1. お金借りるトリセツ
  2. アイフル
  3. アイフル返済を損しない方法から返済額までわかりやすく解説

アイフル返済を損しない方法から返済額までわかりやすく解説

 2018/04/24 アイフル   726 Views

二度とキャッシングをしたくないと思うのか、債務整理をしなければならない状況に陥ってしまうのか、はたまた便利だったと感じるのか。それは返済の仕方にかかっています。

アイフルはほかの大手消費者金融のように24時間いつでも手数料無料で返済が反映されるインターネット返済はありません。いつ、いくらを返すのか。その基本と合わせて失敗しない返済方法をご紹介しましょう。

1度の借り入れに対して返済は複数回。借り入れをしたら今度は軸にして考えなければならないのは返済です。

返済を絶対失敗しないために口座引き落とし+α

基本中の基本をご紹介しましょう。返済が遅れることはマイナスにしかなりません。必ず返済日に約束の返済額を返済する、たったこれだけのことですがそれが信用につながります。

ここでいう「信用」とは、単にアイフルから信用されるという意味ではありません。お金を借りたり契約をしたりするときには個人信用情報機関に記録されますが返済が滞ると、それもまた記録されます。社会的な信用を失うということ、これは私たち大人にとって非常に怖いことです。

一度失った信用は取り戻すことは簡単ではありません。

だからこそ、返済をするための計画が重要になります。

  • 確実に返済をすること
  • 無理のない返済をすること
  • 無駄のない返済をすること

「無理なし・無駄なし・確実に」をモットーに返済を考えていきましょう。

確実に返済をするための口座引き落とし

さまざまな返済方法が用意されています。

  • 銀行振り込み
  • ATM(アイフルATM、提携ATM)
  • コンビニ
  • 口座振替

自分にとって便利な返済方法を選択できますが、お勧めは口座振替+αです。

口座振替+αにする!
毎月自動的に引き落としとなる口座振替。これで返済し忘れを防ぎます。

しかし口座振替の返済だけでは思うように返済は進みません。余裕があるときには積極的に変S内をすることで早い完済と無駄な利息の節約につながります。

そこで選びたいのは、「自分にとって便利な返済方法」を選ぶことです。

指定の金融機関はありません。自分で利用している口座が利用できます。

  • 初回手続きが必要
  • 引き落とし手数料無料

インターネットの会員サービスから情報を登録することもできますが、それ以外に店頭窓口、郵送にも対応しています。

返済日は契約時に指定ができます。給料日などを考えて自分の都合の良い日を選びましょう。

口座引き落としにプラスしたい自分にとって便利な返済方法

口座引き落としは確実な返済方法です。口座に残高さえあれば間違いなく返済ができる方法です。

しかし、口座引き落としでは毎月の最低返済額しか返済されないため思うように返済が進みません。少しでも余裕があるときには積極的に返済を進められるように、口座引き落とし以外でももう一つ、自分にとって便利な返済方法を見つけておきましょう。

振込手数料が無料なら銀行振り込みも便利

インターネット返済ではなく、すべての銀行からの振り込みによる返済を受け付けています。その中には当然インターネットバンキングも含まれます。

インターネットバンキングは振込手数料が安いこともメリットの一つ。提携ATMで返済をするよりも安く済むケースもあります。

ただ、場合によっては振込手数料が800円ほどになってしまうこともあるため、他行あての振り込みにはいくらかかるのかを確認しておきましょう。

気を付けたいのは反映時間です。

通常の銀行振り込みになるため、銀行営業時間を過ぎると翌営業日の扱いになります。

口座振替で毎月の返済をしている場合には問題ありませんが、銀行振り込みだけに絞ってしまうときには即時反映ではない時間帯があることに気を付けましょう。

ATMはやっぱり返済しやすさナンバー1

カードがあればいつでも返済ができます。手数料と利用時間を確認しましょう。

アイフルATM 7時~23時 無料
セブン銀行 セブンイレブンは24時間 1万円以下108円

1万円超216円

イオン銀行 店舗営業時間
三菱東京UFJ銀行 店舗により異なる
西日本シティ銀行
ローソンATM 24時間
E-net 24時間
親和銀行 平日7時~23時

土日祝日8時~21時

借り入れでは利用できていた福岡銀行ATMと熊本銀行ATMは返済では利用ができません。

また、ローソン(Loppi)・ファミリーマート(Famiポート)からも発券をしてレジで返済もできます。

  • 手数料は1万円以下108円、1万円超216円
  • 7時~23時30分まで

手数料がかかることと時間が限られているため同じコンビニ内にある提携ATMを利用することのほうが多いでしょう。

無理のない返済のための返済期日と返済額

返済を無理せず行うためには「給料日後の返済期日」にすることや「毎月の返済額が負担」にならないようにしなくてはなりません。

アイフルは2種類の返済日システムから選択ができます。毎月の返済額も低すぎず高すぎずのちょうどよい額。例えば中小消費者金融であれば返済額が低すぎていつまでも返済が終わらず、銀行カードローンであれば返済額が高すぎて毎月の負担が大きいというのはよくあることです。

選べる返済期日システム

通常の月に一度の返済日のほか、サイクル制の返済日もあります。大手消費者金融でサイクル制を導入しているのはアコムとアイフルだけです。

契約時に返済日のシステムを選択できます。おすすめはサイクル制。その理由をご説明しましょう。

月に一度の約定返済日

返済に都合の良い日を決めて月に一度の返済日にできます。

例えば給料日の直後であれば口座振替でも安心でしょう。ただし気を付けなければならないことがあります。

返済期日までの10日間が返済期間になるということ。

10日よりも前に返済をすれば前月分への追加返済として扱われるため当月もう一度返済をしなくてはなりません。

約定返済の欠点は返済をいつするのかを考えなければならないことです。

返済した日が返済日!サイクル制

返済をした日の翌日から35日後が次回返済日になります。これだとわかりにくいでしょう。

ポイントは2つ。

  • 35日後に限らずいつ返済をしてもよい
  • ただし返済をした日の翌日から35日後が返済日になる

つまり、「返済した日から35日以内であればいつ返済をしてもよい」ということ。

そのため約定返済日を指定しないまま、サイクル制を利用して月に1度の返済にすることもできます。

いつ返済をしてもよいことがサイクル制の一番のメリット。日にちを考えずに返済ができます。

一括返済は電話連絡をしてから

一括返済をするときにはまずはアイフルに連絡をしましょう。

一括返済をする日を伝えて(当日でも構いません)利息を加算していくら返済するのかを確認します。

完済をしただけでは解約になりません。融資限度額がそのまま残るのでいつでも借り入れが可能な状態です。

借り入れ件数を減らすことが目的ならば解約が必要です。

毎月の返済額を一覧でチェック

サイクル制と約定返済日制では返済額に若干の違いがあります。

借り入れ後残高 サイクル制  約定返済日
1円 100,000円 5,000円 4,000円
100,001円 200,000円 9,000円 8,000円
200,001円 300,000円 13,000円 11,000円
300,001円 400,000円 13,000円 11,000円
400,001円 500,000円 15,000円 13,000円
500,001円 600,000円 18,000円 16,000円
600,001円 700,000円 21,000円 18,000円
700,001円 800,000円 24,000円 21,000円
800,001円 900,000円 27,000円 23,000円
900,001円 1,000,000円 30,000円 26,000円
1,000,001円 3,000,000円 10万円ごとに1,000円ずつ加算
3,000,001円 3,100,000円 51,000円 47,000円
3,100,001円 4,900,000円 10万円ごとに1,000円ずつ加算
4,900,001円 5,000,000円 70,000円 66,000円
5,000,001円 7,900,000円 10万円ごとに1,000円ずつ加算
7,900,001円 8,000,000円 100,000円 96,000円

どうしても返済が遅れるときには連絡を

返済日に必ず返済をすること、これがアイフルで利用するときの最低条件です。

返済が遅れたらどうなるのでしょうか。流れを見てみましょう。

  1. 返済日翌日にアイフルから電話で返済が過ぎている連絡が来る
  2. 1週間程度で再度アイフルからの電話
  3. 2週間程度でアイフルから自宅宛てに督促のハガキ
  4. 3か月で個人信用情報機関にブラックとして登録

返済が遅れるとわかっているときには返済日前にアイフルに連絡をしましょう。ここで重要なのは「いつ返済ができるのかを明確に伝えること」です。

最もしてはいけないのは、放置。返済日翌日には返済ができるのだとしても必ず遅れることを伝えましょう。

利用中、増額を希望するときには

決められた融資限度額以上の借り入れを希望するときには増額の申請ができます。

傾向として10万円の増枠になるケースが多いようです。

増額申し込み方法は、

  • インターネットの会員ログイン
  • 店頭窓口
  • 契約ルーム
  • 会員専用ダイヤル
  • 女性専用ダイヤル

こちらから申し込みができます。

また、増額にも審査が必要です。

審査の上、慎重に決められた融資限度額です。それ以上の借り入れをするためにはまた審査をして増額ができるかを判断しなくてはなりません。

新規申し込み時の審査と大きく異なるのは返済実績があること。

給与形態や住所等、属性に大きな変化はないでしょう。増額の審査で最重要となるのは

  • 誠実な利用をしてきたのか
  • 他社からの借り入れが増えていないか

この2点です。

誠実な利用とはわかりにくいかもしれません。

返済日に返済をする、これだけでよいのではなく借り方も見られます。

というのも、返済日に返済をするために借り入れをしているのであれば計画的とは言えません。また、短期間に借り入れを頻繁に繰り返して融資限度額いっぱいになっていたのではこれもまた計画的とは言えません。

また、他社からの借り入れが増えていれば総量規制の心配も出てきます。多重債務の心配も出てきます。

増額の審査に通るのは計画的にキャッシングができている方です。9

他者の借り入れを増やすよりも、借り入れ件数を1社にしておくことが多重債務に陥らない一番のコツです。

関連記事

  • アイフルの審査基準は?口コミからわかる審査に落ちる人通る人の特徴

  • アイフルの金利が高い?利息を抑える返済額の調整方法

  • アイフルで借りたい人必見の申込〜借入・返済方法までを解説

  • アイフルのおまとめローンの審査基準は?失敗しない使い方を徹底解説

  • アイフルの審査は甘い?審査落ちせずにお金借りるための確認事項

  • アイフルの初めての借り方は無人契約機だけ?便利な借り方2選!