1. お金借りるトリセツ
  2. カードローン
  3. カードローンの申し込みに実印は必要?

カードローンの申し込みに実印は必要?

 2018/01/23 カードローン   1,037 Views

契約書といえばハンコが必要。それならお金を借りるための契約、つまり金銭賃借契約でもはんこが必要になる。

そう思うのも無理はありません。確かに個人間の金銭賃借契約などでは印鑑は欠かせませんが、今のカードローンでははんこを押すタイミングはありません。

カードローンへの申し込み、実印は必要?

お金を借りるとき、印鑑が必要になる、そのイメージはあります。
しかし現在のカードローンは申し込みにも利用中にも印鑑は必要ありません。もちろん実印も不要です。印鑑証明も用意する必要はありません。

申し込み時の必要書類は?

消費者金融も銀行カードローンも申し込みの必要書類は基本的に「運転免許証」だけです。
ただし、カードローンによっては収入証明書類が借り入れ金額にかかわらず必要になることもあります。

銀行口座の開設が必要なカードローンは?

銀行口座開設を必須としている銀行カードローンはあります。しかし、銀行口座の開設を申し込みの条件にしている消費者金融はありません。

ただし、消費者金融には特定の銀行口座を持っていると便利に活用ができるというサービスもあります。

プロミス 三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座があると24時間振り込みキャッシングとインターネット返済が利用できる
アコム 楽天銀行口座があると24時間振り込みキャッシングとインターネット返済ができる
SMBCモビット ジャパンネット銀行口座があると24時間振り込みキャッシングができる。しかし、自分で用意する口座であり消費者金融を通して開設するものではありません。

銀行カードローンでは申し込み時に口座開設が必要なケースと、利用中にあると便利というケースがあります。

三菱UFJ銀行カードローン 申し込みに口座開設は不要、返済方法に口座引き落としを利用するなら三菱東京UFJ銀行口座のみ対応
カードローンの申し込みには印鑑も実印も必要ありません。
ただし口座開設をしなければならない場合には印鑑は必要ですが実印である必要はありません。

実印は大切なもの

実印は通常の印鑑とどのような違いがあるのでしょうか。

  • 実印

法的な効力を持った印鑑
※住民登録をしている市区町村役場で印鑑登録をした印鑑が実印になります。公的な書類や保険、不動産などの契約に使います。

  • 認印

シャチハタなどでも代用できる、意思確認や商人などに使用するもの。

実印を銀行印とすることはお勧めできません。複製のリスクが伴うからです。

法的な効力を持つということは、実印と印鑑証明の二つがあれば正式な契約も行えます。誰かが自分に成りすまして契約をすることもできてしまいます。

闇金で実印を請求された!

よく見られる危険なケースです。
闇金から借りたお金には返済の義務がありません。しかし申し込み時に実印を使用してしまったとなれば不安に感じるのは当然のこと。

印鑑はいかに複雑なものであっても複製ができます。それは印鑑自体が必要なのではなく書類に押し印されたもので十分に複製ができるものです。

闇金との契約に実印を使用してしまった方は、弁護士に相談をする際にその旨も伝えましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 総量規制対象外のおすすめカードローンは?総量規制以上借りる方法

  • カードローンの審査落ちが不安?審査に通りやすいコツを伝授

  • 審査なしのカードローンはある?お金を借りたいときの対処法

  • おまとめローン審査に通りやすい方法はある?一本化するための選び方

  • カードローン借り換えのデメリットは?選び方から審査まで徹底解説

  • 収入証明書不要で利用できるカードローンはどこがいい?