1. お金借りるトリセツ
  2. 中小消費者金融
  3. 中小消費者金融でネット完結できる業者おすすめカードローン3選

中小消費者金融でネット完結できる業者おすすめカードローン3選

 2021/03/02 中小消費者金融   141 Views

消費者金融のネット完結(Web完結)を利用すると、申し込みから契約、借り入れまでを自宅にいながら終わらせられます。

店舗や無人契約機に移動する手間もかからないため、多忙な人でもカードローンを利用可能です。

大手の消費者金融では当たり前に行われているネット完結ですが、中小の消費者金融では対応している企業とそうでない企業があります。

今回は中小消費者金融の中で、ネット完結(Web完結)に対応している業者を紹介します。

ネット完結できて来店不要の中小消費者金融3選

中小の消費者金融は大手と比較しても多くの企業が存在しますが、ネット完結のしくみを導入している企業ばかりではありません。

今回はネット完結での申込が可能な業者として「セントラル」「アロー」「ライフティ」の3社を紹介します。

セントラル

セントラルは、全国10か所以上に自社ATMを持つ中小消費者金融です。
セブン銀行ATMとも提携しており、中小としては規模が大きい消費者金融といえます。

ネット完結にも対応しており、インターネットに接続できる環境があれば自宅にいながら契約が可能です。

24時間365日いつでも申し込みできるため、昼間が多忙な人でも利用は簡単でしょう。

契約後は指定口座に振り込みが行われ、最短即日での融資を受けられます。

また、借入まで日数がかかっても良いならセブン銀行も利用できます。契約後に郵送でセントラルのカードを利用することでセブン銀行ATMを使った借入・返済が可能です。

アロー

アローは、最短即日融資が可能な中小消費者金融です。

最短45分で審査が完了するスピーディな審査がメリットとして挙げられます。
大手の30分よりは時間がかかる可能性があるものの、急いでいる人にとっては十分に嬉しいサービスでしょう。

また中小では珍しく、専用のアプリを用意しているのも特徴です。
必要書類をアプリで提出することで郵送物なしで手続きができるほか、情報に問題なければ最短即日で銀行口座に振り込まれます。

また、会員マイページにログインすることで返済情報をいつでも確認できるため、返済遅れを未然に防ぐこともできます。

ライフティ

ライフティも、ネットでの手続きに対応した中小消費者金融です。

金利は最大で20.0%と大手の18.0%と比較して高いものの、はじめての人に限って「初回借入日より35日間は利息0円」という無利息サービスに対応しています。

このサービスは大手で一般的な「契約の翌日から30日」に勝る内容です。

初回の借入日からカウントが始まるため、35日の無利息期間をフルに活用できます。
35日以内に完済すれば、期間中に何回借り入れても利息0円で利用が可能です。

中小消費者金融とは

消費者金融は別名「街金」とも呼ばれており、貸金業法に則ってお金を融資する業者のことです。

貸金業法では全ての貸金業者が財務局または都道府県に業者登録が必要で、大手ではない中小の消費者金融であっても登録を行っています。

逆に、登録していない業者はいわゆる「闇金」と呼ばれる非正規の業者です。

のちほど詳しく紹介しますが、正規の業者である中小消費者金融と、闇金は全く別の組織であることを覚えておきましょう。

大手の消費者金融とは

中小の消費者金融の多くは、ほとんどの人が名前を知らない無名の業者です。

一方の大手の消費者金融は誰でもCMで一度は名前を聞いたことがあるでしょう。

いずれも一回はCMなどで見聞きした経験があるでしょう。
中小に比べて資本規模も大きく、サービスも充実していることが多いのが特徴です。

はじめてカードローンに申し込む場合、最初に狙うのは大手の消費者金融がセオリーでしょう。

大手の消費者金融の審査難易度

これらの大手消費者金融では申し込んだ人の中でどれだけの人に融資したかの「成約率」を公表しています。
各社の成約率を確認してみると概ね40~45%であり、50%を上回ることは基本的にありません。

消費者金融は「審査が甘い」というイメージが先行してしまいがちですが、実際はそんなことはないのです。

中小の消費者金融は、大手の審査を通過できない人の受け皿になっている側面もあります。

消費者金融 成約率 参照したデータ
プロミス 37.8% 2020年11月
(2021年3月期月次営業指標)
アコム 41.4% 2020年11月アコムのマンスリーレポート
アイフル 41.7% 2020年11月アイフル月次推移
レイクALSA 29.40% 2019年12月

中小消費者金融の特徴を解説

大手の消費者金融と中小の消費者金融を比較すると、必ずしもサービス内容が同じではありません。

ここでは中小消費者金融と大手消費者金融を比較し、それぞれの特徴を見ていきましょう。

審査は甘いのか

大手の消費者金融は初回限定で無利息期間を設定することから見ても、はじめてカードローンを利用する人が主なターゲットです。

一方の中小消費者金融は、すでに消費者金融に申し込んだことがある人をターゲットにしています。

審査の基準は大手でも中小でも大きな違いはありません。
むしろ中小では貸し倒れが発生した場合に受けるダメージが大きいため、返済能力に関する審査は慎重に行われます。

一方で、審査方針の違いも見られます。

大手の場合過去に返済の延滞を起こした「ブラック」の人は原則として審査通過はできません。

中小は現在の返済能力を重視しており、過去に返済延滞を起こした人でも今の返済能力が十分で「この人は返済してくれる」と判断されれば過去の経歴とは無関係に融資をしてくれる可能性があります。

ただし、今の返済能力に関しては徹底して調査されます。

基本的に電話の在籍確認を拒否できません。業者によっては借入金額に関係なく収入証明書の提出を求められることもあります。

金利

金利に関して、大手も中小も大きくは変わりません。特に最高金利については大手も中小も最大18.0%であることが一般的です(一部の中小消費者金融では最高金利20.0%もあり)

初めての申込では大手でも中小でも最大金利が設定されるため、もっとも高い金利でいくらになるかを想定することが大切です。

消費者金融名 金利(実質年率)
大手 アコム 3.0~18.0%
アイフル 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
中小 セントラル 4.8~18.0%
アロー 15.0~19.94%
ライフティ 8.0~20.0%

下限金利をみると中小の方が高いですが、これは融資限度額が大手よりも小さいためです。

限度額は大手で500~800万円、中小は200万円前後が一般的で、その差もあって最低金利は大手のほうが安くなっています。

その分、最低金利が設定される可能性は中小の方が高いといえるでしょう。

融資限度額

限度額を比較すると、明らかに大手の方が高いことが分かります。

消費者金融名 限度額
大手 アコム 800万円
アイフル 800万円
プロミス 500万円
中小 セントラル 300万円
アロー 200万円
ライフティ 500万円

最大の融資額は大手が500~800万円であるところ、中小では200~500万円が主流です。

ただし、いずれも最大の融資額であり、全員がその金額まで融資を受けられるとは限りません。

消費者金融では貸金業法で定められた総量規制というルールがあり、「申込者の年収の3分の1」が融資の上限になります。

つまり、800万円の融資を受けるためには年収2,400万円であることが最低条件ということです。

返済方法

返済方法について、大手と中小では大きな違いがあります。

中小の消費者金融では借入方法も返済方法も「銀行振込」が一般的です。
たとえばフクホーやフタバなどの中小消費者金融では、借入も返済も銀行振込一択です。

ただし、中小の中でも規模の大きな「セントラル」では自社ATMや銀行振込、セブン銀行ATMでの返済も選べます。

とはいえ、基本的には大手の方が好きな返済方法を選びやすいでしょう。
銀行振込が面倒に感じる方は中小への申込はさけたほうが無難です。

大手消費者金融なら銀行振込はもちろん、セブンイレブン・ローソンなどの提携ATMや口座振替、窓口返済までさまざまな選択肢があります。

中小消費者金融のメリット・デメリット

中小消費者金融は知名度の点は大手に劣りますが、サービス面では大手にはないメリットもあります。

ここでは中小消費者金融のメリット・デメリットを解説します。

メリット

メリットは何と言っても審査が柔軟であることです。

過去に金融事故(返済の大幅な遅延や自己破産など)を起こした人はブラックとされており、大手では原則として審査を通過できません。

中小の場合はブラックの履歴が残っている人でも、現在の返済能力に不足がなければ融資を行う可能性があります。

ただし、審査が甘いということではありません。
現在の返済能力がないのであれば、中小であっても融資を受けることはできません。

デメリット

デメリットはサービスの充実度でどうしても大手よりも劣ってしまう点です。

例えばほとんどの大手消費者金融では初めての利用に限って30日間(レイクALSAは最大180日)の無利息期間が設定されていますが、中小ではこのようなサービスを行う業者ばかりではありません。

また、大手のうような「極度型の貸付け」を行えないのも中小のデメリットです。

中小の消費者金融ではセントラルなどの規模が大きい企業を除いて多くは「証書型」であり、借入は最初の1回のみです。返済するごとに少しずつ返済残高が少なくなるため、計画的に返済できるメリットはあります。

一方でお金が必要な時に柔軟に利用したいときの使い勝手は劣るため、人によってはデメリットを強く感じることがあります。

中小消費者金融に申し込む時の注意点

最後に、中小の消費者金融に申し込む場合の注意点を解説します。

審査が甘いはウソ

すでに紹介しているとおり、「中小の消費者金融=審査が甘い」という情報がネット上で出回っていることがありますが、これは間違いです。
審査が柔軟といわれているものの、これは雑に審査するという意味ではありません。

中小とはいえ、誰であっても融資をするわけではありません。
資本規模が小さな中小消費者金融では、1回の貸し倒れで受けるダメージはむしろ大手よりも大きいのです。

大手の審査を原則として通過できない「ブラック」の人にも融資する可能性があると触れましたが、あくまでもいま現在は返済能力があるということを中小消費者金融が認めないと融資を受けられません。

電話がけによる在籍確認は必ず行われる

大手の場合、電話による在籍確認を回避できる業者もあります。

たとえばSMBCモビットでは「web完結申込」の条件を満たして申込を行うことで在籍確認は書類で行われるため、職場に電話はかかってきません。

また、アイフルでは公式webサイトに以下の記載があります。

原則として、お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。

引用元:アイフル|よくあるご質問

あくまで原則のため例外もあるでしょうが、電話がけなしの在籍確認が可能であるということです。

一方の中小消費者金融では、原則として電話による在籍確認が行われます。

これは万が一貸し倒れがあった場合のダメージが大きいためです。

中小消費者金融では収入・返済能力の審査は厳密に行われると覚えておきましょう。

闇金との区別のしかたを理解しておく

アコムなどの大手はともかく、中小の消費者金融は闇金かどうかの判断ができないことが悩みになる人もいます。

中小消費者金融と闇金の判断ポイントは貸金業者としての登録番号があるかどうか、です。

自分が気になる業者が闇金でないとハッキリさせたい場合、金融庁の公式webサイトで確認が可能です。

>> 登録貸金業者検索サービス

上記のページにアクセスし、「登録番号」「所在地」「商号・名称」「代表者名」「電話番号」のいずれかのボックスに情報を入力して検索ボタンを押します。

検索結果に情報が表示されれば、正規の貸金業者ということです。

例えば「商号・名称」にセントラルと入力して検索してみます。

登録番号や代表者名、社名などが表示されるため、正規の業者であることがわかります。
公式webサイトの会社情報と比較して間違いなければ安心して使えるということです。

逆に、もし情報がでてこない場合は闇金であるということになります。
「ブラックでも融資」「在籍確認なし」という魅力的な情報が書かれていたとしても、絶対に利用しないでください。

中小消費者金融でネット完結できる業者おすすめカードローン3選 まとめ

中小の消費者金融の中でもセントラル、アロー、ライフティをはじめ、一部の業者ではネット完結に対応しています。

店舗での契約や電話申込では店舗側の対応可能時間も限られるため、平日が多忙な会社員では使いにくい点がネックです。ネット完結申込なら多忙な人でも融資を受けられるでしょう。

ただし、ネット完結に対応した消費者金融同士でもサービスの内容や質は全く異なります。それぞれのサービスを比較し、ご自身がもっとも使い勝手が良い消費者金融に申し込みましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

森本 陽子

森本 陽子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)AFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。FP森本陽子の詳細プロフィール

関連記事

  • ユニーファイナンスの特徴と審査について

  • 中小消費者金融は収入証明書不要?借入額による必要書類の違い

  • 審査が甘いとされる中小消費者金融一覧を人気順にランキング

  • 消費者金融キャネットの口コミ評判を分析しました

  • 中小消費者金融で即日融資可能なおすすめカードローン5選

  • ライフティの審査は甘い?申込から口コミまで徹底検証