1. お金借りるトリセツ
  2. お金を借りれる場所
  3. クレジットカードでお金を借りる
  4. セディナカードの提携カードの選び方とキャッシング審査の詳細

セディナカードの提携カードの選び方とキャッシング審査の詳細

 2020/10/02 クレジットカードでお金を借りる   92 Views

セディナカードは提携カードの種類が大変多く、交通系、流通系、学校法人との提携など実に様々です。

身近にある提携企業のカードなら持ちやすく、またセディナ自体が発行するカードもメリットが豊富に見つかります。

ショッピングだけでなくキャッシングも行えるため、1枚は持っておいてもよいクレジットカードといえます。
ただ、種類が多いからこそ
「どのセディナカードにしたらいいの?」
「審査は厳しい?」
「キャッシングは使いやすいかな?」
と気になる点もありますね。

この記事ではセディナカードを利用するにあたって、提携カードの選び方や審査での気になる点、キャッシング方法や返済方法などを解説しています。

セディナカードの種類は豊富!

セディナカードは、提携カードの種類が大変多いのが特徴です。

提携カードの種類の多さが、セディナカードのクレジットカードとしての特徴ともいえ、他のクレジットカードではないバラエティがあります。

セディナカードは全部で116種類の提携カードあり

100種類以上もあるセディナカードは、銀行、クレジットカードブランド、交通系企業、流通系企業、自動車関連さらに学校法人と提携したものもあります。
他にも、ミュージシャンや野球チーム、趣味などのファンにおすすめのカード、社会貢献カードなどのラインナップも充実しています。

カードの選び方としては、特典、ポイント還元、年会費、カードデザインなどの条件から絞り込んでいくとよいでしょう。
特徴や利用シーンなどからも探すこともできます。

地球にやさしいカード(環境保護活動を支援する)、フラレアカード(フラとハワイを愛する人のためのカード)、長渕剛カードや久保田利伸カード(ファンのためのカード)など、なかなか他では見られない特徴をもったクレジットカードがたくさんあります。

カードの種類が多い秘密

セディナカードの種類が多いのは、SMBCファイナンスサービス株式会社と株式会社セディナが合併したことによります。

すでにカードをお持ちの方は、「セディナカード、OMCカード」または「セディナCFカード、セディナクオークカード」でのサービスが異なることもある点に注意が必要です。

これからセディナカードに申し込む方は、カードスペックをしっかり比較しましょう。

セディナカードの代表的なカードは?

豊富な種類のセディナカードの中でも、代表的なカードの特徴をご紹介しましょう。
おすすめ&使いやすいカードばかりです。

セディナカード

年会費が無料なので、気軽に持てるクレジットカードです。

年会費はかからないのですが、ポイントはしっかり貯まるので、大変お得に利用できるでしょう。
入会後3ヶ月はポイント3倍、ETCや海外での利用でわくわくポイントが1.5倍になります。

年会費:無料
ポイント還元率:0.5%(200円ごとに1ポイント)
クレジットブランド:VISA、JCB、Mastercard

セディナカードクラシック

セディナカードクラシックは、ダイエーとイオン、セブンイレブンで毎日ポイントが3倍になります。

旅行傷害保険や、ショッピング保険が充実しているので、国内だけでなく海外での利用にも最適でしょう。

セディナカードクラシックは、200円(税込み)利用ごとに1ポイント貯まっていき、ポイントは各種アイテムと交換できます。

年会費:1,100円
ポイント還元率:0.5%(200円ごとに1ポイント)
クレジットブランド:VISA、JCB、Mastercard

セディナゴールドカード

セディナゴールドカードは、旅行保険が大変充実しています。

年会費は必要ですが、ゴールドカードらしい特典が充実しているのが特徴でしょう。

年会費:6,000円
ポイント還元率:0.5%
クレジットブランド:VISA、JCB、Mastercard

セディナカードJiyu!da!

年会費無料のリボ払い専用カードです。

ダイエーやイオンでの利用はポイントが3倍、ショッピング保険の付帯等、サービスは充実しています。
支払い方法が「月々払い」と「よゆう払い」を組み合わせるもので、自分のペースで返済しやすくなっているのが大きな特徴です。

年会費:無料
ポイント還元率:0.5%(200円ごとに1ポイント)
クレジットブランド:VISA、JCB、Mastercard

セディナゴールドカードとセディナカードゴールドの違い

セディナカードは提携カードの種類が大変多いのですが、名称が似ているカードも多いので注意が必要です。

たとえば、セディナゴールドカードとセディナカードゴールドは、異なるスペックを持ったカードです。
サービスや、年会費に違いが発生することもあるので、十分に確認した上で申し込みましょう。

具体的な違いは?

セディナゴールドカードとセディナカードゴールドは、年会費やサービスに大きく違いがあります。

セディナゴールドカード セディナカードゴールド
年会費
(本人会員)
6,600円 2,095円
年会費
(家族会員)
1,100円 524円
ポイント還元率 0.50% 0.50%
国内旅行傷害保険 最高5,000万円 最高2,000万円
海外旅行傷害保険 最高1億円 最高2,000万円
空港ラウンジサービス 国内主要空港無料

セディナカードゴールドは、ヤングエグゼクティブのためのゴールドカードとなっており、年会費が少し低めです。

セディナゴールドカードは、年会費が高いものの旅行保険やラウンジ利用可など充実しています。

申し込み前に名称や年会費をしっかり確認しよう!

他にも、同じ名称とスペックでハローキティデザインがある(例:セディナプラチナカードとセディナプラチナカード ハローキティ)、名称が似ている(例:JR東海「そうだ京都、行こう。」エクスプレス・カードとJR東海エクスプレス・カード)などがあります。

カードの名称、特徴、年会費やスペックをしっかり確かめて比較してから申し込みましょう。

セディナカードのスペック

もっともベーシックといえる、セディナカードのスペックをご紹介します。

セディナカードは年会費がかかりませんが、ポイントアップでどんどんポイントが貯まります。日常使いにぴったりのクレジットカードなので、初めてクレジットカードを作る方にもおすすめです。

ポイント還元率

基本還元率は0.5%ですが、利用当初3ヶ月は3倍になります。
セブンイレブンは常時ポイント3倍なので、よく利用する方におすすめです。
また、セディナポイントUPモールを利用すると、最大で20倍のポイントが付きます。

電子マネー

Apple Pay、QUICPay、iDを利用して支払うことができます。
いずれも発行手数料や利用手数料等はかかりません。

付帯カード

ETCカードの発行ができます。
ETCカードの年会費は無料ですが、新規発行手数料が1,100円かかります。
シンプルなセディナETCカードと、ハローキティデザインのETCカードのどちらかのデザインを選べます。

また家族カードも本会員と同様に年会費無料で発行できます。

お得なメリット

セディナカードでは、新規入会の方を対象に7日間無利息キャッシング(ゼロプラン)を利用できます。カードの加入日から30日以内の初回利用分に利息がかかりません。

海外キャッシングは対象外となるのでご注意ください。

他にも三井住友銀行キャッシュカードでのATM利用手数料が無料になるサービスもお得です。

三井住友銀行SMBCポイントパック契約口座から、セディナのクレジットカード利用代金を引き落とすと、契約口座のキャッシュカードの時間外ATM利用手数料がかかりません。

コンビニATMでの利用手数料は月3回まで無料になります。(対象コンビニはイーネット、ローソン、セブンイレブン)

さらにコンサートや演劇のチケットを便利に購入できるチケットセディナや、国内宿泊やスポーツを特別価格で利用できるプレミアムクラブオフもセディナカードをお持ちの方は利用できるお得なサービスです。

年会費無料でも、とてもサービスが充実しているのがわかるセディナカードですね。
メインのクレジットカードとして使ってもよいですし、セブンイレブンでのポイントアップやサービスを活用するサブカードとしても最適でしょう。

セディナカードでのキャッシング

セディナカードのキャッシングの利用条件はどうなっているのでしょうか。

キャッシング枠

キャッシング枠は、1万円~200万円の設定が可能ですが、新規申し込みの上限金額は50万円までとなっています。

クレジットカードのキャッシングは、貸金業法の総量規制の対象です。

貸金業者のカードローン、クレジットカードのキャッシングを合計した額が年収の3分の1以内と決まっています。
キャッシング枠は、総量規制額の範囲内で審査によって決定します。

キャッシング時の金利

キャッシング時の金利は、上限金利が18.0%です。
18.0%は、ほとんどの消費者金融のカードローンの上限金利と同じです。

クレジットカードを使ったキャッシングは、お金が緊急に必要な時にローン申し込み手続きをする必要なく、すぐに借りられます。

ただし、金利の点では銀行カードローンのような低金利ではないので、まとまった額を長期間借りるのには適していません。

ちょっとしたピンチに借りてすぐ返す、手元に現金がないのでとりあえずキャッシングしておく、といったケースなら利息負担をあまり気にしなくてよい利用方法でしょう。

海外キャッシング

国際クレジットブランドに応じたATMを利用して、海外でキャッシングができます。

Visaマークがついている場合はVISA、PLUSのマークがついているATM。
MastercardはMastercardまたはcirrusのマークがついているATM。
JCBブランドはJCBマークがついているATMでキャッシング可能です。

海外利用時にかかる利息は、利用金額×実質年率×利用日数÷365日です。

海外キャッシング利用後の支払いは1回払いの設定となっていますが、リボ払いに変更することもできます。

キャッシング方法

国内では、セディナカードでどのようにキャッシングするとよいのでしょうか。

・ATMキャッシング

提携銀行(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、セブン銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行など)、コンビニ提携ATM、信用金庫などでキャッシングできます。

ATMでのキャッシングは、1万円以下の場合は110円(税込)、1万円を超える場合は220円(税込)の手数料がかかります。

・インターネットキャッシング

パソコンやスマートフォンから申し込み、引き落とし口座へ振込を受けてお金を借りることができます。

会員専用Webサービスにログインして、キャッシングを申し込みます。自分の銀行口座に振込を受けても、振込手数料はかかりません。

・テレホンキャッシング

電話でキャッシングを申し込む方法もあります。

セディナカード・OMCカードでは3万円以上1万円単位での利用となります。
セディナCFカード・セディナクオークカードは5万円以上1万円単位でキャッシング可能です。

利用できる最少額が大きめなので、少しだけキャッシングしたいときにはATMでのキャッシングのほうがよいでしょう。

・千円単位でキャッシングできる?

インターネットキャッシングは、手間もかからずタイミングによっては即時振込も可能ですが、3万円以上からの利用で1万円単位となっています。
ATMも利用は1万円単位となっているので、千円単位での利用はできません。

・明細は発行される?

ATMキャッシングでは、利用時に明細票が発行されます。通常の利用代金明細は紙でも発行できますが有料(99円)です。

Web明細サービスを利用すれば、紙の明細書は郵送されず、ネットで利用代金の明細を照会できます。

返済方法

セディナカードをショッピングで利用した場合は、1回払い、2回払い、リボルビング払い、分割払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払いが利用できます。

キャッシングを利用した場合には、翌月1回払いまたはリボルビング払いでの返済が可能です。
利用金額や、お金の状態などによって返済しやすい方法を選べますね。

・支払いの締め日

キャッシングの翌月1回支払いでは、利用の翌月27日に利用額と利息をまとめて支払います。
前月末利用残高に基づいて利息が計算されますので、計算の締め日は月末となります。

・月々の返済額

リボルビング払いでは、月々の支払額が一定となり、短期コースと長期コースから選択して返済可能です。
利用残高に応じて最小返済額が決まっており、その額は元金と利息の合計となっています。

長期コースでは無理なく返済できる額が設定されていますが、月々返済する額が少ないと返済期間が長くなり返済総額が大きくなるおそれがある点に注意しましょう。

最小返済額は前月末の利用残高から決定します。
利用日数が短いほど利息が減らせますので、お金に余裕があるときにはこまめに返済するとよいでしょう。
セディナカードでは、「早めのご返済」として、一括返済や増額返済を利用可能です。

「早めのご返済」は電話連絡を入れて、引き落としまたは指定された口座への銀行振込で返済します。
振込の場合は手数料を負担する必要がありますのでご注意ください。

セディナカードの審査

セディナカードの申し込みで気になるのは、やはり審査に通るかどうかですね。

クレジットカードは各社独自の基準を設けて審査を進めているため、発行できることもあればそうではないこともあります。

セディナカードの審査難易度

セディナカードは、まず結論からいうと審査難易度は高くありません。
申し込み条件は高校生を除く18歳以上で、電話連絡が可能ということのみで、年収や勤続年数での条件もないためどなたでも申し込みやすいと感じるでしょう。

また、セディナカードでは安定収入や勤続年数などといった通常のクレジットカード審査で重視される内容よりも、クレジットカードの利用頻度を重視するのです。
クレジットカードを作るだけでなく、きちっと使うかどうかという点が大切になるわけですね。

そのため、今後利用する可能性が高い学生の方や、日常の買い物で使う頻度の高い主婦の方もセディナカードは発行される可能性がかなり高いクレジットカードといえます。

審査にかかる時間

セディナカードは種類によって多少変化はあるものの、カード発行までには1週間程度かかります。
また、審査の状況などでも変わってくるので、カードを受け取るタイミングは2週間前後で予定しておくとよいでしょう。

審査自体は、3~4日程度で結果の連絡が入ることが多いようです。
土日は審査期間に含まれないので、週末にかけて申し込みをした方は長めに見積もっておくとよいですね。

審査の流れ

セディナカードの申し込みから審査の流れを確かめておきましょう。

1. WEBで申し込み

申し込みフォームに記入漏れがないように入力して送信(申し込みが完了すれば、インターネット口座振替受付サービスで引き落とし口座の設定ができます)

2. 入会審査(SMBCファイナンスサービスによる審査)

ホームページの「審査状況の確認」にログインして審査結果を見ることができます。

3. カード受け取り(本人限定受取郵便または簡易書留郵便)

4. 必要書類の返送

送付されたカードに同封の「口座振替依頼書」に必要事項を記入して返送します。

WEBで手続きができるので、忙しい方もセディナカードに申し込みやすいでしょう。

セディナカードのメリット・デメリット

セディナカードを利用するにあたって、メリットとデメリットを比較してみましょう。デメリットも、利用者によっては特に問題とならず解決できる場合もあります。

自分がセディナカードを実際に使ったら、という利用シーンを想定するとわかりやすいでしょう。

メリット

・独自審査基準(利用頻度を重視)のため、他クレジットカードの審査に通らなかった方も通る可能性がある
・クレジットカードの種類が豊富
・年会費無料で発行できるカードあり
・イオン、セブンイレブン、ダイエーなどでポイントアップ
・ショッピング保険や旅行保険が充実しているカードが多い
・ハローキティデザインが豊富

デメリット

・基本のポイント還元率は0.5%なのでクレジットカードとしてはあまり高くない
・リボ払い専用カードは便利だけれど返済に注意が必要
・旅行保険が付帯していないカードもある

セディナカードは種類が多いため、より自分にとってメリットが多いもの、好きなものを選べる選択肢も多いわけです。

ポイント還元率はクレジットカードとしては平均的ではあるものの、最近は高還元のクレジットカードも増えているので物足りないかもしれません。

とにかく還元率を重視したい方や、イオンやダイエーといったポイントアップする店であまり買い物をしない方ならセディナカードのメリットは低くなります。

リボ払い専用カードは、返済時に注意が必要ですが、月々の返済負担は抑えられます。
使いすぎたり、長期に渡って返済したりすると利息が大きくなってしまう点に注意をしておきましょう。

セディナカードを紛失したら?

セディナカードは、24時間いつでも紛失や盗難の連絡を受け付けています。
紛失や盗難に気づいたら、すぐに紛失・盗難受付係に連絡を入れましょう。

最近では、不正利用が増えているので暗証番号の取り扱いには十分にご注意ください。
セディナカード・OMCカードの方は、紛失・盗難ダイヤル(東京03-5638-3511、大阪06-6339-4082)へ連絡を入れます。
セディナCFカードは0120-086-315、携帯電話からは052-300-1515へ電話をかけましょう。
携帯電話の際にかける電話番号では通話料は有料です。

セディナカードの解約方法

セディナカードの解約は、電話で受け付けています。
セディナカード、OMCカードを利用している方はアンサーセンター(東京03-5638-3211、大阪06-6339-4047)へ連絡を入れましょう。
セディナCFカード、セディナクオークカードをご利用の方はアンサーセンター(0120-086-315、携帯の方は052-300-1515)へ連絡を入れます。

解約前に、支払いが完了しているか、家族カードやETCカードなどの付帯カードを利用していないか、携帯電話や公共料金の引き落としとしていないかを確認してください。
また、ポイントが残っていないかを確認しておくのも忘れないようにしましょう。

セディナカードの利用に向いているのは?

セディナカードのメリットとデメリットを踏まえて、利用に向いているのはどんな方なのでしょうか。

イオン、ダイエー、セブンイレブンをよく利用する

ポイントアップするお店でよく買い物するなら、やはりセディナカードを持っておくほうがお得です。

年会費無料のクレジットカードを普段使いしたい

セディナカードは、ポイントがアップする店から考えても、毎日の買い物に使いやすいので普段使いのクレジットカードに適しています。
年会費をかけずにクレジットカードを持っておきたい方にもピッタリでしょう。

キティちゃん&サンリオファン

セディナカードでは各種ハローキティデザインがなんと14種類もあります。
デザインでキャラクターが使われているだけでなく、ハローキティカードも発行されています。

ハローキティカードなら、貯まったポイントはキティちゃんグッズやサンリオピューロランドのパスポートと交換可能です。
さらにサンリオピューロランドやハーモニーランドの各種優待も受けられるので、サンリオが好きな方、キティちゃんのファンの方にはおすすめのクレジットカードでしょう。

海外でもクレジットカードの利用頻度が高い

国際クレジットブランドが搭載されているセディナカードでは、ショッピングだけでなくキャッシングも利用しやすいです。

特に海外キャッシングは金融機関での両替よりも手数料等を抑えることができるので、旅行の頻度が高い方に最適でしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

森本 陽子

森本 陽子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)AFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。FP森本陽子の詳細プロフィール

関連記事

  • エポスカードでお金を借りる方法

  • クレジットカードのキャッシング利息はいくら?|計算式と金利を下げる方法

  • エディオンカードでお金を借りる方法

  • ジャックスカードでお金を借りる方法

  • クレジットカードのキャッシング枠を使うと住宅ローン審査に影響はある??

  • ショッピング枠の現金化は違法!合法的にお金を手に入れる方法を解説