1. お金借りるトリセツ
  2. お金を借りれる場所
  3. クレジットカードでお金を借りる
  4. au PAYカード(au WALLET クレジットカード)のキャッシングで便利に借りる

au PAYカード(au WALLET クレジットカード)のキャッシングで便利に借りる

 2020/09/23 クレジットカードでお金を借りる   115 Views

au PAY カードはKDDIが発行するクレジットカードで、auユーザーでなくても申し込めますが年会費条件や特典が異なります。

au PAY カードはau利用によってポイントが貯まりやすいことに加え、国内や海外キャッシングもできて優秀なクレジットカードといってよいでしょう。

KDDIは、2020年2月にau WALLETの名称をau PAYに変更し、au WALLET クレジットカードが、au PAY カードという名称になっています。
名称の変更だけでなく、サービス面でも変化がある点にも注目したいところです。

この記事では、au PAY カードを利用するメリット、au PAYカードでキャッシングする具体的な方法、さらにクレジットカードとしてのスペックをご紹介しましょう。
必ず持ちたい一枚になるはずです。

au PAYカード(au WALLET クレジットカード)のメリット

クレジットカードは還元率やメリットを重視して選ぶ方が多いのではないでしょうか。

au PAY カードは高還元率で、さらにお得になる方法もあり、様々なシーンでメリットがあります。

ポイント還元率

au PAY カードのポイント還元率は1%で、通常はショッピング100円(税込)ごとに1ポイント貯まります。

2020年5月21日からau WALLET ポイントはPontaポイントに変更になりました。

au PAY アプリでPontaカードを連携すると、auサービスだけでなくPontaが提携しているショップなどでポイントを使ったり貯めたりできます。
これまで貯めたau WALLET ポイントも、カードを連携した段階でPontaポイントになります。

さらにお得になる利用方法として、au PAY 残高へのチャージ+au PAY(コード支払い)があります。
通常のチャージ100円で1ポイントに加えて、au PAY コード支払い利用で0.5%が加わり1.5%と高還元率になるのです。

キャンペーンなどでさらに高い還元率になることもあるので、公式サイトで確認するとよいでしょう。

 

ポイントアップ店でさらにお得

提携しているポイントアップ店では、ショッピングで常時1.5%還元となります。

マツモトキヨシや紀伊國屋書店、BIG ECHOなどお店のジャンルも幅広く、普段の買い物でも十分にお得です。

ショップに、au PAYとポイントアップ店のマークがあれば、還元率がアップするのでチェックしましょう。

au利用料金に応じたポイント付与

ポイント増量キャンペーンとして、auユーザー限定でPontaポイントが4倍になりますが、条件としてau PAY カードでau料金を支払う必要があります。

au PAY カードは年会費無料!

au PAY カードは年会費無料で利用できるクレジットカードです。

ただし、au PAY カードに登録しているau IDに紐付いたau携帯電話(スマートフォン、タブレット等)の契約がなく、さらに所定の基準日から1年間クレジットカードを利用しなかった場合は翌年度1,250円(税別)の年会費がかかる点にご注意ください。

auユーザーでなくても問題なく申し込めるのですが、年会費条件の点からはやはりauユーザーのほうがメリットは大きいといえるでしょう。

ゴールドカードでさらにお得

au PAY ゴールドカードは、年会費が10,000円(税別)かかりますが、年会費以上のお得さがあります。
たとえば

・au PAY マーケットクーポン1,000円分を毎月プレゼント
・海外旅行傷害保険最高5,000万円が付帯
・空港ラウンジを無料で利用できる
などのお得なサービスが充実しています。

還元率はau PAY カードと変わりませんが、クーポンや旅行に使えるサービスでお得さがアップします。

豊富なキャンペーン

au PAY カードではキャンペーンがとにかく豊富です。

入会後30日間限定の500Pontaポイントをもれなくプレゼント、入会翌々月までの利用分のPontaポイントが最大6倍(ゴールドカードは10倍)、楽Pay(毎月の支払を一定に設定できる)の利用で1,000ポイントといったように、入会時からお得になるキャンペーンが充実しています。

キャンペーンは変更されていたり、適用されなかったりすることもあるので、必ず確認してから申し込みましょう。

au PAYカード(au WALLET クレジットカード)のキャッシングとは?

使いやすくお得なau PAY カードですが、急な出費や海外でなど、安心感の高いキャッシングも利用できます。

キャッシングサービスによるau PAYカードのキャッシング方法

キャッシングは現金をすぐに引き出したり、銀行口座に振込で借りたりできる大変便利な方法です。
借入方法は3種類あり、自分の都合に応じた利用方法を選べます。

・ATMでのキャッシング

提携ATM・CDで現金を引き出せます。
全国の金融機関やコンビニと提携があるので、どこでお金のピンチになっても安心ですよ!

コンビニでは、セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、サークルKサンクス、ファミリーマートに設置のATMが利用できます。
(一部コンビニの設置ATMでは利用不可のこともあります)

金融機関では、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、三井住友信託銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行さらに地方銀行や信用金庫なども提携しています。

提携ATM・CDを利用する場合には、利用金額に応じた手数料が必要です。
借入金額1万円:手数料100円(消費税別)
借入金額2万円以上:200円(消費税別)
※利用は1万円以上1万円単位です。

・海外キャッシングもOK!

海外旅行時に、au PAY カードを使って現地通貨を引き出せます。
両替の手間がかからず、空港や銀行のATM・CDですぐに現金を準備できて便利です。

Visaブランドのカードをお持ちの場合は、「VISA」や「PLUS」ロゴがあるATMで、Mastercardブランドのカードをお持ちの方は「Mastercard」や「cirrus」のロゴがあるATMでキャッシングできます。

・WEBでキャッシング

WEBで申し込みをして、支払い口座に振込を受けて借りる方法もあります。

申し込み日の翌金融機関営業日の正午以降に、口座へ振込が実行されるという方法で、口座はカード利用代金支払い口座を利用します。

振込手数料はかからず、必要なときにすぐに借りられます。
ただし、家族会員はWEBでのキャッシングは利用できません。

キャッシング後の返済・支払い方法

キャッシングサービスを利用した場合には、どのように返済するのでしょうか。
au PAY カードのキャッシングサービスでは、一括返済のみできる点に注意が必要です。

利用日(キャッシングした日)から23日~59日の返済期間となり、その日数に応じた利息を日割りで算出し元金と合わせて返済します。

分割で返済したい場合は、キャッシング月々返済(カードローン)を利用しましょう。

キャッシング月々返済(カードローン)も、キャッシングサービスと同様に利用前には会員サイトにログインして手続きする必要があります。
キャッシング月々返済(カードローン)は、融資利率、キャッシング時の手数料はキャッシングサービスと同じです

また、1回払いのキャッシングサービスを利用した後に、「あとdeカードローン」として月々払いに変更する方法もあります。

キャッシング時の利息や手数料

キャッシングサービス、キャッシング月々返済(カードローン)の融資利率は、14.95%~17.95%です。
手数料は借入時にATM手数料がかかるのみで、借入自体の手数料はありません。

auPAYカードでキャッシングできない理由は?

au PAY カードでキャッシングできないのはどんなケースでしょうか。

まず、キャッシングサービスを利用できる設定にしていないことが考えられます。ログインして、確認しましょう。

次に、利用枠を超えているケースです。
au PAY カードでキャッシングできる額は、ショッピングの利用枠の範囲内です。
つまり、ショッピング利用枠が50万円、キャッシング利用枠が30万円の場合に、ショッピングで30万円使っているとキャッシングできる額は20万円となります。

ショッピング枠とキャッシング枠がそれぞれ設定されているわけではなく、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれていると考えたほうがわかりやすいでしょう。

キャッシングしようと思ったのにできなかったときには、すでにショッピングで利用枠を使ってしまっている可能性があります。

限度額の設定

au PAY カードのキャッシングサービスでは、利用限度額は1万円~500万円となっています。
限度額は希望額で設定されるのではなく、審査によって決まります。

クレジットカードのキャッシング枠は、総量規制の対象となるため最も大きい額が設定できても年収の3分の1以内です。

貸金業者や、他のクレジットカードのキャッシング枠がある場合には、その額も合計して年収の3分の1以内で限度額が設定されます。

au PAYカード(au WALLET クレジットカード)のスペック

au PAY カードのクレジットカードとしてのスペックを確かめておきましょう。

クレジットブランドはMastercardとVisaから選べる

au PAY カードのクレジットブランドは、MastercardまたはVisaから選べます。
どちらのブランドでも年会費やポイント還元率は同じです。

クレジットブランドを選ぶ際には、加盟店の多さやそのブランドが使える国、特典などを比較しましょう。

ただし、以前はMastercardが有利な国、Visaが使いやすい国という傾向がありましたが、キャッシュレス化が進むとともに、使える店舗に違いがなくなってきています。

特典やサービスなどでクレジットブランド選びをしても特に問題はないでしょう。

au PAYカードは年会費無料

au PAY カードは年会費無料で利用できます。
ただし、au携帯での契約がない方で1年間au PAY カードを使用しなかった場合には、1,250円(税別)の年会費がかかります。

au PAYカード(au WALLET クレジットカード)の特徴

au PAY カードのクレジットカードとしての特徴を確かめておきましょう。
家族カード発行など、利用方法が広いほうがやはり使いやすいと感じる方も多いですね。

家族カード発行可

au PAY カードでは、家族カードやETCカードを発行できます。
利用は、本会員の利用可能枠の範囲内で可能で、支払いは本会員の口座からまとめて行います。
また、ポイントは本会員に付与されます。

au PAY ゴールドカードなら家族カード1枚目まで年会費無料ですが、空港ラウンジの使用や優待などのサービスは本会員と同様に利用できます。

ETCカード

au PAY カードではETCカードを年会費無料で発行でき、利用100円ごとにPontaポイントが1ポイント貯まります。

ETCカードは、個人でau IDを持っている方のみ申し込め、発行時手数料がかかります。

ただし、発行から1年以内にETCカードを利用すると、発行手数料に相当する額が通行料の請求額から差し引かれます。

付帯保険

au PAY カードの付帯保険は、買い物や旅行に安心です。

au PAY カード au PAY ゴールドカード
海外旅行あんしん保険 最高2,000万円 最高5,000万円(自動付帯)
国内旅行あんしん保険 なし 最高5,000万円
お買い物あんしん保険 最高年間100万円(免責3,000円) 最高年間300万円(免責3,000円)
紛失・盗難補償 紛失や盗難の連絡を受け付けた日から60日前にさかのぼって補償 紛失や盗難の連絡を受け付けた日から60日前にさかのぼって補償

au PAYカード(au WALLET クレジットカード)に申し込みできる人

au PAY カードに申し込めるのはどんな方でしょうか。
年齢条件は満18歳以上で、学生の方も申し込めるので、申し込み対象者の範囲は広いといえます。

申し込み条件

au PAY カードに申し込めるのは、

・個人でau IDを持っている
・満18歳以上(未成年者は親権者の同意が必要)
・本人または配偶者に定期的な収入がある(学生は定期収入がなくても申し込み可)
また、au PAY カードでは家族カードも発行できますが、家族会員はau携帯電話を利用していて18歳以上の方が対象です。

au PAYカードに向いているのはこんな方!

クレジットカードを複数持つ方も多いですが、最適なクレジットをメインカードとするとポイントも貯まりやすくお金の管理もしやすくなります。
au PAY カードに向いているのはこんな方です。

・auユーザー

auユーザーなら、間違いなくau PAY カードは持っておいたほうがよいです。
ポイントがお得に貯まるシーンも多いですし、年会費もかかりません。

・Pontaポイントを貯めたい方

2020年5月からau PAY カードの利用分は、Pontaポイントが貯まるようになっていますので、これまでPontaポイントを貯めていた方にもおすすめです。

・国内、海外でフル活用したい

国内や海外でのショッピングはもちろんのこと、海外キャッシングもできますし、国内のキャッシングはカードローンのように使えます。
支払いやお金の管理をクレジットカードでしていきたい方にも最適でしょう。

au PAY カードは、auユーザーだけがお得になる限定的なカードというよりも、クレジットカードとして高いスペックを誇るカードといえます。
これからクレジットカードを持ちたい方も、安心して使えますよ!

au PAYカード(au WALLET クレジットカード)の審査

au PAY カードの審査の難易度は高いのでしょうか。
申し込み条件では、年収条件もなく配偶者に安定した収入があれば申し込めるので、比較的発行しやすいカードといわれています。

他のクレジットカードやローン審査と同様に、金融事故を起こしたことがない、返済に遅れたことがなければ、審査が可決になる可能性は高いでしょう。
ただし、ローンやクレジットの返済遅れだけでなく、auの利用料金を滞納している場合にも要注意です。

また、auユーザーが使いやすいクレジットカードではありますが、auとの契約が長いと審査に通りやすいということはなく、逆にauと契約したばかりでも審査可決となる方もいます。

クレジットカードのキャッシング枠は、総量規制対象なので貸金業者ですでに年収の3分の1まで借りている方はキャッシング枠を付帯できなかったり、審査に通らなかったりしてしまいます。

au PAY カードは年会費無料のクレジットカードですが、審査が行われる限りは誰でも簡単に通るというわけではありません。

au PAY カードの口コミ

au PAY カードを利用している方の口コミをご紹介します。

全体評価 4点
会社員 20代男性
「auユーザーなので、ポイントが貯まりそうと思い、au PAY カードを使ってみることにしました。
光熱費などもクレジットカード払いにしたのと、高還元なのでどんどんポイントが貯まってびっくりしているほどです。
あと、使わないかなと思いながら付けたキャッシング枠ですが、かなり重宝しています。
利息の負担もそんなに大きくなく、ちょっと足りない時にWEBからも借りられます」
全体評価 5点
アルバイト 30代女性
「auを使うことにしたときに、クレジットカードにも申し込んでおくとお得だと思いました。
Pontaポイントを貯められるようになったので、使い道も広くなりましたね。
会員サイトも使いやすく、Webだけでお金の管理もできるようになり、忙しいので本当に助かっています。
オペレーターの人が親切に対応してくれたのも、安心感アップにつながりました」
全体評価 4点
会社員 30代男性
「クレジットカードに特にステイタス性も求めていないので、使いやすさだけを比較して選びました。
クレジットブランドを自分で選べるし、auユーザーの自分にとってはお得さもあると判断しました。
また、ETCカードや家族カードも発行できるので、メインカードとしても十分なスペックだと思います」

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

森本 陽子

森本 陽子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)AFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。FP森本陽子の詳細プロフィール

関連記事

  • ポケットカードのキャッシングは無利息サービスがあってお得!

  • 低金利で選ぶならどれ?キャッシング枠の金利が安いクレジットカード5選

  • ジャックスカードでお金を借りる方法

  • クレジットカードで海外キャッシング!メリットや手数料の解説

  • 楽天カードのキャッシング金利・手数料・審査・返済方法を解説

  • クレジットカードのキャッシング枠が0円になった時の対処法