1. お金借りるトリセツ
  2. 消費者金融
  3. アイフル
  4. アイフルの借り入れ手段はATMか振り込みの2種類が選べる

アイフルの借り入れ手段はATMか振り込みの2種類が選べる

 2020/11/30 アイフル   205 Views

アイフルでは、審査に通ったらすぐに借り入れすることができます。

借り入れ方法には4種類ありますが、基本的な借り方は振込融資かATMの2種類のどちらかになるでしょう。

アイフルには有人店舗もありますが、こちらはおまとめローンや不動産担保ローンで借りるときに使います。

一般のカードローンではATMか銀行振込で借り入れします。

アイフルの借り入れ手段

ATMを利用する

1.アイフルATMを利用する

アイフルATMは、いわゆる「自社ATM」と呼ばれるもので、アイフルの無人契約ルームに併設されているATMです。

コンビニや銀行でもアイフルからの借入・返済が可能ですが、こちらは提携ATMと呼ばれます。

アイフルATMの特徴は手数料無料で利用できる点です。
営業時間は毎日午前7時から午後11時までで、夜の遅い時間でも対応しており、仕事帰りなどに活用できます。

近くのアイフルATMを探したい場合には、アイフルの公式サイトにアクセスして調べてみましょう。

2.提携ATMを利用する

アイフルの提携ATMで借入するときには、金額に応じて以下のような手数料がかかります。

・提携ATMの手数料

取引金額 手数料
1万円未満 110円
1万円以上 220円

・アイフルからの借入に利用できる提携ATM

コンビニ ・セブン銀行

・ローソン銀行

・イーネット(ファミリーマートなど)

銀行 ・三菱UFJ銀行

・西日本シティ銀行

・イオン銀行

・親和銀行

・福岡銀行

・熊本銀行

便利なスマホATM取引

アイフルには「スマホATM取引」という便利なシステムがあります。

これは、アイフルのスマホアプリとセブン銀行・ローソン銀行のATMを連携させることによって、ローンカードを使わずにATMを利用する方法です。

使い方は非常に簡単で、「カード代わりにスマホを使う」と考えれば良いでしょう。

まずはアイフルのスマホアプリにログインして「スマホATMで融資」を選択します。

セブン銀行またはローソン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を選択するとQRコードが表示されるのでスマホで読み取ります。

スマホ画面に4桁の企業番号が表示されるのでATMに入力し、あとは暗証番号と必要な金額を入力するだけでお金を借りることができます。

注意したいのは、セブン銀行ATMかローソン銀行ATMでしか利用できない点です。
ファミリーマートなどに設置されているイーネットATMには対応していません。

アイフルATMや他のコンビニATMを利用するときには必ずローンカードが必要になります。また、指定の手数料がかかります。

振込融資で借りる

1.利用明細書に注意

アイフルでは、ATM以外に振込融資でも借入ができます。

振込融資とは電話かWebで振込予約を行ってアイフルから自分の保有口座に現金を振り込んでもらうサービスです。自宅から予約ができるので最寄りのATMに行く必要がないので便利です。

ただ、振込融資には注意したいポイントがあります。
それは、振込融資を受けると自宅に利用明細書が郵送されるという点です。

これを回避するには、「電磁的交付サービス(明細書のWeb受取)」を選択しておく必要があります。
忘れずにWeb受取を設定しておきましょう。

2.電話で予約する

電話でも振込予約をすることができます。

連絡先は会員専用ダイヤルと女性専用ダイヤルの2種類のフリーダイヤルがありますが、いずれも平日の午前9時から午後6時のみの利用となります。

平日の午後2時10分までに振込予約を完了していれば、当日中に振込融資を受けることができます。

3.Webで予約する

Webからの振込予約も可能です。
24時間利用することができるので便利ですが、当日中に振込してもらうには平日の午後2時10分までに予約の手続きを完了している必要があります。

Webでの振込予約は、会員専用サービスのマイページから行います。

無人契約ルーム・マルチメディア端末・店頭では借りられない

アイフルの借り入れで注意したいのは、アイフルの店頭窓口や無人契約ルームでは借りることができないという点です。

いずれも申し込みや契約、ローンカードの発行その他の相談などに利用するもので、借り入れはあくまでATMか振込です。

通常、店頭や無人契約ルームにはATMが併設されているので、そこで借りましょう。

また、返済時に利用できるマルチメディア端末も借り入れの際には利用できません。

マルチメディア端末は基本的にはチケットなどの「支払いのための端末」であって、「お金を引き出す」という機能はないからです。

口座振替で引き落とししているときに注意したい

利用限度額に反映されるまでのタイムラグ

アイフルにはいくつかの返済方法がありますが、そのうち口座振替にして返済しているとき、借り入れで問題が発生することがあります。

アイフルと利用者は借り入れ契約を結んでいます。

定められているものは金利と利用限度額で、利用限度額の枠内であれば繰り返し借り入れできます。

アイフルからお金を借りて借入残高があっても、返済することによって残高が減って、その分だけ利用可能枠は広がります。

たとえば、30万円の利用限度額で借入残高が20万円あるとき、追加で借りることのできる金額は10万円ですが、2万円返済すれば利用可能額は12万円に増えます。

極端な事例ですが、30万円の利用限度枠いっぱいに借りている人が、2万円を返済すると単純計算で2万円の利用枠が空くはずです。

ところが、利用限度額がゼロ円のままになってしまうことが発生します。

それは、口座振替で返済すると利用限度額に反映されるまでにタイムラグが発生するからです。
そのため、せっかく2万円返済したのに追加借入ができないという事態に陥ってしまいます。

これは口座振替のときのみ発生する現象で、ATM返済では発生しません。

なぜタイムラグが生じるのか

なぜこのようなタイムラグが発生するかというと、口座振替の場合にはアイフルと利用者の間にワンクッションがあるからです。

口座引き落とし以外の方法なら、アイフルの口座に直接入金されるので、ほとんどリアルタイムで返済したことが分かります。

アイフルの自社ATMだけでなく提携ATMからの返済であってもシステム上はつながっているので、返済したというデータは即時反映されます。

しかし、口座振替の場合には、利用者とアイフルとの間に金融機関や集金の代行会社が存在しています。

銀行が引き落としを代行し、引き落としの結果をとりまとめてアイフルに報告するまでは、返済したというデータがアイフルに届きません。

そのため、口座振替で返済すると利用残高の反映までに早くて2営業日後、遅いときには1週間後ということもあります。

タイムラグがあることのデメリット

タイムラグの期間にアイフルがどのように対応しているか、公式サイトに記載があります。

アイフルの口座振替のスケジュールは以下のようになっています。

1.約定返済日の8営業日もしくは10営業日前に口座振替金額が確定する。

2.約定返済日に口座振替によって返済が実行される。

3.約定返済日の3営業日後が口座振替結果確認日となる。

アイフルのカードローンは無担保・保証人なしというローン商品ですので、アイフルとすると「返済されたかどうか分からないので追加の借入はしばらく待ってください」と言わざるを得ません。

そのため、口座振替で返済しているとき、追加の借入で制限が掛かることがあります。特に限度枠いっぱいに借りている人は充分に注意しましょう。

アイフルのおまとめローンでは借り入れの方法が違う

アイフルおまとめローンの特徴

アイフルには、アイフルを初めて利用する人向けの「かりかえMAX」と既存ユーザー向けの「おまとめMAX」の2種類のおまとめローンがあります。

かりかえMAXは金利が12.0%~17.5%、おまとめMAXは12.0%~15.0%で、限度額はどちらも500万円です。

定期的な収入と返済能力がある20歳以上の人というのが借入の条件です。
アイフルの店舗窓口に行けるのなら即日で契約することも可能です。

アイフルのおまとめローンには、他社にはない大きなメリットがあります。

それは、消費者金融業者や銀行のカードローンだけでなく、クレジットカードのリボ払いもまとめることが可能という点です。

消費者金融業者の多くがおまとめローンを提供していますが、クレジットカードのショッピング枠までまとめることができるのは、ほぼアイフルのおまとめローンのみで、利用価値は非常に高いと言っていいでしょう。

申し込みから契約まで

アイフルの「かりかえMAX」「おまとめMAX」には融資の際に気をつけておきたいことがあります。
まずは、申し込みから契約までの流れを確認しておきましょう。

1.申し込み

アイフルのおまとめローンはインターネット・電話・店頭の3つから申し込みすることができますが、手間も時間もかからないのはインターネット申し込みです。

おまとめローンは通常のローンとは違う性質のローン商品ですので、申し込みをした直後にアイフルに連絡しておまとめローンの申し込みということを伝達しましょう。

2.審査完了後の連絡

審査に通過すると、アイフルから連絡が来ます。

契約をどう進めるかというヒアリングです。ここで「どの業者の借入をおまとめするのか」「その業者では現在どのくらいの金利で契約しているのか」を聞き取りされます。

3.契約

契約では本人確認書類の提出や収入証明書の提出、在籍確認などが実施されます。

これを本審査と言いますが、これに通過すれば契約を結び、実際に融資を受けることになります。

特殊な借り入れ方法

通常のカードローンでは、契約後にローンカードが発行されてATMなどで借入することになりますが、アイフルのおまとめローンではそういった借入方法にはなりません。

おまとめローンのなかには、契約者本人に融資額を渡して各社に返済してもらうという方式のものもありますが、アイフルの場合には「アイフルが契約者名義で直接振込で返済を行うことで融資を受ける」という形になります。

そのため、契約者本人にお金が渡ることはありません。

契約時に、契約者本人がそれぞれの借入先に連絡をして完済日と完済金額を聞き取りし、その結果をアイフルに伝達します。

完済日にアイフルが直接振り込みをすることによって、すべての返済先への債務をゼロにします。

貸金業者によっては振込人の名義の後に番号を付けるといった要望などがありますが、アイフルにその点を伝えておけば対処してもらえます。

アイフルが借入先に返済した後は、利用者はアイフルに毎月1回返済していくという流れになります。

また、アイフルのおまとめローンではいったん「カードの発行」があります。

これは追加借入をするためではなく、随時返済をするためのカードです。

おまとめローンを利用しながら、キャッシングを同時に利用するということはできません。

アイフルの借り入れ手段はATMか振り込みの2種類が選べる まとめ

アイフルの借り入れ方法は基本的にATMと振込融資の2種類です。

口座振替で返済しているとき、利用限度枠への反映にタイムラグがあるので注意しましょう。

おまとめローンでは利用者にお金が渡ることはありません。

\ SNSでシェアしよう! /

お金借りるトリセツの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金借りるトリセツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

森本 陽子

森本 陽子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)AFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。FP森本陽子の詳細プロフィール

関連記事

  • アイフルは外国人でもお金を借りられる|審査条件と必要な書類

  • アイフルの無人契約機でカードを発行する流れ

  • アイフルの店頭窓口で申し込みするメリットとは?

  • アイフルおまとめローンの口コミと審査落ちを防ぐ対策

  • アイフルは自営業・個人事業主が事業資金の借り入れが可能

  • アイフルの営業時間は何時から何時まで?