1. お金借りるトリセツ
  2. アコム
  3. アコムのおまとめローンは他社借入何社まで?審査に通るコツを解説

アコムのおまとめローンは他社借入何社まで?審査に通るコツを解説

アコム   255 Views

アコムでは、通常のキャッシングとなるカードローンのほかに「貸金業法に基づく借換え専用ローン」があります。

これがアコムのおまとめローンです。

貸金業者(消費者金融からのキャッシング、クレジットカードのキャッシング枠)からの借り入れを一本化するための専用ローンです。

おまとめをしたい!と思ったことが大きな一歩です。複数の借り入れをひとつにまとめることで大きなメリットがあります。

  • 月に何度もあった返済日が月に一度になる
  • 返済先が一ヶ所になると、利息を考えた返済をする余裕が生まれる
  • 今よりも金利が低くなり、今後支払う利息が抑えられる

他社からの借り入れをアコムで一本にまとめるおまとめローン。審査に通るコツを、借入件数や他社からの借入状況などから解説、そしておまとめローンを利用する不安を解消していきます。

アコムのおまとめローンの目的は「借金を1ヶ所にまとめる」こと

勘違いされがちですが、おまとめをすると借金が減ると思っている方も多くいます。これはまったくの間違いです。

アコムでおまとめローンを利用することで、おまとめ前に比べて得られる変化は4つ。

  • 返済先がアコムだけになるため月に一度の返済日になる
  • おまとめ前よりも金利が下がり、今後支払っていく利息が軽減できる
  • アコムと相談をして返済額を負担がないように、そして長期化しないように調整ができる

おまとめローンは総量規制に基づいている専用ローンです。

現在の複数からの借入先の平均金利よりも金利を下げることが定められています。

例えば現在の総額100万円の借金を、おまとめをしたからといって90万円になることはありません。変えられるのは元金ではなく「金利が下がることによって今後支払う利息」です。

今、複数の借入先への返済が月に何度もあり、精神的な負担も大きなものになっているでしょう。もう一度、借金返済計画の立て直しができ、確実に返済をしていける道を作り直すことができるのがおまとめローンです。

総量規制があるから借り入れができない?

2010年に完全施行となった総量規制。個人は消費者金融などの貸金業者から年収の3分の1を超える借入はできないというもの。

おまとめローンは総量規制の例外です。

おまとめローン前に過払い金があるかチェックする

アコムでおまとめをするときには過払い金があるかどうかは自分でチェックが必要です。

2010年以降に借入をした方は、総量規制の完全施行後なので年収の3分の1を超える貸付は行われていません。

それ以前に借入をしている方は過払い金が発生している可能性があります。

他社からの借り入れがあって、総量規制に抵触しそうな場合、カードローンでおまとめをすることはできません。しかしおまとめローンは総量規制の対象ではないので心配はありません。

現状よりどのくらい楽になるのかをシミュレーション

現在の借り入れ状況から、おまとめをするとどのくらい返済が楽になっていくのでしょうか。

アコムの公式ホームページでは返済シミュレーションが用意されています。

実際にどの程度の違いがあるのかを調べてみましょう。

例えばこのような状況で借り入れをしているとします。

借入残高 金利 返済額
A社 10万円 18.0% 1万円
B社 20万円 18.0% 2万5千円
C社 20万円 15.0% 3万円

毎月の返済額は6万5千円と高額です。

これをアコムのおまとめローンでまとめるとどのようになるのでしょうか。

※金利は現在の平均金利(今回のケースでは平均17%)よりも下がるため15%でシミュレーションをします。

毎月の返済額を3万円とすると、おまとめ後には返済回数は19回で完済します。

アコムではおまとめローンでも返済専用のカードが発行されるため、口座引き落としの返済だけではなく、追加返済もATMから自由に行えます。

毎月の返済額は負担がないように設定しながら、余裕があるときにはATMから追加で返済をすると、より完済が早まります。

アコムのおまとめローン、審査に落ちたのはどんな人?

審査に落ちてしまった場合、個人信用情報機関には「審査に落ちた」という履歴が残り、改めて別のおまとめローンなどに申し込みをするときには不利な情報になります。

落ちたら別のところを受ければいい!というわけではなく、申し込みをするからには審査に通る可能性が高い状態にしておかなくてはなりません。

審査に落ちる原因は3つ

  • 借り入れ件数が多い
  • 他社借り入れ状況で返済の遅れが多い
  • 現在の借り入れの返済が遅れている最中

おまとめをするからには現在他社からの借り入れがある状態です。

返済をしていない場合、もしくは返済の遅れが頻繁になっている場合には審査に通りにくくなります。

今、返済が遅れている方はその返済を優先して考えましょう。

おまとめ事前準備、他社からの借入件数を整理する

アコムのおまとめローンに申し込みをする前に、審査に通りやすくなるよう準備をします。

借り入れ件数は少なければ少ない方が審査に通りやすくなっています。傾向を見てみると3社以内に抑えておくことが審査に通るポイントです。

複数の借り入れがあることが前提のおまとめローンとはいえ、借入件数が少ないほうが審査に通りやすいのは間違いありません。

一手間はありますが、おまとめローンに申し込みをする前の大事な準備です。

例えば、現在の借入状況が以下のようだったとしましょう。

借入残高 融資限度額 借入可能額
A社 10万円 30万円 20万円
B社 15万円 30万円 15万円
C社 20万円 40万円 20万円
合計 45万円 100万円 55万円

このままであれば3社の借入をアコムでおまとめということになります。

事前準備はここからです。

注目したいのは3つ。

  • 現在の融資限度額の総額が100万円あること
  • 借入可能額が55万円あること
  • 実際には45万円の借入残高であること

審査で重要になるのは「借入件数」と「借入額」です。

ここでいう借入額は、実際に借りている残高ではなく融資限度額が対象になります。その理由は、契約をしている以上いつでも借入ができるからです。

借入残高が10万円のA社でも、融資限度額が30万円あり、借入可能額が20万円あるなら、今すぐにでもATMから借入をして借入残高30万円に変わる可能性が十分にあります。そのため、審査で重要視されているのは実際の借入残高ではなく融資限度額です。

おまとめローン前の事前準備では「借入件数を減らすこと」と「融資限度額の総額を減らすこと」を行います。

金利が低いところに借入をまとめます。

抑えたおきたいのは金利が低いところにまとめるということ。おまとめローンは「現在借入をしている平均金利よりも低い金利に設定」されるため、少しでもよい条件で金利が決まるように整えておきましょう。

例えば、事前準備はこのように整理します。

借入残高 融資限度額 借入可能額
A社 30万円 30万円 0円
B社 15万円 30万円 15万円
C社 0 40万円 0円
合計 45万円 100万円 15万円

ここでC社の借入残高が0円になったので、解約をします。

解約をしなければ借り入れ件数は減っていません。完済したら解約することを忘れずに!

解約をするとこの状態になります。

借入残高 融資限度額 借入可能額
A社 30万円 30万円 0円
B社 15万円 30万円 15万円
合計 45万円 60万円 15万円

整理前の状況から大きく変わっていることがわかります。

  • 借り入れ件数を3社→2社
  • 借り入れ可能額を55万円→15万円

借り入れ件数が少なくなり、借入可能額(いつでも借りられる額)が減ったこと、これはアコムのおまとめローンの審査に大きく良い影響を与えるでしょう。

おまとめローンを使ったら追加で借り入れができない不安

おまとめローンとは総量規制に基づいて、段階的に残高を減らしていくための専用ローンです。

「段階的に残高を減らす」ため追加融資を受けることはできません。また、他の消費者金融などに申し込みをして借り入れを増やすこともできません。

おまとめをするときには、今後ローンを組む可能性やお金の計画をしっかりと考えて行いましょう。

アコムのお申込みはこちら

関連記事

  • アコム在籍確認は回避できない?在籍確認を賢く通過させる方法

  • アコムの借り方スペックまとめ~審査から申し込み融資まで

  • アコムの金利は高い?利息を抑える一番簡単な方法

  • アコムATMを利用するときの営業時間・手数料・利用単位の詳細まとめ

  • 楽天銀行口座があればアコムはもっと便利に!

  • アコムのインターネット申し込みで土日祝日に即日融資を狙う方法