%となっており、低い金利ではありませんが、無利息サービスを活用したり、手数料無料のATMを利用したりと、お得な返済の仕方があります。

未来的なCMでおなじみ、カードレスもある

森山未來さんが未来的なロボットとなって出演するCMが目に留まるレイクALSA。

WEB完結があります。

WEB完結とは

レイクALSAのネット上だけで、申し込みから審査、契約、借り入れや返済まですべての手続きを完結させる方法です。

契約書も会員ページからの電磁交付となるため郵送物はありません。

カードも発行されませんが、振り込みキャッシングやWEB返済のほか、セブン銀行ATMからはアプリを使った借り入れや返済ができます。

自宅への郵送物を避けたい、家族にバレたくないという方にも人気の利用方法です。

レイクALSAの金利は高い?

金利は年率4.5%~18.0%

レイクALSAは満20歳から70歳までの安定した収入のある人を対象に、融資額1万円から500万円を限度として無担保・無保証人の融資をしています。

金利は4.5%から18.0%を実質年率として適用しています。利用者の実績などによって金利は見直しされたり、優遇金利を適用したりすると公式サイトにも記載されています。適用される金利は、契約限度額が200万円以下と200万円超で変動します。

限度額200万円以下のとき
基準残高 適用利率
1~999,999円 15.0%~18.0%
1,000,000~2,000,000円 12.0%~15.0%

100万円がひとつのターニングポイントになっています。

いったん借入残高が100万円以上に達して金利が下がれば、その後の返済によって残高が100万円未満となっても金利が上がることはありません。

限度額200万円超のとき
契約限度額 適用利率
2,000,001~3,000,000円 9.0%~15.0%
3,000,001~4,000,000円 7.0%
4,000,001~5,000,000円 4.5%

多くの業者が最低金利は示しているものの、どういった基準で適用されるのか公式では発表していません。その点、レイクALSAは良心的とも言えます。

利息の計算方法は?

レイクALSAを利用したときにかかる利息は、利用日数で計算する「日割り」という方式です。1日あたりの利息を累積して、毎月1回まとめて支払うことになっています。

利息の計算式

利用金額×年率÷365日=1日の利息

(うるう年は366日で割って1日あたりの利息を計算します)

10万円借入したとき(年率は18.0%を適用)

10万円×18%÷365日=49.3円

これに30日間を掛けると1479円となります。これが毎月の返済で支払う利息になります。

他社と比較してみよう

レイクALSAの金利がどの程度の水準なのか、他の消費者金融業者と比較すると次のようになります。

業者名 実質年率
レイクALSA 4.5%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

近年は個人消費者向けの銀行のカードローンも定着しています。レイクALSAと銀行のカードローンを比較すると次のようになります。

レイクALSAと銀行カードローン 実質年率
レイクALSA 4.5%~18.0%
住信SBIネット銀行カードローン 0.99%~14.79%
三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8%

確かに銀行のカードローンと比較すると高めの設定ですが、消費者金融業者としては標準的な金利であることが分かります。プロミスは最高金利で0.2%とわずかですが、他の業者より有利な設定になっています。

消費者金融業者は審査が柔軟でスピーディである反面、銀行よりも高い金利を設定しています。銀行は金利が低いですが、たとえばメインバンク指定であるとか、信用情報に問題が少ないといった審査のうえでの厳しさがあります。

2種類の無利息サービスは健在

レイクALSAの大きな特徴は、2種類の無利息期間サービスがあるという点です。

他の消費者金融業者も導入していますし、近年では銀行のカードローンでも導入されはじめていますが2種類のサービスを提供しているところは非常に少なく、レイクALSAは貴重な存在と言えるでしょう。

【無利息期間サービスの適用条件】
対象となる人 初めて契約した人
無利息開始日 契約日の翌日から開始(初回借入ではない)
無利息期間中の返済 あり
【2種類の無利息期間】
180日間無利息 30日間無利息
借入額 5万円まで 全額
契約額 1万円~200万円 1万円~500万円
無利息期間後の利率 12.0%~18.0% 4.5%~18.0%
【無利息期間の比較】
業者名 無利息期間
レイクALSA 30日間または180日間
プロミス 30日間
アコム 最大30日間
アイフル 最大30日間
ノーローン 1週間(何度でも利用可)

ノーローンは名称通りに無利息期間が何度でも利用可能という点が売り物の業者です。

ノーローン以外は、どこでも30日間の無利息期間がありますが、180日間と長期にわたって適用されるのはレイクALSAだけで、この点は注目すべきところです。

無利息期間サービスは銀行カードローン金利とどっちがお得?

レイクALSAの金利で注目したい無利息期間サービスですが、これがどの程度お得になるのか、消費者金融業者よりも金利が低い三菱UFJ銀行のバンクイックを例にとって比較してみましょう。10万円を借入したときの利息総額を計算すると次のようになります。

レイクALSA

(年率18.0%)

バンクイック

(年率14.6%)

1ヶ月後の利息総額 0円 1200円
2ヶ月後の利息総額 1479円 2414円
3ヶ月後の利息総額 2980円 3642円
4ヶ月後の利息総額 4503円 4885円
5ヶ月後の利息総額 6049円 6143円
6ヶ月後の利息総額 7617円 7416円

借入して最初の6ヶ月間は、バンクイックよりもレイクALSAのほうが利息が安く済みます。これ以降になると元々金利が低いバンクイックのほうが利息総額は安くなります。金利差は3.4%もありますが、追いつくには半年が必要ということになります。

消費者金融業者は「短期型」で、銀行は「長期型」の借入に向いていることが分かります。

10万円を借りたときの2つの無利息期間サービスの比較

10万円を借入して、毎月1万5000円ずつ返済したときに、「30日間全額無利息」と「5万円まで180日間無利息」の利息がどうなるのか比較してみましょう。借入日を4月1日として、毎月末日に返済した場合のシミュレーションです。

180日間5万円まで無利息サービス
返済日 返済額 当月の利息 元金充当額 借入残高
4月30日 1万5000円 739円 1万4261円 8万5739円
5月31日 1万5000円 546円 1万4454円 7万1285円
6月30日 1万5000円 314円 1万4686円 5万6599円
7月31日 1万5000円 100円 1万4900円 4万1699円
8月31日 1万5000円 0円 1万5000円 2万6699円
9月30日 1万5000円 26円 1万4974円 1万1725円
10月31日 1万1904円 179円 1万1725円 0円

支払総額:10万1904円

支払回数:7回

30日間全額無利息サービス
返済日 返済額 当月の利息 元金充当額 借入残高
4月30日 1万5000円 0円 1万5000円 8万5000円
5月31日 1万5000円 1299円 1万3701円 7万1299円
6月30日 1万5000円 1054円 1万3946円 5万7353円
7月31日 1万5000円 876円 1万4124円 4万3229円
8月31日 1万5000円 666円 1万4340円 2万8889円
9月30日 1万5000円 427円 1万4573円 1万4316円
10月31日 1万1904円 218円 1万4316円 0円

支払総額:10万4534円

支払回数:7回

比較してみると、10万円の借入のときには180日間無利息サービスのほうがお得に借りられたことになります。10万円程度の借入なら、180日間5万円まで無利息サービスを選択したほうが良いでしょう。

レイクALSAの返済シミュレーションを使ってみた

公式サイトの返済シミューレーターを使ってみよう

レイクALSAの公式サイトには、使いやすい返済シミューレーターが搭載されています。非会員でも利用でき、5万円や10万円などを借入したときに2つの無利息サービスのどちらがお得か比較できるようになっており、業界でも珍しいものになっています。

アコムやプロミスにも同じようなサービスはありますが、レイクALSAのシミューレーターは独特と言えるでしょう。結果を表示させると毎月の返済金額と総支払回数が出てきます。

ただし、このシミューレーターでは最低返済額を支払ったときの計画しか分かりません。利用者の返済の都合に合わせたものではないので注意しましょう。

5万円を借りた場合のシミュレーション結果

【返済回数1回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 0円 0円
毎月の返済額 5万円 5万円
最終返済金額 5万円 5万円
【返済回数3回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 0円 731円
毎月の返済額 1万7000円 1万7000円
最終返済金額 1万6000円 1万6731円
【返済回数6回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 0円 1770円
毎月の返済額 9000円 9000円
最終返済金額 5000円 6770円
【返済回数12回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 1097円 3834円
毎月の返済額 4500円 4800円
最終返済金額 1597円 1034円

10万円を借りた場合のシミュレーション結果

【返済回数1回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 739円 0円
毎月の返済額 10万円 10万円
最終返済金額 10万739円 10万円
【返済回数3回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 986円 1463円
毎月の返済額 3万4000円 3万4000円
最終返済金額 3万2986円 3万3463円
【返済回数6回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 1500円 3542円
毎月の返済額 1万7000円 1万8000円
最終返済金額 1万6500円 1万3542円
【返済回数12回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 4998円 7779円
毎月の返済額 9000円 9500円
最終返済金額 5998円 3279円
【返済回数24回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 1万4340円 1万7356円
毎月の返済額 4800円 5000円
最終返済金額 3940円 2356円

20万円を借りた場合のシミュレーション結果

【返済回数1回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 2219円 0円
毎月の返済額 20万円 20万円
最終返済金額 20万2219円 20万円
【返済回数3回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 3722円 2927円
毎月の返済額 6万8000円 6万8000円
最終返済金額 6万7722円 6万6927円
【返済回数6回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 6172円 7315円
毎月の返済額 3万5000円 3万5000円
最終返済金額 3万1172円 3万2315円
【返済回数12回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 1万5036円 1万5562円
毎月の返済額 1万8000円 1万9000円
最終返済金額 1万7036円 6562円
【返済回数24回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 3万2873円 3万4724円
毎月の返済額 1万円 1万円
最終返済金額 2873円 4724円

30万円を借りた場合のシミュレーション結果

【返済回数1回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 3698円 0円
毎月の返済額 30万円 30万円
最終返済金額 30万3698円 30万円
【返済回数3回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 6665円 4347円
毎月の返済額 10万3000円 10万3000円
最終返済金額 10万665円 9万8347円
【返済回数6回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 1万1256円 1万1087円
毎月の返済額 5万2000円 5万2000円
最終返済金額 5万1256円 5万1087円
【返済回数12回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 2万4043円 2万3861円
毎月の返済額 2万8000円 2万8000円
最終返済金額 1万6043円 1万5861円
【返済回数24回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 5万2314円 5万2091円
毎月の返済額 1万5000円 1万5000円
最終返済金額 7314円 7091円

50万円を借りた場合のシミュレーション結果

【返済回数1回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 6657円 0円
毎月の返済額 50万円 50万円
最終返済金額 50万6657円 50万円
【返済回数3回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 1万2641円 7276円
毎月の返済額 17万1000円 17万1000円
最終返済金額 17万641円 16万5276円
【返済回数6回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 2万1756円 1万8402円
毎月の返済額 8万7000円 8万7000円
最終返済金額 8万6756円 8万3402円
【返済回数12回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 4万4116円 4万452円
毎月の返済額 4万6000円 4万6000円
最終返済金額 3万8116円 3万4452円
【返済回数24回】
5万円まで180日無利息 30日間無利息
利息総額 9万1203円 8万6831円
毎月の返済額 2万5000円 2万5000円
最終返済金額 1万6203円 1万1831円

レイクALSAの金利を引き下げるには?

レイクALSAは100万円未満の利用限度額で金利は実質年率15.0%から18.0%、100万円以上200万円以下で12.0%から15.0%と定められています。契約当初はおおよその場合で限度額100万円まで、金利は18.0%適用されます。同じ限度額の価格帯でも3%程度の違いがあります。金利の引き下げをするにはどういったことが必要なのでしょうか。

契約金額を増額する
1

まずは単に限度額を増額することが考えられます。限度額が100万円を超えると、それまで18%で適用されていた金利はレイクALSAの規約上、必ず下がることになります。いったん下がった金利は、利用残高が減っても上がることはありません。借入残高が100万円以下でも金利15%は継続されます。

ただ、増額したいからといって、簡単にできるわけではありません。増額にも申込時同様の審査があります。金利を下げたいから契約してすぐに増額ということは困難です。どの業者でも共通していますが、まずは返済の実績を蓄積することが重要です。返済日にしっかり返済していれば、実績は必ず積み上がります。

たとえば50万円を借入して、30日間の無利息期間サービスを使いながら毎月2万5000円ずつ返済しているとき、「この人は自分の会社の返済シミューレーターを使って24回で完済しようとしている」と担当者が考える可能性があります。着実に返済を実行している計画性のある人と評価されるでしょう。50万円を借入して2万5000円ずつ返済していると24回、2年ぴったりで完済します。

こういった利用者はレイクALSAにとっては優良顧客です。まずは実績を積みましょう。

直接交渉してみる
2

実際にはレイクALSAのほうから優良顧客とみなした人に対しては、会社側から引き下げの打診が来ます。借りたお金をしっかり利息付きで毎月遅れずに返済する人は経済力もあり、計画性もある人でしょう。こういった人に対しては、有利な条件を提示して他の業者を利用しないようにしたいとレイクALSA側は考えます。

ただ、こういった信頼はすぐには生まれません。ある程度の利用期間があり、返済の実績もあると考えたら、レイクALSAに直接交渉してみましょう。会員ページに「金利引き下げのご案内」という表示があるときには、他に何かしらマイナス条件がない限り、ほとんどの場合で引き下げは可能と言われています。この表示なしで金利引き下げをするのは困難です。

ネットには、そういった表示があったのかどうか判別しがたいとはいえ、金利引き下げに応じてもらえたという報告が多数挙げられています。利用者のほうから交渉して断られても、それで信用情報に傷が付くことはありません。連絡してみる価値はあるでしょう。

引き下げ打診を待つ
3

審査に厳しいとか、金利が高いなどといった評価もされがちなレイクALSAですが、実際の利用者からは好評で、金利の引き下げの打診があったという人はたくさんいます。

消費者金融業界は銀行のカードローンが人気なことを受けて、業界全体で顧客の引き止めに真剣に取り組んでいます。銀行のカードローンは、豊富な資金力を背景に金利が低めに設定されており、優良顧客がそちらを利用しがちな流れができています。

業者としても良いお客さんには残ってほしいと考えているため、遅延なく順調に返済している実績がある利用者に金利引き下げを打診している状況があります。継続利用していること、返済の実績が充分であることが条件となりますが、有利な条件を提示されることもあります。

案内は電話で来ることもありますし、メールや会員ページで来ることもあります。会員ページは頻繁にチェックするようにしましょう。レイクALSAから打診があれば、100%ではありませんが高い確率で金利の引き下げが可能です。

随時返済でお得に返済しよう

レイクALSAに限らず、消費者金融業者を利用するときには、毎月の最低返済額にいくらかプラスして返済してみましょう。金利面では返済実績がないと有利にはなりませんが、いくらかの額をプラスするだけで利息が節約できて、返済回数も総返済額も減ります。

最低返済額プラス3000円

レイクALSAに最低返済額に3000円をプラスすることを考えてみましょう。たったの3000円でも結果はまったく違ってきます。

表はスライドしてご覧いただけます
利用額 最低返済額のみ返済した利息総額 毎月プラス3000円返済したときの利息総額 利息節約 返済期間短縮
10万円 2万6260円 1万2284円 1万2876円 15ヶ月
20万円 5万2540円 3万5290円 1万7250円 10ヶ月
30万円 7万8817円 5万9332円 1万9485円 8ヶ月
30万円の借入では最低返済額は1万2000円ですが、これを1万5000円にするだけで半年以上も返済期間を短縮できます。

最低返済額プラス5000円

表はスライドしてご覧いただけます
利用額 最低返済額のみ返済した利息総額 毎月プラス5000円返済したときの利息総額 利息節約 返済期間短縮
10万円 2万6260円 1万218円 1万6042円 19ヶ月
20万円 5万2540円 2万9099円 2万3441円 14ヶ月
30万円 7万8817円 5万1105円 2万7712円 11ヶ月
プラス5000円なら1年近く返済期間が短縮します。10万円借りたとき、最低返済額のみの返済では32ヶ月かかりますが、5000円プラスすると13ヶ月で完済になります。同じ金利でも、かなりの違いが出てきます。

最低返済額プラス1万円

表はスライドしてご覧いただけます
利用額 最低返済額のみ返済した利息総額 毎月プラス1万円返済したときの利息総額 利息節約 返済期間短縮
10万円 2万6260円 6585円 1万9675円 26ヶ月
20万円 5万2540円 2万441円 3万2099円 19ヶ月
30万円 7万8817円 3万8175円 4万642円 16ヶ月
プラス1万円で返済していくと、最低返済額だけで完済をした場合と比較して、返済期間も利息総額も半分以下になります。ただ、返済が負担ということもありますので、お金のあるときに随時返すようにするのも良いでしょう。それだけで返済はぐっと楽になります。覚えておきましょう。

まとめ

レイクALSAは消費者金融業者としては標準的な金利のレベルですが、2種類の無利息期間サービスがありますので、上手に利用してお得に借りましょう。金利の引き下げの可能性もある業者のひとつですが、随時返済をすることで総返済額を減らしていく努力もしていきましょう。

レイクALSAのお申込みはコチラ

 

関連記事

  • レイクALSAの審査は甘くなった?審査落ちを防ぐ方法

  • 口コミから分かるレイクALSAの特徴

  • レイクALSAの利用限度額の増額審査は厳しい?審査対策を徹底解説

  • レイクALSA(アルサ)の申し込みの流れから審査、使い方まで徹底解説